夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  山陰地方の海岸風景

先週のこと、寝台特急 トワイライトエクスプレス瑞風がデビューしましたね♪ 
テレビのニュースで見てると、あれっ! 見覚えのある風景が! 

デビュー列車は山陰の海岸沿いを西進するコースでした 
そのコースは、おいらの北海道旅からの帰路と同じ、重なります! 

京都府の日本海側 丹後半島のあたりから鳥取あたりまで、「山陰海岸ジオパーク」 として登録されてます
全国的にメジャーな景勝地として有名なところは無いようだけど、隠れた名所的に美しい地域 ( ^ー゜)b
1-LS6685.jpg


このあたりの海の色は凄かったですねぇ! 吸い込まれそうな青い色! 
2-LS6676.jpg


これは鳥取県と兵庫県の県境近く、東浜という地域の海岸風景  
3-K54095.jpg
この海岸の近くに 東浜駅 という無人駅があり、なんと トワイライトエクスプレス瑞風が停車したんだって!
無人駅で 観光地でもないのに停車して乗客を降ろすなんて、とても珍しいことですよね 


おいらも ここを通りかかるまで知らなかった場所だけど、すごく綺麗な砂浜海辺でした 
4-LS6701.jpg
むかしは夏の臨海学校で賑わってた地域だそうで、民宿が数十軒もあったそう 
今はその賑わいもなく、ひなびた漁村といった感じ 

おいらも偶然に通りかかって、よい風景だと感じて写真を撮ったものだけど、 
トワイライトエクスプレスが無人駅にわざわざ停まって乗客が観光するほどの名所だったとは! 

「山陰海岸ジオパーク」 の西端の地域は 「浦富(うらどめ)海岸」 という景勝地でありました 
5-LS6709.jpg
列車はここは素通りしたみたいけど、おいらはしっかりと写真を撮っておきました 


夕景、日没まで粘って、「光の道」 も撮ることが出来ました♪ 
6-LS6715.jpg


これは ずっと西に進み、島根県浜田市のさらに西にある道の駅「ゆうひパーク三隅」 裏で撮ったもの
7-K52443.jpg
事前に何の情報もなく 道の駅の裏手から海岸線を撮ろうと回ったとき、たまたまローカル車両が通りかかり、
何気にシャッターを押したものです、 

テレビのニュースが言うには、テッチャンの間では有名な山陰本線の撮影スポットだそうな! 
おいらは知らないままに偶然に その撮影スポットで写真をとっていたということです 

この写真では二両編成のローカル列車が走ってるけど、ニュース映像では豪華な寝台車両が走ってました 
ニュースのテレビ画面で、このアングルの海岸線風景が飛び出してきたときは それは驚いたもんです! 
『あっっ! ここ、オレも撮った場所だ~!』 と (笑) 


今回の記事は とても分かり辛い記事内容でしたね (;´・ω・) 
はやいはなし、テレビのニュース映像で自分が以前写真を撮った場所が飛び出してきて その偶然に驚いた!
そんなところです f( ^ ^ )               
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/24(土) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  北海道の旅写真、去年

写真の新ネタが無いんで 過去の北海道旅のもので記事にします 
すでにブログ上にアップしたものもあるかも知れません、 そこらへんは なにぶん ご容赦 m(_ _)m 
今回の写真は、去年の写真撮り旅のものからピックアップしました、 夏から秋にかけてのもの、 

道南 渡島半島の西側、日本海側の海岸線、 江差町の少し北側あたりか?   撮影 2016年 9月11日
1-LS5717.jpg
遠大な海岸線風景に感激! 湧き立つような雲の表情も素晴らしかった♪ 


美瑛の丘の風景、 こんもりと丸い防風林と抜けるような青空がお気に入り♪  撮影 2016年 9月30日
2-LS6205.jpg


道南の観光地、大沼公園 大沼湖畔であります、 遠方のお山は 蝦夷駒ヶ岳    撮影 2016年 9月15日
3-LS5818.jpg


車で走行中見つけた 大草原に立つ一本木、 場所は道東 紋別の近くでした    撮影 2016年 8月27日
4-G81213.jpg
実は午後、日がまだ高いうちにこの風景を見つけましてね、日没時は美しくなるかなと待ってみたもんです 
雲が少なく、空は想定通りには焼けてくれなかったけど、写真は まぁ、それなりに (笑) 


道東 網走 ⇔ 女満別間で見かけた大農場風景、 トラクターをポイントにして♪  撮影 2016年 8月 6日
5-LS4768.jpg


これはねぇ・・・・・ どこなんだろ? 自分でもよくわからない (笑)     撮影 2016年 8月 4日
6-LS4654.jpg
え~と、前後の写真コマから判断したら分かりました、 道北オホーツク海沿いの 枝幸町 近くです 
川の両岸は広大な原野、湿原になってるみたいですね 


きのう 用事があり、久しぶりに車で出ようと車に乗り込んでみると・・・・・・ 
アレッ!? キーを回してもエンジンがかからない! 「クゥ~」 とも音がしない! 
完全なるバッテリー上りです (> <) 

カミさんの車で用を澄まして帰ってきたあと、どうするか考えました 
ディアスのバッテリーは前席、助手席シート下にあり、バッテリーを取り出すにはシート上に造り付けた
いろいろなものを外すことから始めないといけない! そりゃあ大ごとになっちまう 

シート下にある車載バッテリーと 車室内に設置してる走行充電器を繋いでるコードに気が付いた! 
そのコードはバッテリーの端子に直結してる、 よし♪ このコードを利用できる♪ 

結果として、そのコードの端を 旅のとき使ってたスペアバッテリーの端子に接触してエンジン起動! 
応急的な方法だけど なんとかエンジンはかかった♪ 

しかし分からないのが、そもそも なんでバッテリーが上がったのか? 
たしかに二週間ほどはエンジンをかけることはなかったけど、それでバッテリーが上がるのは不可解? 
むかし バッテリーを上がらせたことはあるが、今回のようにウンともスンとも反応しないのは初めて! 

一度エンジンがかかれば、しばらくアイドリングしてれば 次の起動分くらいは回復する 
現在は普通にエンジンもかかり、不安なところは感じないけど・・・・・ ハテ?( ̄~ ̄;)? 
              
                  

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/15(木) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  去年の北海道車中泊旅で思ったこと

今回はクルマがからんだ写真をば ( ^ー゜)b 

道北オホーツク沿いの街、浜頓別町クッチャロ湖畔のキャンプ場駐車場 
1-LS5321.jpg
夕景、落日が美しい湖畔です、 晩秋になれば 白鳥の飛来地でも有名ですね♪ 


居心地のよいキャンプ場で、日を空けて通算3泊か4泊しました 
2-LS5323.jpg
去年の北海道の夏は、異常なくらい天候不順が続きましたね!  
南部が雨続きの予報の頃は 最北稚内あたりに逃げ、稚内あたりがぐずついてくると南部に移動しました 

青空を追って移動した訳だけども、とうとう十勝平野で台風につかまり、酷い目に遭いましたわ! 
トイレ用足しにも出られないくらいの暴風雨のなか、まる一日クルマの中に閉じ込められ・・・・・ 


クッチャロ湖畔、 期待せずに後部ドアを開けて食事してたら、意外にもこの程度は焼けてくれました♪ 
3-LS5351.jpg
低層の雲がもうちょっと少なかったら 素晴らしい夕焼けになるんだけど、ぜいたくは言ってられない (笑) 


稚内森林公園キャンプ場の駐車場、 車中泊族のメッカです (笑)
4-LS5259.jpg
以前は、奥に見えるようなハイエースクラスのワゴン車改造タイプを多く見かけたもんでした、 しかし 
去年の旅ではこの写真にも2台写ってるような 本格キャンピングカータイプが激増してるのに驚いた! 

ベーシック仕様車でも一千万円オーバーもの価格なのに、世の中お金持ちが多いんだなぁ・・・・・・ 


お天気がなかなか回復せず、稚内森林公園キャンプ場には一週間以上も連泊! 
同じように連泊してた方とも仲良くなりました ( ^ ^ )  沖縄石垣島からだそうです! 
5-LS5260.jpg
ダイハツアトレーの旧型ですね、 することもなく 車内に寝っ転がって読書されてました♪ 


これはダイハツ タント の大改造車、 京都ナンバーでした、 旭川の 20世紀の森キャンプ場 
6-LS4456.jpg
この時点でこのキャンプ場滞在一ヶ月! 近くの森で熊笹の若芽を摘んできて お茶をつくってるんだとか! 
その熊笹茶はネット通販で売ってるそうで、固定客も居るらしい 

このダイハツタントは 目いっぱいの改造がなされてた! 
お茶作業場としてリヤゲートにシートをかけて、雨が降る日も作業可能♪ 
ルーフキャリアも自作のようで、木製(ベニヤ材?)の大きな箱の上にソーラーパネル設置、 

驚いたのは このクルマの燃費で、リッター30kmも走るという! 
おいらのディアスの倍も走ると聞いて驚くやら、うらやましいやら (´・ω・`) 
         
         
ところで、去年の長期車中泊旅で一番閉口したのが、駐車場でのエンジンかけっ放し車両、 
当初は理由が分からなかったが、途中で ふと気が付いた、 ポケモンGo をやってるんですな! 

エンジンを切ってやってくれれば何も感じないんだけど、快適な空調のためにエンジンを切らないみたい、 
日中ならまだしも、まわりが静かになった夜、エアコンの ON・OFF の度にエンジン騒音が変化する、 
傍に停めてる者は その騒音が気になって気になって仕方がないんですわ! 
周りの者を不快にさせる迷惑千万な行為は やめてもらいたい! これは ほんとに強く言いたい! 

ポケモンGo 発売から一年、一時は社会現象ともなったブームも だいぶ下火になってきたみたい 
若者は離れていってるみたいだが、40代以上の中年がいまだ続けてる割合が多いというデータがあるらしい 
いま、北海道の道の駅駐車場はどうなんだろか? 静かになってるんかなあ? 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/05(月) 00:10:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  車中泊改造を考える

数日前のテレビで、「軽トラに住む!」 という番組を偶然目にしました 
工務店さんや農家さんが使ってる普通の軽トラを 車中泊仕様に自己改造、そこに住む! というもの 
運転席以外はオープンエアの 荷台そのもの、その荷台に木工工作で小さい小屋をつくるんです 

番組では 「車中泊」 とは言わなかった、 その車に完全に 「住み込んで生活する」 というもの 
二人が番組の中で紹介されてました、 そのうちの一人は なんと! 女性! 
以前は外資系の会社に勤めてたキャリアウーマンで、横浜のマンション住まいだったそうで、 
今は軽トラ改造車に住み込み、愛犬とともに車中泊暮らしをして旅をしてるんだとか、、 

もうひとりは元海上自衛官で、機雷除去任務で海外にも出たことがあるらしい 
思うところがあって 自衛隊を除隊し、軽トラ改造車に住んで 旅をしてるそうだ 

その番組を見てて、車中泊仕様車への改造について、ちょっと記事を書いてみたくなりました 
まず おいらの改造の様子をば ( ^ー゜)b 

ベース車は軽ワンボックス、サンバーディアスワゴン であります 
古い! 10年以上も前に製造されたスバル製のディアスです、 
エンジンは後部マウントで 4WD、 車内スペースを少しでもかせぎたく ハイルーフ車 

改造前、運転席より後ろをフルフラットにした状態です、
1-G0032.jpg
この状態から改造は始まりました 


居心地の良い車内環境をつくるには、まずもって 平坦な床面作りが重要になります
2-G0053.jpg
ベニヤ板、銀マット、クッション性のあるフロア材を重ねて床面をつくりました 
ピース上のクッション材は一辺が 30cmです、 縦6枚、横4枚がピッタリと収まります 


これは 2013年の車中泊旅で使った 普通車ワンボックス スバルドミンゴの車内の状況 
3-G1745.jpg
見た目は床面フラットのように見えるが、実はベース面がシートのため うねりのような凹凸が気になった
この車では 45日間の北海道旅をこなしたけど、次は完全なフラット床面にしなければと痛感した次第 


で、ディアスの後部スペースの状況、 3分の2をベッドスペース、3分の1を収納スペースとしました
4-L5240.jpg
収納箱はベニヤ材でつくり、床面に固定しました


幅 60cm、長さ 180~200cmというのは夜行寝台車、フェリーのベッドスペースとほぼ同じスペースです
5-L5243.jpg
まぁ 就寝スペースだけでなく、居住・食事スペースも兼ねる多目的スペースということになりますが (笑)


車内での炊事はちょっと考えものです!  せいぜいお湯を沸かすくらいに留めておいたほうが無難
6-L5248.jpg
フライパンで油を使った調理などしようものなら、車内は 油煙 でとんでもないことになっちゃいます! 
おいらは車の傍でヤキメシなどをつくりました♪ 


こんな写真ばかりでは面白くないでしょ、 風景がらみの写真を ( ^ー゜)b 
7-L5379.jpg
道北オホーツク沿いの 浜頓別町クッチャロ湖畔キャンプ場での車中泊  広いキャンプ場は この背面に


これも オホーツク沿い 興部(おこっぺ)の道の駅駐車場、 思いもかけず 凄い夕焼けに出会いました♪
8-L5394.jpg


さて、テレビ番組では 「車中泊」 とは言わなかった、 その車に完全に 「住み込む」 というもの、 
二人が番組の中で紹介されてました、 そのうちの一人は なんと! 女性! 
以前は外資系の会社に勤めてたキャリアウーマンで 40代、 横浜のマンション住まいだったそうで、 
今は軽トラ改造車に住み込み、愛犬とともに車中泊暮らしをして旅をしてるんだとか、、 

もうひとりは元海上自衛官で、機雷除去任務で海外にも出たことがあるらしい 
思うところがあって 自衛隊を除隊し、軽トラ改造車に住んで 旅をしてるそうだ 


おいらも車中泊大好き人間だから、偶然見た番組ながら じっくりと見させてもらったもんです♪ 
その感想・・・・・ 

どうしてもおいらには解せないのが、なにゆえ 改造ベース車がオープンエアの軽トラなの? 
同じ車体サイズで入手価格もほとんど変わらない箱形ワンボックスを何故選択しない?? 

トラックの荷台に 角材やベニヤ材で小屋を組み上げて、生活できるスペースを作り上げてたけど、 
しかしねぇ・・・・・ 子供の秘密基地とは違い、車中泊車は道路を走行する部屋なんです 
いかに工夫して木材で作り上げたとしても、明らかに強度が不足してると思わざるをえないわけで、 

箱形ワンボックスは設計段階から車体パネル強度を計算して製造されてる、 気密性、防水性も問題なし、
箱形軽ワンボックス車をベースにして内部を改造するのが はるかに合理的とおいらは考えてしまう・・・・・

しかし 今は、軽トラをベースにした車中泊車がブームになってるらしいって? ホンマかいな! 
            
             

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/27(土) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  北海道の撮り旅写真から

北海道写真撮り旅のものです 
牛がエサを反芻するように、毎日 パソコンで写真を開いては思い出して楽しんでます (笑) 

上富良野の農場、農作業風景、                 撮影 2016年 7月24日
1-G72480.jpg
七月下旬、春まき小麦の収穫が終わり、麦稈ロールを作ってるんですな♪ 
昔はロールを作る機械も無かったんで、そのままサイロに入れてたんだと思います 
現代はロールをつくるようになって、牧場名物のサイロもあまり見ることが少ないようです 


同じく上富良野の千望峠、日の出風景、 時間は早朝 午前4時34分!      撮影 2016年 7月25日
2-G72589.jpg
手前の畑は麦畑、 ずいぶん黄色っぽい色で珍しいかな? 聞くところによると ビール用の麦だとか! 


観光地も立ち寄って写真を撮ることも、 これは 道東清里町にある「神の子池」   撮影 2013年10月 8日
3-GA0818.jpg
池そのものは神秘的でいいんだけどもねぇ・・・・・ この池に辿り着くには 国道からそれて林道に入ります
1~2kmほどの林道は未舗装、 それがモグラ叩きのようなでかい穴がいたるところに開いてて!  
穴の大きさは直径30cm以上、深さ20cm以上、無数にあります、 とても普通に走行できるような状態ではない 
舗装してくれとまでは言わないが、せめて砂利を施設するなど、普通に走れるようにしてもらいたい! 
おいらが訪れて数年が経ちます、 改善されてるんだろか? 


北海道の初夏と言えば ラベンダー♪ これは南富良野町 金山湖ラベンダー園です  撮影 2016年 7月23日
4-LS4242.jpg
メジャーなラベンダー園、ファーム富田 とは違い観光客も少なめで のんびりと撮影を楽しめます♪ 


ラベンダーを強調するために 寄ってみて・・・・・・ 
5-LS4243.jpg


こちらは上富良野町の日の出公園、 遠方の市街地は上富良野の街並み      撮影 2016年 7月24日
6-LS4324.jpg
この小高い丘陵ラベンダー園は、冬期の積雪時は町営のスキー場にかわります 
丘の頂上まで行けるリフトもありました、 もちろん リフトは冬期間だけです (笑) 


白内障・緑内障で見えが極端に落ちてるおいらの眼の状況ですが、なんとか落ち着いてるようです 
春先まで酷い乱視で苦しんでたけど それは若干改善の方向で、ひところの見にくさほどではなくなり、、

まぁ、こんな調子で、眼の衰えと付き合っていかないといけないんだなあと、諦めの心境であります 
              
              

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/18(木) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (36)
地元佐世保の写真 (77)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (155)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR