夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (10)

旅へ備えての車改造記事と 2年前の北海道旅の記事を交互に上げてますが、双方とも遅々として進みません、
困ってます、 さて さて その旅記事をいきましょう ( ^ー゜)b 

傍迷惑な騒音車両に悩まされた 道の駅 「おだいとう」 を出発し、内陸部へ向かいました、 
別に目的地があるわけではありません、 気の向くまま進み、写真になりそうな風景があれば写真を撮る、 
写真になりそうな風景に出会わないと、気分転換に車を停めて、とにかくシャッターを押します (笑) 
01-LS5051.jpg
これは綺麗な風景でも 雄大な風景でもありませんね、 一直線の道と 広大な農地(?)があるだけ、 


道東 弟子屈(てしかが)の近くに、雄大な景観で有名な 多和平(たわだいら) という場所があります、 
02-LS5059.jpg
360度、地平線が見えるということで、観光パンフレットでも紹介されてる牧場? 
走行中 案内看板が目に留まり、行ったことがなかったんで寄ってみることにしました、 


本来は牧場ではあるけど 観光地化してたりして、こんな展望台もあります、 
03-LS5060.jpg


このように綺麗に整備されたキャンプ場もありました、 
04-LS5063.jpg
なかなか居心地の良さそうなキャンプ場ですね ( ^ー゜)b 


牧場だから もちろん牛さんも居るけど、羊も放牧されてました、 北海道ならではの風景ですね♪ 
05-G8121149.jpg


作品風・・・・・ に撮ってはみたけど、牛さんが小さ過ぎて 失敗でしょうか (笑) 
06-G8121152.jpg


この日の車中泊場所に決めたのは 道の駅 「摩周温泉」  お盆休みの週末ということで車が多かった! 
07-G1154.jpg
この道の駅に決めたのは 摩周湖に近いから、 早朝夜明け直後の 霧の摩周湖の写真を狙いました d(-_^) 


が、しかし・・・・・・  翌朝 日の出の頃に摩周湖にいってみると、このような状況! 
08-LS069.jpg
第一展望台 駐車場 


第三展望台 駐車場、 視界40~50mも無いので車の運転は細心の注意が必要です  
09-LS5070.jpg


霧が晴れるのをしばらく待ってはみたけど 一向に晴れるきざしはみえず、 
10-LS5072.jpg
証拠写真として 展望台の銘板だけ撮って 摩周湖を離れました、 


麓の弟子屈まで降りてくると、霧はだいぶ晴れてて、、 
こちら方面に来たときは必ず寄る 弟子屈ラーメン本店へ ( ^ー゜)b  
11-LS5073.jpg


味噌ラーメンをいただきました♪ ここの味噌ラーメンは絶品であります d(^○^)b  
12-LS2_5074.jpg
塩 や しょうゆラーメンなど、他のラーメンもあるんだけど、どうしても味噌を注文してしまう、 


さて この日、8月13日は 他に写真を撮るような場所、出来事もなく、夕方になる前に早々に車中泊場所へ、、 
13-LS5076.jpg
数日前に車中泊したばかりの 道の駅 「おんねゆ」 で車中泊することとしました、 
旅に出てからこの頃はそろそろ一ヶ月になろうとしてましたねぇ、 疲れもだいぶ溜まってたような・・・・・ 


さて 今年の6月か7月には旅に出る予定ではありますが、この調子だと2年前の旅記事は尻切れとんぼ?! 
当初は数日分をまとめて パッパッと先に進むつもりだったんだけど、だんだんと詳しく書くようになって、 

次回からは心を鬼にして、大幅にカットしていくようにします! 
                        
                        

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/18(金) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (9)

2016年の北海道撮り旅のときの写真と、次の長期旅に備えての車内改造記事を交互に上げてます、 
今回は撮り旅写真の記事です、 

8月10日、道東浜中町 霧多布岬のキャンプ場駐車場で車中泊しました、 
目的は翌朝の日の出シーンを撮ることです、 
2013年 秋 の旅で訪れたときは、ほどほどに焼けてくれた朝焼けで ナイスな写真をゲットできました、 
さて 今回はどうなのか・・・・・ 

道東霧多布岬は日本列島の最東端地域ということで、日の出時刻は早いんです、 しかも 8月11日で 夏、
01-LS983.jpg
午前4時頃に目覚ましで起きて、4時半頃にそろそろ日の出が始まり・・・・・ 


しかし この日はあまり焼けてくれなかったです、 しかも 夏ということで想定してない場所からの日の出、
02-LS984.jpg
前回の素晴らしい日の出シーンは晩秋の頃で、灯台の右側から日が昇ったんだけども、、 


朝焼けもうまく焼けてくれず、日の出の場所も想定外、 しかし こればっかりは自然が相手だから仕方がない、
03-LS991.jpg
出来るかぎりの工夫をして撮影をするのみです、 頑張りました、 


けど、この日の日の出は、水平線から昇りきった頃から 霧 が出始めて、またたく間に濃霧に! 
この写真は 4時50分頃、 日の出から 20分そこそこで濃霧に襲われました! 
04-LS996.jpg
さすが! 霧多布岬ですね! 霧が多い岬・・・・ って、本当は違うんですよ、 
もともとアイヌの人たちが言ってた地名に うまく感じをあてはめた訳で (笑) 

しかし こうなるとすぐに霧が晴れることは考えにくく、 写真撮影は諦めざるを得ないことに・・・・・ 

駐車場に戻ってのんびりしてると、あれっ? なにやら駐車場で事件が起こったみたい? 
霧多布岬キャンプ場でテント泊した本州からの若いライダー、なんと バイクのバッテリー上がり! 
前日夕方までは何の異状もなかったのに、朝になるとセルスターターも回らない状態になってたらしい! 
05-LS997.jpg
駐車場に居た車、バイクの人たちが集まってきて にわか協議が始まったわけです、 
結局 駐車場に停めてた車の人がジャンピングスターター(始動補助用のバッテリー) を持っており、
とりあえず それでエンジン始動は成功♪ 
しかしそのままでは 一度エンジンを切ると、再始動は危ない、 また始動しない危険性 大? 

で、その若いライダーはスマホで浜中町や釧路あたりの整備工場やパーツショップを調べて電話作戦、 
やっとバッテリーを入手できるということで、皆に礼を言って走っていきました、 
『エンジンを切るなよぉ~! 一度切ったらそのバッテリーでは再始動せんぞぉ~!』 の声を背に受けながら、

まぁ、そのライダーにとっては困った事件ではあったけど、駐車場に居た面々にとっては微笑ましい事件でした、
しかし・・・・・ 中には イラッとくる人物も居るもので、皆で善後策を協議してるときには大きな声で取り仕切る、
『押し掛けしようぜ、 それしか無いだろう』 と言うくせに、実際は自分では何もしようとはしない、 
よく見かける、口だけ達者なやからですよね、 あーゆーのは (笑) 


さて そんな珍しい事件のあった霧多布岬を後にして、道東内部の草原地帯に向かいました、 
06-LS010.jpg
かろうじて舗装はされてるけど、まわりには何も無い一本道、 


草原地帯とは言っても ただの草っぱらではありません、 牧草畑の草原なんですね、 
07-LS006.jpg
あちこちで このような 「牧草ロールのある風景」 をよく目にします、  のどかな風景ですよね♪ 


のんびりと車を走らせてると、印象色な風景を発見! 
08-LS025.jpg
まわりの状況はこんな様子です、 広大な牧草畑に一本の木、 


構図を試行錯誤しながら何枚も写真を撮りました、 
09-LS037.jpg
どんだけ広いのか、よく分かるでしょう、 遠方の防風林が はるか彼方に見えます、 


この日、青空でお天気が良かったのは午後の早い時間までで、夕方になると一転、どんよりとした曇り空、
10-LS043.jpg
この日の車中泊場所に決めた、別海町の道の駅 「おだいとう」 です、 
オホーツク海に面し、この左手には野付半島、野付湾があるんだけど、モヤッてて見えず、 
北方領土の国後島とは 16kmほどしか離れてないそうです、 
道の駅の二階は北方領土展望室になってて国後島も見えるみたい、 


駐車場の一角にはこのようなモニュメント像が、  「叫びの像」 というらしい、 
11-LS045.jpg
老母と子たちが 『島を返せぇ~!』 と叫んでる姿だそうな、、 

けど、おい! よく見ると この像、頭の部分に何やら白いものが? 
ありゃりゃ! これは鳥のフンですな、 水で洗い流してやらんと 可哀そう (;´・ω・) 


この道の駅での車中泊に決めたのは、近くに人気観光地があるでもなく あまり人気の高い道の駅でもないから、
夜は静かに車中泊できるだろうと考えたから、 しかし この日は 8月11日、お盆の直前だった、 
暗くなってくると 駐車場はにわかに満杯状態になった!  ナンバーはほとんど地元ナンバー、 
早めのお盆休みに入った地元北海道の人たちが、お金をかけないレクリエーションということで 
とりあえず近くの道の駅で車中泊でもしてみようと集まってきてたみたい、 

ただ車中泊を愉しむだけだったら満杯でも もちろん構わないことだけど、中には困ったヤツも居るもので、 
ワンセグだか フルセグだか知らんが、テレビ放送を大音量で鳴らしてる! 
まだ夜も早いうちなら我慢もできるが、夜も更けてきて皆が寝入る時間帯になっても鳴らしてる! 
聞こえないように心がけても、耳に入ってくるんで気になって眠れたもんじゃない (>_<) 

そんなにテレビが見たけりゃ、車中泊なんぞせずに自宅のテレビでゆっくり見ればええじゃないか! 
などと ブツブツ言ってるうちにいつしか眠りに落ちていたのでありました、 
                           
                            

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/02(水) 17:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (8)

2026年 8月、道の駅 「ステラ ☆ ほんべつ」 で車中泊連泊した翌日、移動再開! 
まず、道の駅の案内板に書いてあった 「本別公園」 に寄っていくことにしました、 キャンプ場もあるらしい♪ 

車で数分走ると すぐ行き着きました♪ なんだか古風なデザインの建物があり、「義経の館」 だって! 
01-L4905.jpg
建物の中に入ってみると、義経に関する資料や等身大のフィギュアなども展示されてました、 
なんでも、アイヌの義経伝説が本別町にあるらしい、 


きれいな池も整備されてて、貸しボートも営業されてました、 
02-L4909.jpg


キャンプ場の方に行ってみると、静かで広い駐車場もありました、 
03-L4912.jpg
キャンプ場だけど、車中泊旅のクルマも何台か停まっており、 
左に写ってる軽キャンピングカーは長期滞在してるようでした、 

キャンプ場そのものも きれいに整備された場所で、炊事場やトイレも完備♪ 過ごしやすそうなところ♪ 
しかし、後日再訪したときに知ったことだけど、このあとに襲った大型台風により大被害! 
近くの川の氾濫、土石流で この場所も壊滅状態の酷い状況になったんです! 
キャンプ場は荒れて使用不能! 再訪したときには人っ子一人いませんでした、 8月というのに、 
自然の猛威は凄いですね! 侮りがたし (>_<) 


さて この日は真夏のとても良い天気♪ 気持ち良いドライブで、海沿いの厚岸(あっけし) へ向かいました、
厚岸での目的は、九州で留守番してるヨメに ご褒美の海産物を送るため、 
おいらは海産物はあまり好物ではないんだけど、ヨメの方は大の大好物なんですわ!  

北海道へ来たときは、厚岸からクール便で送るのが お約束 になってます (笑) 
04-L4915.jpg
ここが ↑ いつも買い物に寄ってる 厚岸漁協の直営店です、 


中の様子はこんな風、 さすがにカメラを構えて撮るのははばかられ、ノーファインダーで パチリ♪ 
05-L4917.jpg
片っぱしにカゴに放り込み、送料込みで2万円近い買い物をしました! 


厚岸で立ち話したおばちゃんに、北海道の風景を撮りまわってる と言うと、自慢の絶景地を紹介されました、
愛冠(あいかっぷ)岬という場所です、 
06-L4962.jpg
駐車場に車を停めて、森の小道を 20分くらい歩きます、 
やっと森が開けたと思うと、先になにやらモニュメント風のものが見えてきて、 


はは~♪ なるほど、 ここが展望所ということね ( ^ー゜)b 
07-L4940.jpg


この展望所からの眺望が これです♪ なんとも! 見晴らしの良い絶景♪ 
08-L4944.jpg
さすが、地元の人が勧める景勝地だな、と思いました、 聞かなかったら辿り着くことはなかった景勝地ですね♪


厚岸の街に戻ってきて、道の駅 「厚岸グルメパーク コンキリエ」 で遅い昼食、 
09-L4965.jpg
何年か前に立ち寄ったときは、道の駅ではなかったよーな ( ̄~ ̄;)? 
観光物産店、レストランだったような記憶があるけど、そのままのかたちで道の駅として登録したんだね、 


さて、この日の車中泊場所は、浜中町の霧多布岬キャンプ場と決めてました、 
厚岸から道東方面へ一時間ほど車で走ったかな、 
10-L4975.jpg
バンガローもあるキャンプ場だけど、おいらはキャンプではなく、駐車場で車中泊であります, 
駐車場の向こう側にテントが張れる広場があります、 夕方で 沈む太陽が綺麗♪ 


霧多布岬キャンプ場は 霧多布岬の先端に近いところにあり、霧多布岬は荘厳な日の出の名所♪ 
おいらとしては 翌朝 早起きして、荘厳な日の出風景を撮ろうという目論見であります♪ 
11-L4978.jpg
岬先端へ 様子を見に行きました、 この方角が東方向、 この水平線から太陽が昇ってきます、 
運がよければ 朝焼けになったり、ほどほどの霧が出て荘厳な風景になったり、 
お天気次第になるわけで、期待半分、不安半分 というところです ( ^ ^ )  
                             
                             

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/20(金) 01:57:24|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (7)

陸別の街を出て少し行くと、オホーツクに流れる川がありました、 
川に架かる橋のたもとで車を降りて 写真を撮ります、 
01-LS4860.jpg
九州から はるばるとやってきて撮影旅をしてます、 
少しでも写真になりそうなところは積極的に撮らないと 元がとれません (笑) 


ふと足元を見やると、うわっ! 凄い! これは ツワブキ の花ですよね、 
02-LS4858.jpg
すごい群生となって咲きほこってました、 葉っぱも大きいような? さすが 北海道、 


オホーツク沿いに南下して、そのあと内陸部に入り、足寄(あしょろ)に至ります、 
03-LS4861.jpg
廃線になった ふるさと銀河線の 旧足寄駅、 現在はそのまま道の駅になってます、 


これは 当ブログでも何度かアップした写真だけど、道の駅あしょろ の建物内部の面白い光景♪ 
04-LS4863.jpg
線路とホームがずっと向こうまで続いてるように見えるっしょ? 


実はこれ、 でかい写真なんです! この画像で分かるでしょう、 
05-LS4864.jpg
見るポイントを外れると、このようにいびつなものになります、 一種の 「だまし絵」 みたいなもの (笑) 
この写真を撮ってる場所の背面側には ディーゼル車両が停車してる写真がありました、 面白い♪ 


あしょろ と言えば 有名人♪ そうです、歌手の松山千春さんの出生地、 実家があります、 
06-LS4868.jpg
30数年前に訪れたときは古い大きな屋根の上に、左側の大きな絵のみが掲げてありました、 
今回はその右に、現在の姿、スキンヘッドの画が並べて掲げてあって、なんとも 面白い ( ^ ^ ) 


足寄には道の駅がふたつあるんです、 先ほどの足寄駅跡と足寄湖近くの高台にある ここ、 
07-LS4873.jpg
しかし 残念ながら道の駅として営業してませんでした、 
以前寄ったときは、チーズ工場があったり この建物内に小さな売店やレストランがあったんだけどな、


ルピナスが群生してる丘もあって、前回は6月に来たので綺麗な風景が撮れたんです、 
08-LS4878.jpg
しかし今回は8月、 さすがにルピナスも終わっており、花をつけてたのはこの一株のみ、 
タネをつけた株だけが無数にありました、 


せっかくなんで、タネを一握り 収穫させてもらいました♪ 
09-LS4882.jpg
ルピナスは マメ科 ということがよく分かりますね~ (笑) 


足寄駅跡の道の駅も 足寄湖近くの道の駅も車中泊には向かず、さらに少し車を走らせました、 
辿り着いたのが ここ、本別町の道の駅 「ステラ ☆ ほんべつ」
10-LS4883.jpg
始めて訪れた道の駅だけど、綺麗で とても気持ちの良い道の駅でした♪ 
ここも ふるさと銀河線 の駅跡につくられた道の駅で、跨線橋が残されてます、 


夕方7時頃、暮れなずむ頃の様子です、 車中泊族の車も 多くはなかったけど 何台か居ましたよ♪ 
11-LS4888.jpg

この日は晴れて、青空も見える良い天気だったけど、夕方から曇りだしてきました、 
翌日起きてみると、前日とは打って変わってどんよりとした曇天 (>_<) 
ドライブ移動する意欲も萎えて、疲れも溜まってるようだったので 道の駅ほんぺつで連泊することにしました、
ヒマで時間を持て余し、時間つぶしに近くの温泉などに入りに行ったりして ( ^ ^ ) 

夕方、道の駅 「ステラ ☆ ほんべつ」 に戻ってくると、あれまっ! 何と言うことでしょう! 
12-LS4897.jpg
前日とはまったく違う 夕焼けの光景! しばし、写真を撮りながら見入ってる自分が居ました~♪ 

昼間晴れてても夕焼けはさっぱりだったり、昼間曇ってたのに凄い夕焼けになったり、分からないもんですね、
いい光景に出会えるかどうかは まさに 運 しだい・・・・ ということを実感したもんです ( ^ー゜)b 
                       
                       

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/05(木) 21:00:43|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (6)

各地でサクラ満開のニュースが伝えられてますが、おいらは撮りに行く気にならず・・・・・ 
写真ネタが無いので、2年前の北海道旅の写真で記事を続けます、 

2016年 8月 7日(日) 女満別の道の駅で朝を迎えました、 
なんとなく道央方面、十勝方面に向けて走りだしたけど、んん~、とりたてて被写体も見つからず、
ただ 淡々と車を走らせるだけで意味の無い一日になっちまいました (>_<) 
せっかく晴れた良い天気だったのになあ、 

夕方、留辺蘂(るべしべ)町、おんねゆの道の駅に到着、 
01-LS2_4814.jpg
すこし離れた場所に別にキャンプ場もあるけど、炊事もしないので ここを車中泊場所とします、 


「きつねにエサを与えないでください」 と書いてあるんで、あれ? と思ったら 
02-LS48--.jpg
奥にキタキツネの観光園もあるみたい、 でかい塔みたいな鳩時計もありました、 


暗くなり始めると次々と車が増えて、なんだ? と思ってたら8時を過ぎると ドカン! パチパチ・・・・・
なんと、花火が上がりはじめましたよ!  花火見物で車が多かったんだね、 
03-LS2_4818.jpg
いちおうカメラを持ち出したけど、すんません、おいらは花火撮影は下手くそです~ (笑) 


翌日も快晴の良い天気♪ 駐車場には全国各地のナンバーを付けた車がいっぱい、 
04-LS2_4834.jpg
04-LS2_4834.jpg
しかし、九州ナンバーはさすがに少数派であります、 


でかい鳩時計のからくりが面白かったんで撮ってみました♪ 一時間おきに鳴り出し、動作します、
05-LS2_4837.jpg
三つの出入り口から五体の人形が楽しそうに体を動かしながら登場♪ 

音楽演奏の演技が終わると、上の窓から鳥さんが出てきて羽を広げる、 
06-LS2_4838.jpg
それが終わると、鳥さんと五体の人形が塔の中に戻り、終了、 
時間にして5分くらいのものだけど、子供には人気みたいで、見物客は多かった、 


さて、ぼちぼちと走り出したけど、前日に続いて風景撮りできそうなスポットもなく・・・・・ 
07-LS2_4842.jpg
これは 廃線になった ふるさと銀河線の旧置戸(おけと)駅、 立派な建物ですよね! 
今は バスターミナルや公民館、セレモニーホールなどに利用されてます、 


こちらは 同じくふるさと銀河線の 旧陸別駅、 駅舎はそのまま道の駅になってます、 
08-LS2_4845.jpg
数十年前の高倉健さん主演の映画 「遥かなる山の呼び声」 にJR時代の駅舎が登場してました、 
その当時の駅舎は木造の小さな駅舎で、駅前の道も未舗装で砂利道だった・・・・・ 

「遥かなる山の呼び声」 、NHK BSプレミアム、28日午前9時から放送があるようです、 
興味がある方はご覧になるといいと思いますよ~♪ 

あれっ! ディーゼル気動車が走ってる? なんで? 廃線になったはずじゃあ・・・・・? 
09-LS2_4843.jpg
と、不思議に思って駅舎内に入ってみると、なんと、数キロ分の線路を残して 観光運転してる! 
営業運行ではなく、希望者に有料で運転させるという訳、 


左側の運転席に座ってるのは、一般人です、 その横に係員が立って付き添って指導してますね、 
10-LS2_4851.jpg


こんなカラフルな車両もありました、 ふるさと銀河線 だけに、銀河鉄道999 
11-LS2_4849.jpg


ちなみに これが料金表、 「運転体験コース」 の料金は 安くはないですね! 
12-LS2_4852.jpg
実際の鉄道車両を自分で運転実体験できるところは少なく、日本全国からファンが来てるみたいです、 
建物の中に 相撲部屋の壁に掛かってる番付表みたいな名札が掲示されてました、 横綱級は なんと! 数十回!! 
本物の鉄道車両を運転してみた~~い♪ と思う人は、行って乗ってみたらどうでしょう ( ^ー゜)b 


さて、我がポンコツ愛車 (笑) スバルサンバーディアス ですが、長いことかかって車検から戻ってきました、 
あまり使うことも少ないのでゆっくりといいですよ~♪ と言ってたせいか、一ヶ月かかりました (爆)

戻ってきて、さっそくすぐ後部シートを取っ払い、車中泊仕様に戻すべく取り掛かった訳ですが、んん~~、
問題発生! 車検に出す前の状態に戻すのが困難! 
大急ぎで取り外したんで、部材の順序や場所が分からなくなってしまってて (>_<) 

そこで、新たなコンセプトで(←大げさ(笑)) 床を造りなおすことにしました、 
前回の旅では 羊蹄山の湧き水を持ち帰るため、床下を百数十リットルの貯蔵スペースとして造りました、
それをやめることにしました、 水のお持ち帰りは無し d(-_^) 

その分のスペースを 雑多な日用品の収納スペースにすることにします、 
小さめのコンテナボックス7~8個を使って収納、 けっこうな量の収納ができますよ~♪ 

前回の旅では、床下と天井裏収納に挟まれた部分で生活してたんだけども、雑多な生活物品に占領されて
ほんとに 窮屈だった! まさに穴ぐら生活みたいなもの! 
それらの生活物品が床下に移動してくれれば、個人的にはホテルみたいな印象になることでしょう (笑) 

あらたに部材を造っての造作となるから時間はかかりますが、楽しんでやっていきます♪ 
そのうち、折をみて その造作状況も記事にするつもりです ( ^ ^ ) 
                          
                          

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/27(火) 12:12:15|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (57)
地元佐世保の写真 (93)
佐世保近辺の写真 (5)
未分類 (12)
旅の写真 (164)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR