夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  のんびりと カーナビ台作り

2年前の秋、車中泊旅での北海道撮影旅、 お天気にはあまり恵まれませんでした、
北海道上陸後、道南を軽く周ったあと、定番の (笑) 美瑛・富良野に向かったけど 曇天。。。
天気予報では数日にわたって ぐずついた天気が続きそうなんで、美瑛・富良野は切り上げ、北へ向かいました
美瑛・富良野には、道北、道東を撮りまわったあと、約一ヶ月後には戻ってくることとして・・・・・

旭川を通過して北へ、、 士別、名寄、美深と通り、音威子府(おといねっぷ)を目指しました、
01 GAD90
JR音威子府駅に到着、 あいかわらず曇り空のままです、、


この駅を目指したのは、駅舎内の立ち食い蕎麦屋さんの名物蕎麦を食べてみたかったから
02 GASA00
以前、テレビの番組で紹介されてて、面白いなと思ったもんだから、、


その名物蕎麦が これです ↓  見事に "真っ黒" な蕎麦でしょ (笑)
03 GA01IC9
朴とつな感じのおやじさんに どうしてこんなに黒いのか尋ねたところ、二番挽きのそば粉を使ってるらしい、
商品として粉や麺で出荷するのは一番挽き、その残りそば粉でつくると、こんなに黒くなるそうな、、
ちなみに、蕎麦の味は美味くもなく不味くも無くと言ったところ、 普通でした (笑)


気になってた音威子府の黒い蕎麦を食したところで、さて その後どう動こう・・・・・
そのまま道なりに北上すれば、2~3時間で稚内に着きます、
道北の内陸部の国道は 以前通ったことがある、 同じ道はいやだなぁ・・・・ 時間もあるし、そうだ!
まだ走ったことのない 道北の日本海側を通ってみよう♪ 

ということで、今来た道を 30キロほど美深まで戻りました、
美深から西の山間部に入り、朱鞠内(しゅまりない)湖を通って、苫前 で日本海側に出る、

道北の日本海側国道 232号線は 「オロロンライン」 と言うらしい、
けど あいにくの曇り空、ときどき小雨も降ったりして、朱鞠内湖でも またオロロンラインでも、
こんな海沿いの道を、ただ 淡々と車を走らせるだけでしたねぇ、、 
04 GZX02


天塩から また内陸部の道に入ると、すこし天気も持ちなおしてきて 写真でも撮ろうかという気に♪
05 GU0Z1M0
サロベツ原野の農場(牧場?)をバックに、道端の宵待草 ( ^ ^ )



カーナビ台自作の記事の続きです、
造作がほぼ終わったところで、スプレー缶で色を付けました、 
06 GMX49


ダッシュボードに取り付けると、ウン♪ なかなかいいですね~♪
07 GE0P53


木の素材の色のままだと 浮いてしまって馴染まないけど、周りの色に合わせると違和感ないですね、
08 GIA55

ところが この頃、インターネットで意外な発見をしたんですわ♪
ワンセグ用の外付けアンテナを検索して調べていたら、カーナビ説明書のPDFファイルがありました、
何気なく見ていくと、あるページに 取り付け台の設置イラストがあり・・・・・・

普通は このように使いますよね、、
09 GPYR41


画面の高さも変えられるし、傾きも変えられるし、これっきゃない使い方だと思ってた、
10 GHYU12Q


しかし そのPDFのイラストには、このような設置方法が書いてあったんです、
11 GSWZ36
いやぁ~~! これは目からウロコの驚きでしたねぇ、 まさかこんな形で使えるとは!


横にすることも出来ます
12 GEP38


反対側の横にも♪ スペースの関係上、おいらはこちらの横置きスタイルにすることにしました、
13 GYSL27


左側の吸盤スペースが狭かったんで、出来上がったばかりのカーナビ台を若干手直し、、
14 G3T06

  改造話、、 つづきます・・・・・・
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/28(金) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  カーナビ台の作り直し ・・

京極町 ふきだし公園、 四季を通じてそれぞれに素敵なところではありますが、特に夏は素晴らしい♪

これは 湧水口、 まるで 滝のように噴き出してますよね、 
01 Kp86


この水量が年間を通じて 一日24時間休むことなく噴き出してるということだから、凄い!
02 K0j74


湧水口近くには、水汲み場が造られてます、 しかも 制限なしに持ち帰ることができる、
03 G9w70


道内各地から長時間 車を運転して水汲みに来る人も多い、 北海道以外からは さすがにきついかな (笑)
04 G8cv80


しかし そんな苦労をしてでも持ち帰りたくなるほどに、とても美味しい素晴らしい水なんです♪
05 K6hg9

実は、京極町の上水道水源は この羊蹄山からの湧水なんだとか、、京極町住人の人が笑って話してました、
この湧水口から持ち帰る分にはタダだけど、自分らはきっちりと "水道代" として払ってると (笑)
しかし、こんなに美味しい水で毎日、お茶やコーヒーを飲んだり 食事をつくって食べる、
うらやましいことです♪

『店で売ってるミネラルウォーターと同じじゃないの?』 と思う人も居るかも知れない、
でも ミネラルウォーターを飲んで "味" を感じたことがありますか?
この湧水口の水は 何とも言い難い "味" を感じるんですよ♪ 水の味ってこんなんだったのか、みたいな、、

何も知らずに公園に来て、持って帰りたいと思った人のために、近くの売店でポリタンクも売ってます、
06 K1ui9
公園には 道の駅売店もあるんだけど、ポリタンクの他にも野菜や山の幸も売ってました、


道の駅 「名水の郷 きょうごく」 の道向かいには、こんな温泉もあります♪
07 G2q92

温泉やコンビニもすぐ近くにあり、駐車場は広く、トイレも新しくてとても綺麗♪
おいらの中では 北海道で三本の指に入るような、とても素敵な道の駅でした、 また 行きたいなぁ~♪



カーナビ台の作成です、  現場合わせで 部品をひとつ作っては仮付けして、様子をみてみます、
先の記事で、ダッシュボードのボックスに取り付けた 足場 を使ってカーナビを置いてみる・・・・・
08 GD056
すると 意外や意外! ハンドルに近過ぎて、ハンドルを回すときに触るような近さということが判明、
これでは ちと マズイ、、 んん~~と考え込む、


よし、それでは遠くなる方向に台を延長してみよう、、
09 GS02


足場の補強をせざるを得ず、L型金具で補強、
10 GN005


カーナビの足(吸着板)がよくくっ付く素材の材料を、ナビ台最上面として 形に合わせてカット、 
11 GZ008


仮付けして、カーナビを置いてみる、  
12 GM012


ハンドルやレバー類との関係も とてもよくなりました♪
13 GPP025


寸法的にだいぶ大きく作ってるので、これからダイエットするように ぎりぎりまで削っていきます、
14 GYT29


色付けもせなあきまへん、 黒と灰色のスプレー缶を重ねて、自然に目立たない色にします・・・・・
15 GWB32

と、 ここまで作ったところで、カーナビの意外な取り付け方を発見!!
夜、カーナビ関連品のネットサーフィンをしてたときのことでした・・・・・・

そのいきさつ、目からウロコの取り付け方法は次記事で ( ^ー゜)b



今日、眼科さんに行ってきました、 白内障の手術前の検査のためです、
手術は 酷い方の右眼を 9月15日、左眼は 9月29日と決定しました、

最近は目の見え具合もだいぶ酷くなり、このブログ記事を書くのも辛いところです、
パソコンの小さい活字がダブリ、霞み、入力するたびに顔を近付けて誤変換してないことを確認してます、、

手術をして、その後の視力が落ち着いて メガネも作り直して、そのときの 見え がどんなになるのか楽しみ♪
『へぇ~~! こんなによく見えてたんだぁ~!』 と、さぞかし驚くことでしょうね ( ^ ^ )
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/21(金) 21:50:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  カーナビ台の作り直し

前の記事では 10月の末、初雪がそろそろ・・・・ という晩秋の頃の 京極町ふきだし公園でした、
時間は遡りますが、そのちょうど一ヶ月前、2013年 9月の末は こんな目の覚めるような気持ちの良い。。。。

北海道に渡って間もない頃、同じ道の駅 「名水の郷 きょうごく」 で車中泊しました、
道の駅の駐車場の朝、 この頃は車中泊族の車もたくさん居ました、
01 G15266


道の駅のすぐ隣りにある ふきだし公園の、公園ゾーン
02 G85987


広い公園は、公園ゾーンと湧水口ゾーンに分かれています、
この池は 自然のものではなく、人工的に造られた池のように見えたけど、 どうなんだろ?
03 G91640


水深は 40~50センチくらいのもので、深いところはないみたい、
すこし上の湧水口から噴き出して流れてきた水を一時的に溜めておく場所じゃないのかな?
04 G27966


写ってる車は、このとき使ってた スバルドミンゴです ( ^ ^ )
05 K39102
とにかく 9月は、ユートピアみたいに素敵なところだったんです♪



さて、クルマの改造をのんびりと楽しみながらやってますが、車中泊時の目隠しパネルは ほぼ完了♪
次にとりかかったのが、カーナビ台の "作り直し" です、
06 G74125


これは 現車ディアスを入手してからすぐ、去年作ってみたものです、
07 G70D29


ちょうどいい場所に エアコンの吹き出し口があるため、悩みに悩んで設置した場所がここなんだけど
実際に運転時にカーナビをつかってみると、どうにも使い辛いんですわ、これが・・・・・ 
画面がすこし低いためかな?   で、 設置場所を変えて作り直すことにしました、
08 G75531

場所は このカーナビ台の少し右上方に、、
ダッシュボードに大きく口を開けてるポケットが見えますね、 このポケットに 足場 を作ります、

このポケットは、オートマ車のチェンジレバーが収まる場所なんだけど、おいらのクルマはマニュアル車
チェンジレバーユニットを収める代わりに 小物入れポケットを入れ込んである訳です、

ネジ留めしてあるわけでもなく、こじれば簡単に取り外せます、
09 G721Y6


取り外したあと、、 ダッシュボードの内部がよく見えます、
10 G721O7


ボックスの内面カーブに合わせて 角材を削り・・・・・
11 G721S9


左上隅に合わせて、角材とケースにドリルで穴を開け、ボルト ナットで固定します
12 G7210M1


これは 反対側から見た写真、 この角材が、新しいカーナビ台のベースになります、
13 G7RS052

今までのカーナビ台は いわゆる "つっかい棒式" 、 デザイン的にも野暮ったくて気に入らなかった (笑)
この新しい 足場 を使って、もすこしセンスのよいカーナビ台を作っていきます♪

  次記事へ つづく・・・・・・
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/16(日) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  フロントガラス 目隠しパネル 完成♪

今回は 改造記事写真が多いんで、北海道写真は 3枚にしました f( ^ ^ )
時期は 10月下旬、北海道を離れるその日に撮ったものです、 晩秋、、、と言うよりか 初冬の頃、、

北海道旅最後の車中泊は 道南蝦夷富士 羊蹄山の麓、京極町の道の駅 「名水の郷きょうごく」
01 G1428


羊蹄山からの伏流水が 川のように湧き出す公園があり、京極ふきだし公園と言います、
無料で持ち帰ることの出来る水汲み場もあり、その水は まさに絶品♪
そんじょそこらのミネラルウォーターとは まったく違う、 水に 味 があるのを、ここの水で教えられました、
02 G1414

道内各地から 車で数時間かけて水汲みにくる人も多く、おいらもこの日、30リットル近くを車に積み込み、
はるばる九州まで持ち帰りました ( ^ ^ )

いつ積雪があっても不思議ではない寒さで、公園内の木々も最後の紅葉を見せてくれてました、
03 G1411

紅葉と言うと おいらの地元九州では、赤く染まるのが一般的で 黄色は少ない方だとおもう、、
しかし 北海道・東北では逆に、黄色い方が多いみたい、、 シラカバとか、カラマツとか、ダケカンバ、
紅葉と言うより、黄葉と言った方がピッタリな感じ、



さて、クルマの窓の目隠しパネルの最後として、フロントウィンドウ用を作ってみたけど・・・・・
04 G0026
まずは 「2分割」 で作ってみたら、全然アカン (> <)  面積が広く、傾斜がきつく、カーブもしてる、
コシが弱い銀マット素材では、なかなかピッタリとは作り辛い、、


で、「3分割」 にして作り直しました、 制作工程は省略して、これが出来上がり♪
05 G7039
強度補強用の芯材として段ボール紙を貼り、残りの部分は銀マットの2枚貼り合わせです、


こちらは表側、 細長い板状のものは何か? ハハハ♪ あとで説明します、
06 G7080


リヤゲート窓とは違う 光漏れ防止の工夫をしてみました、 入れ違いで重なって 光漏れを完全に防ぎます
07 G3941


3分割にしたことにより、邪魔になっていたバックミラーも難なくかわして装着できるようになりました♪
08 G7844


残る左右の2枚も チャチャッとセットして、装着完了です~ ( ^ー゜)b
09 G1146


ガラスの傾斜がきついんで、サンバイザーを回転して上部を押さえます、
10 G7986
このままでも 段ボール紙の芯材が効いてて十分にもつと思うけど、念には念を入れて更なる工夫を・・・・・

5.5mm厚のべニア材を細長くカット、 長さは窓ガラスの長さより ほんの少し長く、、
これを窓の枠に、ひっかけるようにセット、、
11 G7082


長さが若干長いので、当然 弓なり状に膨らみますね、 その中央部を軽く押すと・・・・・・
12 G7249


瞬間的に外側の方に膨らんで、パネルをうまい具合に押さえてくれるんです♪
13 G3250


うん♪ うん♪ なかなか いい出来だよなぁ♪ ・・・・・と、自画自賛 (笑)
14 G8001

しかし 今度は逆に、窓枠の "強度" が気になってきますよね、ハハハ♪
この押さえ方の方法は最後の手段としてとっておいて、通常はサンバイザーのみでいけそうな感じです、

クルマの外から見るとこんな風になります、 見てくれはよろしくないけど、実用性は完璧なものです♪
15 G4563

車内側の 見てくれ も、他の全部のパネルと合わせて、後日 色を付けて統一する予定、
紙を貼ってスプレー缶で色を付けるか、 DIY店で売ってる 裏糊付きの合成樹脂シートを貼るか、 考慮中、、

クリーム色などの明るい色よりも、グレー系の暗い色の方が 実使用時には落ち着くのかなと考えてます、
外側に向ける銀色も、駐車場では "いかにも!" という感じで、個人的には気に入りません、
これも色を熟考して スプレー缶で色を付けます、 目立たない色に、、


これで 窓ガラス全部の目隠しパネルを作り終えました、 サイド3枚ずつと前後の 計8つの窓の分、、
まとまると 意外にかさばるのに驚きました、
実際に旅に出るときは 車内に収納して走る訳で、 その収納場所と方法にもひと工夫必要 d(-_^)

ひと工夫・・・・ とは言っても、車内天井に棚を作り付けて そこに収めるしか方法はない訳だけども 
その棚の設置方法が難しい、、 棚の 足場 となる場所が無い、
鉄板に ネジ は効かないし、また 下手に天井に穴をあけたりしたら 雨漏りやサビが確実!

車体外装鉄板には穴をあけないようにして、しかも ある程度の強度をもった足場を考えないといけない、
むずかしい難題です、 車内内貼り材にキズをつけることも やむなしかなあと考えてます、、
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/10(月) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  目隠しパネルの制作、前席部分

2013年の 9月末、北海道に渡った頃は 暑くもなく 寒くもなく、いい気候でしたねぇ~♪
約一か月後、寒さに追い立てられるように北海道を離れることになるのが信じられないくらい いい天気、、

深夜2時頃 函館でフェリーから上陸、その足で函館山に登り 函館の夜景を撮影しました、
お山から下りてきて 数時間でも仮眠しようと、どこか車を停められる場所を探したけど・・・・・ 見つからない、
五稜郭公園の近くだったら 広い駐車場があるのかな、と一周してみたけど 有料かチェーンで閉められてたり、、

仕方がない、 深夜早朝の函館市内を素通りして、大沼公園方面に向かうことにしました、
夜が明けた頃、大沼公園に到着しました、 午前7時前、写真撮影には まだ少し暗いっすね、、
01 G87862


大沼、小沼の湖岸を一周、 沼の中にはほんとに小さな島がたくさん見えました、
02 G36870

沼を一周し終わった頃、「日暮山入口」 という小さい案内板を発見!
案内板を出してるからには 展望台もあるのかな、とその細い道に分け入ってみました、

前知識も無く入った場所だけど、思いのほか絶景に出会えて感激♪  遠方のお山は 駒ヶ岳
03 K5580


遠くの水面が大沼、手前が 小沼 と 蓴菜(じゅんさい)沼 だそうです、  
04 K9176


ところで、ここの駐車場から展望台までは 数百メートルの林道になってたけど、とても怖かったんですわ
05 G85777
すぐ側まで熊笹が繁る林の道、居るのはおいらだけ、 突然 熊さんが出てきやしないかと (> <)
"独り言" を大声でしゃべくりながら歩いたもんでした、


そのあと、内浦湾を長万部方面へ向けて北上、 途中、森駅で 名物 「いかめし」 を買って食べました、
06 G21791
以前、郵便局の 「味紀行」 で 「いかめし」 を注文して美味しかったもんだから・・・・・
しかし今回、森駅で買った いかめし の "小ささ" に愕然! 以前食べたものの半分以下の小ささでした、
大きさ比較用に置いたライターと比較してみると、その小ささに驚きますね、、


この日は 長万部の銭湯温泉(?)で車中泊させてもらいました、
これは長万部の国道からちょっと外れた道で見かけた ススキの原の道、
07 G25921
ススキの穂が夕日に映えて、とても美しかった♪
これでも 夕方4時前なんですよ、 北海道の夕方は早いんです、 その分 日の出も早いけど d(-_^)


さて、ちんたらとやってるクルマの改造ネタ (笑)
最終、前席の分です、 前席サイドの左右とフロントウィンドウ、、

サイドは簡単なものです、 窓の形に銀マットをカットしたものがこれ ↓
08 G83017


窓に取り付けた状態がこれです ↓  ところどころ隙間が見えるけど、いいんです!
09 G110018
このあと 段ボール紙を間に挟んで、内側用の銀マットを貼り合わせれば、完璧な目隠しが出来上がります、


難しいのはフロントウィンドウ! 面積が大きい、カーブがきつい、傾きもきつい、と三拍子そろってる、
10 G460027


トライ & エラー で、失敗覚悟で まずは作ってみる・・・・・ やはり酷い失敗 (笑)
11 G880026


隙間が多過ぎ! これでは話にならない、 完全なる失敗、、 初めから作り直しをしました、
12 G610025

現場合わせで、カットしては窓にあてがい、また少しカットしては窓にあてて確認・・・・
その繰り返しで作っていくんだけど、ガラスのカーブと傾斜がきついんで、その都度違ってくるんです、
それと 2分割では、真ん中上部にあるバックミラーが、取り付け取り外しのときに邪魔になって仕方ない、
で、じっくりと考えて、3分割にすることにしました、

2年前のドミンゴでの長期車中泊旅では、準備期間も限られていたんで、前席の目隠しはあきらめました、
つまり、前席左右、フロントは目隠しをしないでそのままということ、
前席シートの背もたれを境にして、天井からカーテンで仕切ることで目隠しとすることにしたんです、

まぁね・・・・ これで一応は目隠しにはなったんだけど、寒さ対策のことは全然頭になかったす、
で、先の旅では、旅の終盤になって、ひどい寒さに大いに悩まされることになった訳です、

カーテンだけでは まったく、防寒の用は足さない、 滅茶苦茶さむい!
気温0度前後の外気にガラスがキンキンに冷やされ、その冷えたガラスに車内の空気が冷やされ、
カーテンの隙間から後部に どんどん寒さが押し寄せてくる、

厚着しようが、毛布類を何枚重ねようが、まったく効果が無いくらいに冷えちまった、
明け方は実際 寒さで眠るに眠れず、一時は本当に俺はここで死ぬかも知れないと思ったほど、、

冬山登山をする人は、完全な氷点下の外気温のなかでテント泊をするんですよね?
厚着したうえで、重装備の寝袋で眠るんでしょうな・・・・・ 自分にはとても出来ないと思った (> <)


と まぁ、そんな訳で 次回の車中泊旅では、クルマの窓はすべて目隠しをしようと考えてるんです、
それも、目隠しと 防音と そして断熱効果に優れる銀マットを使って、ということです、

夏場の日差し防止に使う ジャバラ折り式の目隠しを使ってる車も よく見かけはしたけど、
あれは はっきり言って、目隠しのみの効果しかありません、
車中泊には いかがなものか? というのが実感です ( ^ ^ )
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/04(火) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  並行作成中、アームレスト

2年前の9月、車中泊旅に出てから7日目に、いよいよ本州最北の青森県入り、 天気は良くなかったすねぇ、、
岩手県から県境を越えてすぐの 八戸市、 フェリーターミナルです、
ちなみに、八戸 ⇔ 苫小牧 のフェリー航路があるけど、おいらは今回は 青森 ⇔ 函館 で行く予定です、

01 K74898


ターミナルに停めてある車を何気なく見て、驚いた! なんと、「佐世保」 ナンバー!
02 K94902
こんな遠いところで 自分の地元ナンバーに出会うなんて、と ほんとに驚いたもんですわ、


フェリーターミナルの横にそびえ立つ 八戸のパルテノン神殿
03 K25900
実は、家畜用の飼料コンビナートなんです、 つまり サイロ、 それにしても巨大なものです、、


予定では この日は、八戸 あるいは 青森 近辺で適当な場所で車中泊するつもりではあったけど、雨になり
写真も撮れそうもないので、予定変更、 この日の夜中の青函便で北海道に渡ることにしたんです、

青森港のフェリーターミナルで乗船待ちしているところ、、 時間は 9時半頃、
04 K6303
9月下旬はシーズンオフ? 乗船の車は少なくて 意外な感じでした・・・・・


乗船して、夜10時前、本州を離れました、 雨にけむる青森港の灯り、、
05 K47912


日が変わって 深夜2時頃、函館に上陸しました、 空模様は 雨はあがってました、 しかし、寒い (> <)
夜の函館と言えば、もちろん 有名な夜景の絶景でしょ♪
車の往来もほとんど無い深夜の函館市内を、カーナビだけを頼りに函館山に登りました、
06 K53921

お山に登ってみると、深夜ではあるし、おまけにめっちゃ 寒いし、誰も居ないだろうと思ってたけど 
意外や意外、カップルさんの車が数台 駐車場に居ました (笑)

予想以上の寒さに戸惑いながらも、カメラ2台を首にぶら下げて、撮影ポイントを探しました、
ブレてるのは、三脚を使わなかったこともあるけど、寒さで手がふるえてたこともあります f( ^ ^ )

07 K9146

しかし 函館の夜景は、本当に素晴らしい景観ですねぇ~ ( ^ー゜)b
去年だか、一昨年だったか、長崎の夜景が世界?大夜景のひとつとして認定されたようだけど、
いや いや、函館の夜景の方が、数段 美しいとおいらは思うわけでして、、

宇宙に煌めく大銀河星雲のようにも見えて、3時過ぎまで寒さにふるえながら撮りまくりました、、
08 K6748

しかし、函館市内を走りながら感じた事だけど、函館市内の交差点信号は 真夜中には点滅にならないの?
日中と同じように赤信号で止める、 走ってる車はおいらだけで 他には一台も居ない、
しかも、その信号が やたら! 多いときてる、 信号機同士の連動もしてないみたいだし (> <)
運転者を おちょくるような、イライラ信号だと思いましたねぇ d(-_^)


さて 次回車中泊旅に備えての 自分流改造話です、、
同じことをやってたら飽きるので、何箇所か並行してやってますが、前の記事ではカーナビ台のこと、
今回は アームレスト(肘かけ)について 少し・・・・・

これが デフォルト状態の現車サンバーディアスのセンターコンソールです、
09 G17015


小物入れやドリンク置きが並んでるだけで、アームレストはありません、
10 G8616

サンバーディアスは、オートマ車には運転席背もたれに取り付けられた簡易肘かけが装備されてるのに 
マニュアルミッション車には付いてません、
おそらく、ギヤチェンジ操作に支障がある・・・・という意味で装備を外されたのかなと推察してるけど 
この アームレストの有る無しで、長時間運転の疲れ方がずいぶん違うもんでしてね、、

これは 2年前の長期旅で使った スバルドミンゴ に自作で取り付けたアームレスト、
11 GB02
たった これだけの肘かけで、ずいぶん助かりました、 ベリーグッドでしたね♪
実は このときの肘かけを、ドミンゴを廃車で手放すときに外して残していたんです、


現車ディアスには もちろん合わないので、かさ上げの足の部分を外して、マクラ部分を利用できないか?
12 G53018


小物入れのトレーには 偶然ピッタリサイズで収まるけど、もちろんこれでは低過ぎるわけでして (笑)
13 G1219

かさ上げ用の足の部分を新たに作って、コンソールにうまく合わせて固定しようとしてます、
設計図も無く、現場合わせでやってるんだけど、これが なかなか高さ合わせが難しくて苦労してます、

停車状態で この高さがベスト、と決めて作って、試しに少し走行してみると、低過ぎて しっくりこない、
数センチ高い足を作り直してコンソールにセットすると、今度は足の左右のバランスが悪くなり ガタツク、
また 作り直し・・・・ という繰り返し (> <)

まぁ、旅にいつ出発♪ という期限がある訳でもなく、ほぼ 100パーセント暇つぶしの感覚でやってるから 
これでいいんです♪ 楽しみながらやってます、 これも後日、完成したら記事にしますねぇ~ ( ^ー゜)b
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/01(土) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (46)
地元佐世保の写真 (79)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR