夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  北海道上陸 初日

白内障手術 2回目(左眼)を昨日受けました、 
前回、2週間前の手術は 白内障・緑内障併発で よく見えない方の右眼の手術でした、 
現代の白内障角膜移植手術は 術後に入院することなく 即 帰宅、 
手術した方の眼は完全に覆い、翌日まで残りの片目で生活することになる、
前回は残った方の眼が 少しは症状が軽い左眼だったんで そんなに不都合を感じることもなかった、 

しかし 今回の左眼手術は最悪でした~ (> <)  
残った右眼、つまり 術後2週間の右眼ひとつでは ほとんどまともにモノを見ることが出来ず、、  
緑内障がここまで症状が進んでるとは想定外のことだった、 
周りの様子はなんとか分かるものの、ところどころ見えない、 つうか 認識出来ない、 
テレビの字幕やパソコン画面のカーソルなどが見えず、 参ってしまった (> <)  

丸一日経って 今日、眼科さんに行って術後の検査、 眼帯を取ってもらって ホッとしました、、 
ゆうべは 自分の普通の生活が出来ず、左眼も若干うずくし、早々に寝てしまうことにしました、 
就寝時間、なんと! 9時!  夜型にんげんのおいらには考えられない早寝、、  
おかげで早朝5時前には目が覚めて、今日は長い一日であります、、  


さて そんな訳で、ゆうべはブログ更新も出来ず、とりあえずの記事を急きょ上げときます、
コメント少な目、ご容赦 m(_ _)m

2013年 9月26日の深夜 午前2時頃、青函フェリーで函館に上陸、 その足で 夜景を撮るため函館山に登りました、
01 G49
9月の末と言えば、九州では半そでシャツでも過ごせる気候だけど、このときは イヤァ~~、寒かった! 
さすが 北海道 と驚き、これから先の約一ヶ月の北海道滞在ができるのかと不安にもなったりして・・・・・ 


仮眠できそうな駐車場も見つけることが出来なかったんで、そのまま 大沼国定公園を目指して走行開始、
02 G58
大沼の湖畔から駒ヶ岳を望む構図♪  朝7時前の撮影です、 


小高い山の展望所から、駒ヶ岳と大沼小沼を 俯瞰で写真に収めることができました♪  
03 K80


噴火湾沿いのJR森駅で、名物の 「イカめし」 を買ってみたりしたけど、その "小ささ" に驚く! 
むかし 通販で取り寄せて食べたこともあるけど、そのときの半分以下の小ささで、ナンジャコレ!! 

長万部の少し先、静狩という集落の海辺の風景です、
04 K09

この日は、長万部温泉 という看板を見つけ、お風呂に入り、そのあと そこの駐車場で車中泊、、 
「車中泊させてください」 と一応おことわりをいれました (笑) 
道の駅以外では、だまって車中泊するのはマナー違反かなぁという意識がありまして、、  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/30(水) 23:15:14|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  約一週間かけて 青森まで到達

2013年 9月18日 、九州から北海道間、 帰着日未定の車往復旅に出発したときの計画では、
フェリーは極力避けて、出来るかぎり陸走でいこうと考えてました、 
行きは東北 三陸海岸を北上して、一週間程度で青森まで到達、北海道に渡ってからは出来るだけ粘る、 
冬の到来で、北海道に滞在するのが難しくなったら、その時点で帰途につく、 
帰りは 青森から日本海側を南下して九州に帰ろうと・・・・・ 全走行距離、8千から 1万キロを予定、 
しかし、結果的に 帰りは、小樽から舞鶴までのフェリーで帰ることになったんだけども・・・・・   

まず 行きの青森までは、ほぼ予定通りの行程・走行距離で行くことができました、  
出発日当日は夕方に出発、 山口県の角島で第一泊目の車中泊、 
2日目は カーナビに慣れてなかったせいか、遊ばれて 大きく回り道をしてしまい距離がかせげず、
山陰地方 益田市と浜田市の中間あたりの道の駅で車中泊、  
3日目は ずんずん走って、兵庫県但馬地方の道の駅で車中泊、 
4日目は 北陸路を観光もせずに走って、富山市近くの道の駅で車中泊・・・・ と、ここまでが前記事の分、

北海道の風景撮影が一番の目的なんで、途中の観光地には立ち寄りはしませんでした、 
寄れば 1時間 2時間の時間をロスし、その分走行距離が少なくなるから、 


さて 5日目、 9月22日、富山県滑川市の道の駅を出発して、そのまま海沿いを北上しました、 
ところどころ、道の駅を見つけては小休止をとっての行程だったけど、目ぼしい写真は撮れなかったんで 
この日の写真は省略します f( ^ ^ ) 

新潟市の手前で右折して内陸部へ、、 会津方面へ向かい、暗くなった頃 道の駅を見つけて、そこで車中泊、
山越えして下ってきたところで、会津市の手前かな? 道の駅 「にしあいづ」 という道の駅でした、、


6日目、 9月23日、この日は仙台市の少し先あたりまで行く予定、
旅に出る前から、喜多方で本場の喜多方ラーメンを食べてみたいなと思ってたんで、少し 寄り道しました♪ 

ここらへんは 「会津盆地」 、 地図で見ただけでは分からないけど、広大な風景が広がってましたねぇ♪
01923 K5S6


道路沿いの タンポポを前景にして、、  北海道だよ、と言っても通る写真かも ( ^ー゜)b 
02923 K5S4


喜多方市内で、お目当ての本場喜多方ラーメンをいただきましたぁ ( ^ ^ ) 
03923 G923
おいらは 豚骨スープが好みなんだけど、このしょうゆ味ラーメンは いけました、美味しかった す♪

その後は また 淡々と走り、国道4号線に出て、福島市、名取市 と通過、  
この国道4号線っつうのは、片側4車線くらいのとても広い道路なんだけど、交通量がとても多い! 
前後左右の車に気を使い、とても風景を見るような余裕はなかったです、、 

車の多い仙台市内を カーナビを頼りになんとか抜けて、やっと海沿いへ到達、 
塩竈市あたりで暗くなり、車中泊できそうな場所を探しながら車を走らせました、

松島あたりまで来たとき、やたらに駐車場が広いコンビニを発見♪
こちらのコンビニさんの駐車場で車中泊させてもらうことにしました、、  
つうか、このあたりは都市部の観光地であり、広い駐車場はなかなか見当たらず、道の駅も無い、、 
仕方なく、コンビニの店員さんに一応 ことわってから車中泊したものです、



7日目、 松島のコンビニさんの駐車場を出て 海沿いを北上します、 
松島は たしか 日本三景のひとつだったのかな? せっかくの景勝地、松島を観光しないのは何故か?  
それは おいらの地元、佐世保には 「九十九島」 という同じような多島海で風景が素晴らしい景勝地があり、
個人的には 松島より素晴らしいと思ってるから d(-_^) (あくまで 個人的感想です)

塩竈、松島あたりまで来ると、さすがに震災・大津波の爪痕がそこかしこに見てとれましたね、 
このときで すでに震災から2年以上は経ってるんだけど、道路を走る車両も ダンプがやたら目立った、 

震災当時、テレビでよく見た 石巻の日和山公園に行ってみました、 これは公園入口、、
04924 G86


日和山神社から、石巻市内を眺める、、  
05924 K31
ボランティアだと思われる、年配のおじさんたち数人が、観光客に津波当時の状況を説明していた、
自分で撮ったと思われる写真帳も所持していて、ここがこんなだった・・・・ なんて、、   


さらに北上、 南三陸町の防災対策庁舎跡 です、 ここでも 10数人の方が亡くなられた、、 
06924 G05
赤い鉄骨がむき出しになってるけど、震災前は白壁の三階建てのきれいな建物だった、 
大津波は この三階屋上まで覆い尽くしたそうです、 屋上のアンテナにしがみついて助かった人も居る、


すぐ隣りには 木造の南三陸町役場庁舎もあったらしいけど、まるで跡形もないですね、、
まわりの庁舎や住宅は、土台のコンクリートだけを残して すべて無くなってます、 凄いもんです、、 
07924 K40
この防災対策庁舎跡は、南三陸町は復興整備にも支障があるので、解体撤去を決めたけど、 
宮城県と国が 震災遺構として残すべきと、ストップをかけてるんだとか・・・・・ 
おいらは 大津波の威力をひと目で実感できるものとして、残してほしいと感じました、 


すぐ近くの川には、何事もなかったかのように 水鳥がたくさん浮かんでました、、
08924 K39
遠方の小高い丘には住宅が残ってますよね、 しかし 川沿いの低地はすべて流されたみたい、  
不自然に目立つ電柱が、建て込んでた住宅街だった名残りを感じさせます、  

自分的には この 南三陸町の防災対策庁舎跡 がすごいショックで、なにか重いものがのこりました、 
このあと、陸前高田の 「奇蹟の一本松」 の近くも通ったけど、車を停めて、という気にならず、
車を走らせながら、道路からチラッと見ただけ・・・・・  
ただ 淡々と北上し、釜石、宮古 も通過のみ、、 久慈市の少し手前、野田村の道の駅で車中泊、、  



8日目、 9月25日、 道の駅 「のだ」 の朝、 午前5時を少し過ぎた頃、、  
09925 K43
車中泊では 夜更かしが出来ないので、何拍も車中泊が続くと 自然に早起きの習慣になるようです、


この日のとりあえずの予定は、NHKの朝ドラ 「あまちゃん」 の舞台となった 袖ヶ浦を訪れること (笑) 
10925 K74
「袖ヶ浦」 という地名はドラマの中のもので、実際は 久慈市小袖海岸 という小さな漁村です、 


あまちゃん たちが素潜り実演で潜った入り江♪ 
11925 G33


実際に あまさんたちが居て、ドラマと同じように素潜り実演のショーもやってるんですよ~♪
12925 K73
道の駅 「のだ」 からは近い場所だったんで、おいらが行ったときは朝8時前、準備中でありました、 

ただね、わからないのが、ドラマに出てくる 北三陸鉄道の 「そでがうら駅」
この 小袖海岸という場所は半島みたいになってる海岸線で、近くに鉄道路線は無いんだよね???  
三陸鉄道北リアス線 がモデルになってると思うんだけど、近くの駅と言えば 野田村の 陸中野田駅、 
ひと山越えた内陸部の駅なんだよねぇ・・・・・? 
駅のシーンだけ、別の海沿いの無人駅で撮影したんだろか?  
まぁ、ドラマ自体がフィクションだから、そういうことがあっても全然問題は無いわけだけども・・・・・ 


さて このあと、久慈市に出て 「すきや」 で朝食をとり、八戸へ、、
「すきや」 は日本全国どこに行っても有り、メニューも店の造りもまったく 同じ、 
なんとなく安心して入ることができますよね ( ^ ^ )   

この八戸の近辺で車中泊場所をさがす予定だったけど、雨が降り出してきた、
次の日も天気はよくなさそうだし、予定変更、 この日の深夜便の連絡船で北海道に渡ってしまおうと、 
八戸の港などを少し見て写真を撮り、青森に直行、

これは 夜の9時半頃、青函連絡船のターミナルで乗船待ちをしてるとこです、
13925 K03
左のクルマがおいらのドミンゴ、 後ろのクルマはひとまわり大きい箱型ワンボックスです、  
ちょっと見には ほとんど同じようにも見えるけど、車内の感じはずいぶん違うんですよ~  
長さにして数センチの違いなんだけど、その数センチの差で受ける感じがまったく変わってくる・・・・・ 

けど いいんです♪ おいらは同乗者が居ないひとり旅、
ぎりぎりの室内スペースだけど、おいらひとりが足を伸ばして寝れるスペースがあれば、それで十分♪  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/25(金) 14:02:23|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  旅に出たのは 今の時期だったなぁ・・・・・

2年前の秋、結果的に一ヶ月半という長旅になった 北海道車中泊旅、出発したのは 9月18日の夕方だった 
あれから2年になるんですなぁ・・・・ 早いような気もするし、まだ2年かという気も、、  

当時、ほんとうは 6月末か 遅くとも7月には旅立つつもりでいたんですけどね、 
それが やむにやまれぬ家庭的事件が立て続けに続いて、どうにも家を空けることが出来ず (> <) 

ここは ぐっと我慢して次の年の初夏の出発に延期しようか、とも ずいぶん悩んだもんだけど  
結局、予定より2ヶ月以上も遅れて やっと旅立つことになった訳で、、


44泊の旅で 第一泊目となった、山口県北部の景勝地、角島(つのしま) 、これは本土と島を繋ぐ 角島大橋、  本土側から、
01 G9199676
この島は、映画 「四日間の奇蹟」 のロケ地となって、一躍 メジャーな観光地になったようですね♪


これは海辺に建つ教会のように見えるけど、実は 映画で使ったロケセットをそのまま残してるんですよ、 
02 G9199647
もともとこの浜辺はキャンプ場で、この建物は集会所兼トイレだったそうです、 その既存の建物を 教会風に改装したということですね ( ^ ^ )


島根県益田市の海辺、日本海の日没風景です、 
03 G9199690
この日は この後しばらく走って、通りかかった道の駅で車中泊、、


翌日もいい天気♪ 出雲大社には 通りかかった証拠写真を撮るためだけに お立ち寄り、、
04 G9209717
しかし 出雲大社はさすがに日本有数の神社で、同じような御社がいくつも立ち並び、どれが本社やら???


3泊目の車中泊は、兵庫県の内陸部の道の駅 「ようか但馬 蔵」 、これは車中泊した翌朝です、
05 G9219731
広い駐車場だったなぁ、、 しかし 広いからか、大型の保冷陸送トラックが 10台近く、同じく朝まで駐車、 
保冷装置を稼働させるためと思うけど、夜通しエンジンかけっ放しで カラカラカラという騒音が・・・・・・ (> <) 


道の駅のモニュメント代わり? デカボチャが妙に面白かった (笑)  
06 G9219735


なるべく都会の交通混雑を避けたかったんで、山間部のコースをとり、舞鶴市内も素通りして北陸路、 
ここは 福井県の小浜市、道の駅 「おばま」 、 この道の駅で車中泊ばしなかったす、、 
07 G9219741
オバマ大統領をもじった看板が面白かったんで、写真を撮っただけ~ d(^○^)  

予定では 約一週間前後で青森まで走り、9月下旬に北海道に渡る計画でした、
新潟の近くまで日本海側を走り、適当なところから内陸部に入り、会津あたりを通って仙台へ、、
その後 三陸海岸を北上して、大津波の被災状況を自分の目で確認しておきたかった、、 

予定というほどのものもなく、車中泊予定地も決めてなく そのときの気分しだい、 
まったく アバウトな旅なのでありました、 

旅に出て4日目、 9月21日、この日はどこと言って観光するでもなく 淡々と走り、富山市を過ぎたあたり 
滑川市というところで道の駅を見つけて、そこで車中泊しました、  



さて 現在の話、白内障手術のその後の状況ですが、術後一週間が経ち、ほぼ違和感はなくなりました、 
ほぼ・・・と言うのは、やはり 見え方 に慣れてなく、脳内の認識力が追いついていません、 
術後3日目に とりあえず現在の視力に合わせて、右眼だけメガネのレンズを替えました、 

術後一ヶ月くらいは経過しないと視力は安定しないと眼科さんに聞いたけど、それまで待ってられない、 
車やバイクにも乗るし、テレビも観たい、、
メガネ屋さんに行って、とりあえずのレンズとして "いちばん安い" レンズに入れ替えてもらいました、 

来週、左眼の手術をして、その数日後 同じように "とりあえずレンズ" を入れ替えてもらいます、 
その後 約一ヶ月して安定したところで、厳密に視力や乱視を合わせてもらって別のメガネを調製します、 
とりあえずレンズが入ったメガネは、スペアメガネとすることが出来ます♪  

しかしねぇ・・・・・ 思うに、白内障の角膜移植手術というのは、普通程度の近眼度数の人は 
手術で ほぼ 正常視力まで改善できるそうです、 
しかしながら おいらは 「牛乳ビンの底レンズ」 の ド近眼、 
眼科さんが言うには、ド近眼の人も正常視力まで戻すことも可能だが、違和感を強く感じるそうで・・・・・ 
つまり、数十年かかって 近眼の見え方に徐々に固定されてきた脳内処理が、変化に追い付けないということ、

現に、今 かけてるメガネは、左眼はこれまでのド近眼度数のレンズ、右眼は角膜移植で近眼を軽くした 
軽い度数のレンズが入ってる訳だけども、やはり 見え方に違和感 有り d(-_^)  

右眼だけで見ると、ものが大きく見えます、 
近眼用レンズは 凹レンズなんで、近眼の度数が酷いと それだけものが小さく見える訳ですな! 
度の強いメガネをかけてる人を前から見ると、メガネのレンズの中に見える顔の輪郭が内側に見えますよね、
遠視用メガネをかけてる人は、目が異常に大きく見えたりします、 
その逆の意味で、メガネをかけてる本人も、まわりのものがそのように見えていたんだと、いまさらだけど 
気付かされた次第、、  

来週火曜日に 左眼の手術をして、メガネのレンズを入れ替えると、左右の見え方が ほぼ 同じになります、
その世界がどんなか♪ 今から楽しみですね♪ 
おいらは緑内障も発症してるので、若い頃のように良く見えるとまでは考えてませんが・・・・・  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/22(火) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  眼の手術後、2日目の経過報告です~ ♪

気分的にもだいぶ落ち着いたんで、写真は2枚 挙げてみます、 ふたつの違った夕景です、
一枚目は 美瑛の有名な撮影スポット、「哲学の木」 です、、

01 VG702
赤く焼けた夕暮れを撮るつもりでスタンバってたら、全然赤くならなくて (笑)
しかし、こんな夕暮れも珍しく、絵になる写真が撮れるかなと少し期待してシャッターを押したものです♪


これは 道北、オホーツク海沿い、大牧場の夕暮れ、、 猿払(さるふつ)という地域です、
VA9299.jpg
背中側は東方向になりオホーツクの大海原、 西側は北海道の内陸方面となります、 
実際のところ、現場ではここまで黄金色の夕焼けではなかった す、
ホワイトバランス その他で画像を弄って、脳内印象色に近付けてみましたぁ~ d(^○^)b  


さて 手術翌日の今日、経過観察のため眼科さんに行ってきました、
そんなに痛みは感じないものの、ゴロゴロ感はあるのは仕方ないところか、、
確認の意味で、挿入した人工角膜の材質を質問したら、アクリル系のレンズだと教えてくれました、

人工角膜に移植すると 近眼が治ると聞いたけど、なるほど、レンズ状になってるんですね!  
もともと自分の角膜と同じ屈折率の人工角膜を入れても、近視の状況は変わらない、 
そこで、近視の状況を改善する方向で屈折率を変えた角膜を移植すれば、もともとの近眼が改善する訳♪
すごいもんですね~! コンタクトレンズを角膜として 眼の中に入れるようなもんなんですね!  

軽い近視の人は、メガネが不要になるくらいに改善するんだとか、、
しかし、近視度数が進んだ人、いわゆる "ド 近眼" の人は、ちょっと注意が必要なんだそうです、  

近視というのは、若いころから徐々に進行悪化し、その年数は数十年にもなります、  
その長い経過年数の間、その人の脳は "見え方" を徐々に調整してきた訳で、 
いきなり正常な見え方になると、その人の脳は混乱をきたすそうで・・・・・ 困ったもんですね、  

ということで その眼科さんには、ド 近眼のおいらには、正常視力に戻すことはせず、
軽い近視程度まで戻しましょうと勧められました、 
メガネ歴 50年以上のおいらは、メガネをかけることは苦痛でもなんでもありません、 
眼科さんの勧めに応じ、近視の度数を軽くする程度で改善してもらうことにしたんです、  
実は おいらの場合、緑内障もあるんです、
白内障の外科手術をしても 若いころのように見えるようになるとは思っていないこともありました、、 

まぁ、何はともあれ、手術で挿入した新しい人工角膜が馴染んでくるのは 一週間程度だそうです、
さらにその角膜での見え方が安定するのは 約一ヶ月後、 その頃にはメガネを新調せねばなりません、

おいらの場合、今回 右眼で、2週間後には 今度は左眼の手術も受けます、 
眼の見え方が安定し、メガネもそれに合わせて新調出来るのは、10月末から 11月頃ですねぇ (> <)
先は まだまだ長いです・・・・・   

しかし、最近の霞がかかったような見え方が改善され、クリアに見えるようになったら 
以前のように写真撮りの意欲も出てくるのかなと、大いに期待してます♪
また北海道にでも行って、自分で満足できる雄大で綺麗な写真を撮りまわりたい ( ^ー゜)b  
そんな願望をもって、現在乗ってる車、スバル サンバー ディアスを、こつこつと改造してます、、  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/17(木) 01:02:22|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  眼の手術を受けました、、

今日 15日、目の手術を受けました、 白内障で 角膜の摘出・挿入手術です、 
眼球のこの部分には痛みを感じる神経は無いので痛みはありせんでしたが、それでも目にメスが入る訳で、
怖かった!

今日は 右眼の手術、 2週間後に左眼の手術という段取りです、
昔は手術後 数日の入院ということで、亡くなった爺さんも 当時 3日ほど入院してましたが、
今は手術の技術も格段に進歩したのか、入院することなく 即退院、 術後数日の通院のみでいいそうです、

今現在、右眼はがっちりと眼帯でカバーされてます、
明日眼科さんに行き、眼帯を外して、保護メガネをかけるそうです、
おいらは ド近眼でメガネをかけてるんだけど、 保護メガネをかけると近視用メガネが使えない、
どうすればいいんだろ??

とりあえず今夜は 眼帯の上からメガネをかけて、左眼だけで見ることができるので、 
経過報告的な意味で 簡単にブログ更新しときます、、

PC画面をじっくりと見ることが出来ないんで、写真は一枚だけ上げときます、
2012年の北海道旅、初夏の頃の積丹半島、島武意海岸の絶景であります♪

BG6296791.jpg

  
眼がおかしくなったこともあり、写真撮りの意欲も最近はほとんど無く、車改造の記事用に写真を撮るだけ、、
こんな素晴らしい絶景を目の当たりにすれば、モチベーションがどうのなどと言ってないでしょうね (笑)

また 北海道の写真撮り旅に行きたいと思ってます♪
時期はまったくの未定、 来年になるか、その先になるのか・・・・・  
そのためにも 眼はしっかりと手当てしておきたいですね、 自分の車での車中泊旅になるんだから♪

いつとは知れない その超長期旅に備えて、今 ぼちぼちと続けてるのが車中泊旅用の自己流の車改造です、 
改造・・・・ とは言っても、それはささやかなもの ( ^ ^ )  
車検のときに 大騒動して初期状態に戻すのはイヤだし、そこらへんのところも考えながらの プチ改造、、 

2年前の北海道車中泊旅で一番困ったことが、電源関係でした、 
携帯の充電は、シガーライターソケットからの日中走行中充電でまかなえたけど、 
車のスペアバッテリーへの充電は出来なかった、、 インバーター機器の能力不足が原因・・・・・  
車の12ボルト直流電源から取り出す 300ワット程度の交流電源では、
車のバッテリーに充電する充電器が作動しなかったんですわ、 

で、 その旅の途中に思ったのが、次回の長期車中泊では ソーラーパネルを天井に設置しようと、、  
帰ってきてから いろいろと調べたもんです、 システムはどう組めばいいのか? 価格は? 

その結果、ソーラーシステムは断念することにしました (> <)
ソーラーパネル、ルーフキャリア、充電コントロール機器などの値段を合計すると結構な高額になるし、 
なによりも 電気関係の知識がほとんどないおいらには とても無理だなと感じてしまったから、、 

走行中に発電・充電する もともと車のエンジンに付いてる発電機とは別に取り付ける発電機があるらしい、 
そこらへんのことに詳しいブログお友達さんに教えていただいた、 次回の旅は この方式でいこうとおもう、
夜、停車中に使う電気と言えば、パソコンを使うときのみ、 
ミニ炊飯器は、走行中に炊くように気がければ良さそうだしし、ワンセグ視聴も長時間はしない、、
ソーラーシステムを設置しなくても、何とかなりそうだと思う、 楽観し過ぎるかな??


最近やってる改造は、天井スペースを利用した 棚、
前回も ドミンゴに棚を設置して出発したけど、いろいろと工夫すべき点が見つかった、 
その経験を生かして、今回は満足できそうなものが出来上がりそうであります♪ 

きょうは 眼の手術を受けて、気分はブルー・・・・・・  
写真をPCで調整することは難儀だけど、文字入力は左眼だけでなんとかできました、 
思い付くまま 雑感としてブログ更新しました、、   
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/16(水) 01:27:30|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

   アームレスト、とりあえず 完成♪

稚内港北防波堤ドーム であります、
2年前のこの日、長期旅の 中やすみ休日とし、のんびりと散歩などをして過ごしました、

01 GK54


昔、稚内から樺太への定期航路があった頃、つくられたものだそうです、 立派な建造物ですよね、
02 KR58


おいらが子供の頃 テレビで見た外国ドラマ 「タイムトンネル」 を何となく連想したりして、、
03 KM59


てっぺんに、カモメ(ウミネコ?)が羽を休めていました、
04 KSA60


このときは晩秋の時期でほとんど人も居なかったけど、夏の季節にはこのドームの中にテントが並ぶらしい
05 KZ257
チャリダーやバイクライダーの旅行者が、このドームの中にテントを張って 泊するらしいです♪



さて、さて、アームレストの制作記事であります、
設計図もなく 現場合わせで板材を切って箱状に台を作り、コンソールにセットしました、
06 GCE58


つっかい棒のようなものは、何か淋しいので取り付けたもの、 実際、あまり効果があるとは思えない (笑)
07 GYX64


コンソールのスイッチ用スペースで空いてる部分があったんで、お遊び半分で付けてみました、
08 GA062


角材を削って、凹みに合わせて・・・・・
09 GQN63


見てくれは良くないけど、これでいいんです、、 実用本位 (笑)
10 GRQ59
色はあとで、黒系統のスプレー缶で色付けして まわりに馴染むようにします、


実は この高さになるまで、2回作り直したんですよ、 
11 UA49

駐車した状態で高さを決めて それで固定してみても、実際 試運転で走行してみると なんでか低い、、
好みの高さに作るのは難しい・・・・・ とりあえずは この高さでしばらく使ってみます、

マクラ部分に、モコモコ生地の布とかタオル地の布を置いて使います、
夏の暑い時期はタオル地、冬の寒い時期はモコモコ生地のものが気持ち良いようです ( ^ ^ )
今は ひざ掛け・・・・なのかな? すこしモコモコ系のものを置いてます、


明日 15日、いよいよ白内障の手術です、 記事コメントを書くにも あまり気が入りません (> <)
普段からあまり面白くもないブログだけど、ますます面白くないものになってます、 申し訳ない。。。。。
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/14(月) 12:17:11|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  アームレストを作ってみよう♪

2年前の北海道車中泊旅、九州を出て2週間、毎日車で走り続けてきて 全然休みをとってなかった、
北の果て、稚内に無事たどり着いたということもあり、まる一日 稚内でオフの日をとることにしました、
オフ・・・と言っても、駐車場に車を停めてのんびりと過ごし、買い物に行ったり散歩するくらいだけど (笑)

車を停めたのは、道の駅 「わっかない」 、 JR稚内駅と一緒になってるような駐車場で、
道の駅の駐車場なのか、JR駅の駐車場なのか、よくわっかない (笑)
01 KE254
おいらのクルマは、右から2台目、シルバーの小さいワゴン車です、


駅前の車が乗り入れられないようになってる広場には、このようなモニュメント線路が。。。
02 GP148
稚内が北の終着駅ではなく、心は 樺太、ロシアに繋がってると言いたいのかなと思った、、


まる一日 稚内に滞在したいと思った理由のひとつが、建物内の観光案内所にあったインターネット回線、
03 GX147

無線LANが繋がる所は割とあるんだけど、有線ケーブル回線が使えるところはほとんど無い、
旅に出てから おいらのPCは何故か無線LANが使えなくなった、 
インターネットに繋ぐことが出来ず、ずいぶん寂しい思いをしたものでした、
ひさしぶりにここで、腹いっぱいインターネットが出来てうれしかった♪


散歩として、歩いて波止場方面へ行ってみました、 波止場側から駅方向の眺め、、
04 GJ155
インターネットが出来ず、情報収集も出来ないままの旅で走ってきて知らなかったんだけど、 実は
近くにいいキャンプ場があったみたいなんですわ、
この写真の右手方向、小高い山の中に 「稚内森林公園キャンプ場」 という所があったらしい (> <)
知ってたら、そっちの駐車場で車中泊したのにな・・・・・・


海岸には 有名な建造物がありました、 「稚内港北防波堤ドーム」
05 GT152
すごい建造物ですね! このあと時間もたっぷりとあるし、のんびりと 作品風 に撮影してみました♪
次記事で すこしアップしてみます ( ^ ^ )



さて、今や ライフワーク(?)となった感がある、クルマのプチ改造です♪

おいらのクルマには、センターコンソールに肘掛け(アームレスト)は装備されてません、
買い物などの街乗り・チョイ乗りではあまり必要とは思わないんだけど、丸一日運転し続けるような 
車旅のような長時間運転では、アームレストの有る無しで 疲れ方が全然違います、

前のクルマ、ドミンゴでの北海道旅では直前に 突貫工事で自作して、なんとか間に合わせて出発しました、
急いで作った割には なかなか快適な使用感で、ずいぶんと助かったと考えてます、
ということで、クルマが替わった現車、ディアスにもアームレストを付けます、

車種が変わるので、もちろんセンターコンソールの形も違います、
こちらの方が大きいみたい・・・・ うん、 横幅は確実に大きくなってる、
06 G7L37
いろいろと じっくり考えて、この物入れトレイの部分を活用することにします、


これは 前車ドミンゴの様子です、 作り込む時間がなかったんで、固定までは出来なかった、
07 GB217
簡単に足様のベニヤ板をつけて、コンソールにそのまま被せただけ、
偶然と言うか、それでもぐらつくこともなく、問題ない使用感でした、
今回はじっくりと作り込んで、コンソールにネジで固定してしまいます、


まず トレイ部分の凸凹を調整して、平らな面をつくります、
08 G71Y8


仕上げにベニヤ材を敷いて、完璧に平らな面にします、 これが土台になるわけで、、
09 G7R39


これが今回作ったアームレスト本体、 マクラ部分は 前回のものを足を取り外して流用♪
10 G715U

このマクラ部分の中には 古い座椅子をばらして出てきたスポンジや、銀マットの切れ端・端材が入ってます、
それを厚手のカーテン生地でくるんで、土台となるベニヤ板にネジやタッカーホチキスで固定したもの、

見た目はさえないけど、固さ柔らかさも絶妙で快適なものです、
11 G15K2
見てくれは芳しくないけど、いいんです♪ 実使用では この上に気分によって被せて使います、
夏の汗ばむ季節には、タオルケットなどをたたんで載せ、涼しくなると もこもこ起毛生地のひざ掛けなど、、
この快適さは、使ってみなければ分かりません (笑)



ところで、目の手術(白内障)まで あと一週間となりました、 心配で 気もそぞろであります (> <)
大手術ではない・・・・ とは言っても、やはり、 ねぇ・・・・・ 楽しいことではないのは確かな訳で、、

心配で 心配で、落ち着かず、ブログ更新も間延びしがちになってきてます~ m(_ _)m
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/08(火) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  カーナビ台、またまた作り直しということに、、、

2年前、北海道を訪れたのは 9月末から 10月末までの、約一ヶ月間でした、
おいらの地元九州では この時期はお天気の日が多く、とてもいい時期なんだけど、このときの北海道では 
晴れの日は少なく、曇りがちの日がとても多かった (> <)
道北地域を訪れたのは 10月初めのこと、 雨模様の美瑛・富良野を嫌って道北に逃げたんだけどなぁ、、

JR宗谷本線の終着駅 稚内から、3つ手前の無人駅 「勇知(ゆうち)駅」 駅舎
01 KO2F3
古い客車を2分割(3分割?)して 待合室に改造したもののようです、
厳冬期の北海道は寒さが厳しく、鉄道にしてもバスにしても、待合室が吹きさらしでは命にかかわる、
木造駅舎の跡らしいものも残ってます、 木造駅舎が朽ちたんで 代わりに設置したものと思われます、


「勇知駅」 の次の無人駅、 「抜海(ばっかい)駅」 日本最北の無人駅として有名?
02 KUST7


駅舎のまわりに住宅街がある訳でもなく、自販機すら無い、 車もほとんど通らず 静かなもんです、
03 KP1Q1
その 異常なほど静かな無人駅が心地よいと、知る人ぞ知る名所となってます♪


抜海駅は海岸から数キロ、内陸部へ入ったところ、、 海岸に走り、抜海漁港へ行ってみました、
ちょうど日没のころ、 雲が多くて 夕焼けは見れなかったけど、それなりに雰囲気のある写真が撮れました
04 KB1V4


晴れてれば この写真の左側に 利尻富士 が見えるはずなんだけど、ご覧の通り 見えず、ざんねん。。。
05 GD1X4


この日の泊予定は、道の駅 「わっかない」 、しかし これが・・・・・ 洒落じゃなく わっかない (> <)
カーナビで何度設定しても稚内駅にたどり着く、 なんでだ~?

何度かぐるぐる周ってやっと気が付いた、 JR駅と道の駅が同じ建物の中に同居してたんだぁ・・・・・
持参してたノートPCがネットに繋ぐことが出来ず、事前のリサーチもないため 完全に情報不足が原因、
06 KZZ12

とにもかくにも駅の駐車場に車を停め、稚内駅の探索、、
すごく新しい建物で、出来てから数年も経ってない感じでしたね、 そして大きくて 広い!
建物内には JR駅や道の駅をはじめ、観光案内所、レストラン、喫茶店、そしてなんと! 映画館まで、、

観光案内所にはインターネットLANの設備があり、しかも おいらには有り難い有線のLAN♪
おいらのノートPCの無線LANが、旅に出てから何故か繋がらなくなり、ずう~っと ネット難民だった、
夜8時にはネットコーナーは閉鎖するということで、時間まで目いっぱい使わせてもらったもんです、

国内鉄道最北端のモニュメント
07 K5C27

九州から旅に出て 二週間、毎日ずっと車で移動を続け 少々バテ気味、 そしてなによりも この駅では
インターネットが出来る嬉しさに、休養を兼ねて翌日も同じ場所に車を停めて、車中泊二連泊となりました、



さて カーナビ台であります、、
自分にとっては目からウロコの設置方法を見つけて、その方法にて設置するように変更することにしました

ディスプレイ画面をカーナビ台に直置き設置するのは、画面の振動などでちょと都合がわるい、
で、画面置きを端材で新たに制作しました、 クッション性のあるシートでくるんでます、
08 RG132


ディスプレイ画面をこういうふうに置くようにします、
09 RYS28

この新たな設置方法を知るまでは、吸盤で台に固定して直立させる方法だったけど、これには問題があった
ディスプレイ画面が重く、重心が高くなるのに、吸盤は柔らかいプラスチック素材、
路面状態が悪い走行時や、左右へのカーブがきつい道路では、いきなり外れて落下することがあった、

だから、最悪吸盤が外れても 落下まではしないように、工夫をしなければと考えてた、
ディスプレイ画面の後ろ側に ひも でも取り付けて、ダッシュボードのどこかに引っ掛けておくとか、、

しかし この新しい設置方法を知ったことで、そんな心配も まったくしないでよくなりました♪
なんせ、重心がとても低くなるから 安定性がすこぶるよろしい ( ^ー゜)b
吸盤が外れて落ちる心配もしなくてよい、

こんな感じになります、
10 GS01


作り始めたころは直立式で考えてたんで、テーブルの形が合わなくなりました (笑)
11 GY073


テーブルの形を 新しい設置方法に合わせて、また 若干の作り直しをしようと考えてます、
12 GS00
右側を削り、中央部の幅を増やし・・・・・
とりあえずはこのままで、またいつか、手を付けます、 簡単なことなので すぐできるかと ( ^ ^ )


写真を撮ってるときに何かの視線を感じ、ふと気付くと 黒ネコちゃんが じっと見つめてました、
13 G519


『このオヤジ、毎日 なにやってんだろ?』 とでも思って見てる感じでした (笑)
14 G7018


現在進行中の工作は、後部天井まわりに棚を作り付けるための "土台作り" をやってます、
クルマの外殻は薄い鉄板、天井の内貼りは強度は弱い素材、 そのままでは棚は取り付けられない、
丈夫な棚を作るには、その土台となる 足場 をなんとか考えんといかんのです、

天井の内貼りを外し、車体外被鉄板との間に 足場の元になりそうな部分を見つけて、目下 苦戦中 (笑)
それは あとあとの記事にするとして、次の工作項目は すでに完成しているアームレストをいきます♪
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/01(火) 00:10:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (38)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (155)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR