夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  積丹半島の奇岩

この記事の写真は 2012年初夏の北海道旅のものです、 
それまでの旅では、道央・道東中心の撮り旅だったんで、まだ足を運んだことのない場所を開拓、 
北海道西部、積丹半島に向かってみました♪ 
積丹半島と言えば 昔、かれこれ 30年くらい前に、新婚旅行で余市を訪れたことがあるような? 
でも そのときの写真もなく、記憶もほとんどないという・・・・・ 

                          【 この記事の写真は 2012年 6月29日 の撮影です 】

この日の目的地は 神威岬です、 積丹半島に入り 余市を過ぎたあたりで海岸線の道になります、
1G6W45.jpg
波もなく、穏やかな海ですね~♪


穏やかな海岸に、ウミネコ(カモメ?)の群れがいました、 
2G62Y6.jpg
ウミネコ と カモメ はよく見ると区別はつくようだけど、見分け方をすぐに忘れてしまいます、

このときは 札幌在住の写真お友達さんに案内してもらいました、
そのお友達さんが言うには、神威岬へ行く途中に とても面白い撮影スポットがあるんだとか、、 

通り道だし 寄ってみようということになり、脇道に入ると、この穏やかな海辺の景観、、
3G62T9.jpg
そして、この穏やかな風景の右側に、びっくりするような風景があったんです! 


積丹半島の奇岩のひとつ、「夫婦岩」 (めおといわ)であります、 
4GR9B6.jpg
波打ち際から近く浅いところにあるんだけど、右側の岩はともかく、左側の岩が凄い! 


下端が極端に細くなっており、まるで コマが水面上で回ってるみたい、、 
5G62Q9.jpg


岩の上では ウミネコ(カモメ?)が羽を休めていました、 巣でもつくってるのかな、
6G6U6S.jpg
この場所は快適でしょうねぇ、 人間は寄り付けない場所だし (笑)  


しかし まぁ、波の浸食によって ここまで足元が細くなったと思うけど、自然の成せる業は凄いね!
7GA9E7.jpg
岩の重量は数トンはあると思われ、人工的にこのように立てることは まず 不可能でしょうね、、


この脇道の先にはトンネルがあり、そのトンネルは塞がれており通行不能、、
8G4TY5.jpg
実はこの道は 昔使われていた旧道で、今は新しく広い道が山手の方に造られています、 

だから 普通の観光だったら気付かずに素通りしてしまう隠れスポットと思われ、
ここらへんに詳しいお友達さんに案内してもらって、かんしゃ、感謝♪  

波打ち際の海藻も凄かった! 水中に潜ったら深い森のようで、怖くなるような光景でしょうね、
9G1C62.jpg


案内してもらったお友達さんが言うには、もう一ヶ所、隠れスポットがあるという、、
車で少し先に進んだ海岸に それはあるという、、 もちろん連れていってもらった♪  
AG6P88.jpg
この風景だけでも、北海道らしい素晴らしい風景ではあるけど、この左手に・・・・・


これです~♪ 積丹半島の奇岩、「ローソク岩」 
BG4T67.jpg


すぐ近くにあるように見えるけど、実は岸から 500mほど沖合いにあり、岩の高さも 46mだとか、
CG5UZ2.jpg

見た感じ、ローソクのように見えるから ローソク岩 という名前がついたと普通考えるけど、実は違う、
昔、ニシンが大量に押し寄せてたころ、ニシンのウロコが岩に張り付いて光ったからという説があり、
また 昔は今のような形ではなかったそうです、 

昭和15年の大地震の津波により、半分に割れたんだとか! 
それ以前は タケノコのように ずんぐりと丸い形だったそうです、
しかし この形、落日を岩の先端あたりに構図できれば、それはまさに ローソクになりそう♪ 
じっさい、そういう写真もありますよ~ ( ^ ^ )  

この海岸線の道路も、実は新道開通により閉鎖された道です、
今はこのように、道路上にまで雑草がはびこって・・・・・   
DG5466.jpg

この手前に 高いフェンスを張って入り込めないようにしてあったけど、このときは 
誰かが開けたらしい大きな穴があって、そこをくぐってここまで歩いてくることができた、
現在はその穴も補修されて、この場所には入れなくなってる可能性が高いなあ。。。。  


  ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆ ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・

さて、車の車中泊仕様への改造ヲタ話し (笑)  
ずっと前のブログ記事で、後席シートは取り外さず、折りたたんだ状態で と書いたけど、 
最近になって、取り外して そのスペースも活用することに決めました、 

改造作業をチンタラやりながら いろいろ考えるんだけど、ふと、ゴミのことに気付いた、 
車で生活すれば 当然 ゴミは出てくるわけで、捨てるまでの間 どこに置いておくかという話、、

ゴミのほとんどは食料品のパッケージやトレイがほとんどではあるけど、まとまれば場所をとる、
においもするだろう、 極力捨てることに気をつかうけど、どうしても溜まることもある、
そんなとき、車内のどのスペースに一時置いておくか?  

3年前のドミンゴでの長期旅では、コンビニ袋にくるんで車内の隙間に置いておいたけど、 
目について散らかり感盛大だし (笑) あまりよろしくない、、
で、 後席シートを取り外し、そのスペースに小さめの衣類ケースを置いて それに入れることにした、

折りたたんだシートを取っ払うんだから、当然のことながら その床面の造作が必要になってくる、 
適当な間隔で角材で足をつくり、その上にコンパネ板を置いて床面とします、 

ディアスは軽のワゴンだから その室内容積は限られたもの、 長期車中泊旅には 必要最低限クラス、 
旅の間中 快適に過ごすことを考え始めたら、次から次と手を入れたくなってきます (笑)  

ところで ディアスは現在、車検で工場入院中だけど、なかなか帰ってこない、 もう一週間以上、 
車があればあったで、何となく改造作業にはとりかからないんだけど、無いと逆にやりたくなっちまう、 

旅に出られるかどうかも、まだはっきり決まってないのにね~ (笑)  
     
     

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/25(木) 00:10:01|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  美幌峠、屈斜路湖、摩周湖 ( ^ー゜)b

え~と、自分は北海道にはこれまで 何度も写真を撮りに渡ってます、10回まではいってないけど (笑)
初めの頃は今考えると "お約束" のミーハー的観光の比率が高かったように思います、 
近年は、メジャーな観光地はできるだけ避けて、自分好みの風景を探し出すように心がけてるけど、、 

この記事の写真は、その初期の頃の北海道旅のものであります、

                          【 この記事の写真は 2009年 6月25日 の撮影です 】

なんと、なんと、7年も前の旅になるのかぁ・・・・ 感慨深いものがありますねぇ、
1-AL6R3.jpg
北海道観光旅行の定番、道東美幌峠からの屈斜路湖の眺めです♪ 


さすが北海道、 観光客の人たちも 感嘆の声しきりであります ( ^ ^ ) 
2-A6UW6.jpg


35mm判換算で 18mmとなる超広角レンズで撮ってます、このくらいの超広角でないと 画角に収まらない、
3-P2E53.jpg


この日は初夏の とても良い天気でした、、 次に 摩周湖に向かってみました♪ 摩周湖第一展望台、
4-P2B66.jpg


ここでも 観光客は、眼を見張るほどの絶景に大歓声 ( ^ ^ )  
5-A6S27.jpg


湖のほぼ中央に浮かぶ カムイシュ島(中島) 、 
6-A5X68.jpg
思うに 摩周湖の絶景は、この 中島 があるおかげで、より際立った絶景になってると感じますな、
厳冬期に湖面が結氷すると、この島まで歩いて渡れるそうです、 
もちろん 観光客が行ける訳もなく、学術調査などの許可された場合だけどね、、 


第一展望台からは少し離れた場所にある 「摩周湖第三展望台」 からの眺めです、
7-P5F43.jpg

摩周湖には、第一、第三、そして 裏摩周展望台があります、 
第一、第三があるってことは、第二展望台も過去あったはずだけど、今は無い、、 

第一展望台は 駐車場有料になってます、 500円だったか、 第三、裏摩周は無料、 
しゃくにさわるので、その後 摩周湖第一展望台には登ってません、 近くを通っても素通り (笑)

しかし それにしても、摩周湖の景観は凄いですね♪ 
8-A6N29.jpg


晴天で、風もなくて湖面に波がたたなかったんで、雲が見事に湖面に映ってます ( ^ー゜)b 
9-A6T22.jpg


第三展望台へ向かう通路部分、 ここらへんからの摩周湖の眺めも素晴らしかった♪ 
A-P6H47.jpg

しかし、7年前の撮影ともなると、さすがに画像がイマイチ、、 自分で見てそう感じます、 
画がなんとなく平板的・・・・ 立体感をあまり感じない? 
カメラが古いってこともあるけど、なによりもおいらのウデが無いのが原因でしょうかね (笑) 

今現在持ってるカメラで 今撮影できれば、もう少しは雰囲気豊かな写真が撮れそうな気もするけど、、


  *・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.

さて、先日 テレビで、有名な女性風景写真家、米美知子さんの撮影スタイルを見ることが出来ました、
参考になることも多々あり、さすが プロだな! と感じ入るところもありました、 

なかでも 一番共鳴できたところは、その撮影スタイルです、 
女性でありながら、なんと! その撮影行は車中泊がメインだというんです、 
クルマは 箱型ワンボックスの三菱デリカ ワゴン、 その車に撮影機材一式、車中泊用品を積み込んで、
日本全国を撮りまわってらっしゃいます、 
おいらと同じ考え方、撮影スタイルで、とても嬉しくなっちまったなあ ( ^ ^ ) 

しかし その車内の様子は・・・・・ おいらから見ても あれま! と思うほど一考の余地あり d(-_^)  
デリカ と言えば普通車ワゴン、おいらのドミンゴやディアスとは それこそ 格の違う広さがあるはず、 
その余裕をぜんぜん生かしきれてなかったですな、、 

サイドとか天井に収納部を多く造り付けて、すっきりと収納を考えないと整理はつかない、、 
おいらとは比べものになにないくらい資金はあるはずで、自分ではできなくても 業者に頼めるはず、 
もし自分にデリカを与えられたら、すごい "住みやすい" 車中泊仕様の車に仕上げるのにな♪ と思った、

おいらには資金が無いから、クルマも軽ペース、広さ・容積は必要最低限クラスでしかない、 
キャンピングカーと言うと、ミニキッチンや簡易トイレ装備を連想するが、そんなものも一切無い、
自分では 『移動するカプセルホテル』 という考えで、割り切って改造をやってます (´・ω・`) 
夜 寝るだけ、プラス 旅行用品の収納がすっきりと出来ればよいという考え、 

食事は調理不要のものを買ってきて車内で食べたり、たまには外食、 トイレは道の駅、
それで数ヶ月単位の車中泊は十分に可能♪  
旅の当初 数日は何となく不便に感じることもあるけど、一週間もすると快適に思えてくるから不思議 (笑)

米美知子さんも番組中でコメントしてたけど、ネイチャーフォト撮りには車中泊は最適、かつ合理的なんですわ♪
時間に縛られず、場所も思うがまま、 防犯上 若干の心配はあるけど、それさえ目をつぶれば、、 


ひとくちに 車中泊 とは言っても、そのスタイルにはいろいろあります、 
おいらや 米さんみたいに、写真撮影のために車中泊というのは 少数派だと考えてる、
車で旅をする、そのことを最大限楽しむための車中泊というのが、主流なんでしょうねぇ、、 

そういう人たちは 車上生活環境の向上のために、より大きめの車種を選択したり、
キッチンや簡易トイレなどの装備を積み込んだりしてますな、 
そして 車中泊場所も道の駅よりか、キャンプ場を主として選び、そこに居合わせた人たちと交流♪
それも とても楽しいものです♪ 

おいらは 自分で満足できるネイチャーフォトをゲットするために旅をします、 
そのための最適の方法として車中泊がある訳で、自分なりの改造をすすめてます p( ^ ^ )q
自分が使いやすく、便利な環境に改造することも、今の自分の生きがいのひとつになってます、、 
     
     

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/21(日) 23:00:22|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  千望峠の夜明け、初冬

この日の早朝、上富良野 千望峠での日の出風景を撮るべく、車中泊したスパ温泉ホテルの駐車場を出発しました、 
一日目は台風避難のため こちらのホテルに宿泊、二日目と三日目は駐車場に車中泊ということです、
宿泊は 天国のように温かくて快適♪ できれば連泊したいところだけど 旅費倹約のため仕方がない、
まだ暗い 午前5時頃に出発・・・・・ 

                          【 この記事の写真は 2013年10月19日 の撮影です 】

中富良野の駐車場から千望峠までは、普通 20分くらいの距離だけど、この朝は これこの通り、もの凄い濃霧!
1-GWE9.jpg
ヘッドライトも効かないほどで危険なため、ゆっくりと走らざるをえず、到着したのは 5時半頃、 


道端には びっしりと "霜" 、 いかに寒いかがわかりますね、 おそらく 気温は 0度前後、
2-GJU81.jpg


千望峠の公園駐車場です、 おいらと同じように日の出見物の車が 5~6台、
3-GQA92.jpg
写真を撮るでもなく、ただ見物に来た人も居たようだった、


しかし、本格的に写真撮影のために来てる人も居るもんで、凄い! 車の屋根に上ってる!
4-GCZ194.jpg


ごっつい三脚にセットされたカメラは とても大きい本格派で、ペンタックスの 645D だった、 
5-KE94.jpg

日の出時はかろうじて霧が下がり、このようになんとか日の出シーンを撮影することができたけど、
その後はまた霧が上がって(増えて)きて、駐車場のあたりも見通しがきかないくらいになった、

美瑛・富良野地域は山脈に囲まれた盆地状の地形になっており、年間を通して朝霧が発生する、
晩秋から冬は気温の低下と気温差で 特に濃霧となる、 しかし ここまでの濃霧は想定外の濃さだった、
下界の上富良野市街地からの高低差は、100数十メートルくらいか、 
この峠まで覆い尽すほどに霧が多いとは、正直 驚いた、 

駐車場からの展望がまったくきかないんで、すこし下の方にあるおいらの定番ポイントに降りてみる、 
6-G1IA9G7.jpg
とうぜんのことながら 更に霧は濃くなる訳で (笑) なんじゃら幻想的な風景、、


駐車場と おいらの定番ポイントの中間にある公園部分、 
7-GQ9D11.jpg


ここだと なんとか写真は撮れそうなんで、霧明け待ちの時間つぶしに撮ってみた、
8-GP9F9.jpg


公園のベンチテーブルに掛けてあるブルーシートにも、霜がびっしり、、
9-GU1K8.jpg


しかし 日の出から一時間くらい経っても霧が晴れない、 車の上のカメラマンは まだ頑張ってる、
A-K9C4R.jpg

こちらから話しかけて すこし話をすることができました、
70代くらいの老夫婦で、倉敷から毎年 北海道にやってきてるとのこと、 
道東のサロマ湖の近くに月単位で借家して過ごし、時々 このように北海道内を遠征してるらしい、 

「すごいカメラですね♪」 と聞くと、
昔使ってたフィルムカメラのレンズがあり、それが使えるカメラがこれだったから、という答えだった、
安全に屋根上に上って写真が撮れるように、ルーフキャリアも補強したそうだ、 すごいね! 


そうこうしてるうちに、『あんたぁ~、できたよ~』 の声、 奥さんが朝食を作ってた ( ^ ^ )
B-KF1O3.jpg
この奥さんも、キヤノンのキスデジを手にして写真を撮ってた、 
頼んでも一緒に旅についてきてくれない我が家のカミさんとは違うなぁ・・・・


なかなか霧が晴れることもなく、くだんの老夫婦もいつしか駐車場を出ていって・・・・・ 
おいらもあきらめて美瑛の他の場所をぶらぶらとまわり、3時間ほどして千望峠に戻ってみると♪
C-G9S1UY.jpg
霧はすっかり晴れて、この展望であります~ d(^○^)b 


早朝の霧の風景でここを後にした人は、こんな清々しい風景も見られるとは想像できないだろね、
D-GV1T7.jpg

また、日中のこの風景だけを見た人は、早朝の霧の幻想的な風景も分からないということに。。。。 

まさに 写真は一期一会だということを実感するわけで、そのときの景観だけがすべてではないと、、 
その場所の真の風景をとらえたいと思うなら、急ぎ足で撮り回ったら不十分ですよね、 
じっくりと腰をすえて 自然と向き合わないと ( ^ ^ )  

この日は想定以上の濃霧でうまく写真をモノにすることが出来なかった、 
そこで もう一日、この場所で粘ってみることにしました、 少なくとも 今朝よりは霧も少ないはず、

頑張って千望峠の駐車場で車中泊して狙ってみることにしました、 
結果・・・・ まぁ、成功だった、、かな f( ^ ^ ) 

その写真は、また後日にしましょう、 美瑛・富良野の写真が続いてるし (笑) 
他の地域の写真を探してみますね~  


  ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜

ところで 最近はずっと、次回長期旅に備えて現車ディアスの改造をぼちぼちとやってるところですが、
改造案の参考になるかなと、「ディアス 車中泊」 をキーワードとしてネットで検索してみました、 

その検索結果の項目の中に 写真画像一覧の項目があり、何気にクリックして見ていました、 
数十枚連続してクリックしていくうちに、突然指が止まって固まりました! 

『あれっ? この写真見たことあるような・・・・  あっ! これ 俺の写真じゃん!!』
E-GQA73.jpg
その画像が これ ↑  
しかも ディアスではなく、前車ドミンゴの写真なんですわ! 

北海道の長期車中泊旅から帰ってきて 次の車 ディアスに代替え、旅の経験をもとにして 
さて どのように改造していこうかと、ブログで考えていた記事で使ったもの、
ずいぶん前の記事で いきなり自分の目の前に現れて、とても驚いてしまった、 

まぁ・・・ なんと言うか、チンタラチンタラとのんびり(過ぎるほど)やってるという証か (笑) 
けどね、旅そのものももちろん楽しいんだけど、計画してるときも また楽しいんですわ ( ^ ^ ) 

今現在、そのディアスは入手してからちょうど2年、車検でドックに入ってます、 
今 取り組んでるのが、リヤスピーカーボックスの製作と取り付け、 まだ 道半ばです、 

前回の北海道旅では 何故かカーステレオが故障、ラジオすら聞けなくて淋しいおもいをした、 
次に行くときは、4スピーカーシステムで がんがん鳴らして行くぞ! という願望有り d(-_^)

しかし スピーカー製作・設置なんてのは、やったこともなく 門外漢なんで分からず、
ユニットそのものを置けば音が出るのかな、と 安易に考えていたものです、 
ところが、実際に仮置きして鳴らしてみたところ、その音は酷いもので (笑)  

いちおう 音は出るけど低音がまるで出ない、 
シャリシャリとした中高音のみで、しばらく聞いてると頭が痛くなってくるような・・・・・  
それで、やはりそれなりのスピーカーボックスに納めないとダメなんだなと思い至った、 

設置場所は 車内後部左右に吊り下げ式と決めて、いま試行錯誤してます、 
普通の四角形の箱ではデザイン的に違和感があるので、スペースに合わせた超変形ボックス、 
すでに造り付けてる車内天井棚の下に吊り下げます、 

エンクロージャー形式は、これまた変形のバスレフ方式を考えてます、 
おいらの好みは、腹にズンとくるよえな低音ストリングスの豊かな響き、 
そのためには密閉式よりバスレフ式がいいみたいですな♪ 
開口部は常識的な前面ではなく、後面にしてみます、 後部ガラスの反射も利用できないかと、、 

はてさて、いかなることになりますか♪ 
ボックスの容量とか、バスレフ部の長さとか、複雑な計算式があるみたいだけど、そんなのは無視! 
我流で 行きあたりばったりで作っていきます、 楽しみながら ( ^ ^ )  

そのうち、そんな製作記事もブログに上げていきますね~♪ いつになるか分からないけど、、 

今回は、超長文のブログになってしまいましたね、 お付き合い ありがとうございました m(_ _)m
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/17(水) 16:26:21|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  冬の晴れ間、美瑛・上富良野

美瑛の初雪の翌日、めっちゃ寒いながらも 写真撮り的には青空のとても良い天気になりました、 

                          【 この記事の写真は 2013年10月18日 の撮影です 】

車中泊させてもらった 中富良野の温泉スパホテルの駐車場、おいらの車は右端に写ってます、
1-G9Y2.jpg


とっても広い駐車場で、千台くらいは停められそう、、
2-G7O4.jpg

実はこの年、前々日(16日)の夜から前の日(17日)の朝にかけて、大寒波を伴った季節外れの台風に遭遇、
危険なのでやむなく、このホテルに避難宿泊、 
素泊まりで 7千円、貧乏旅行ではとても痛い出費だけど、命の危険もあったんでやむをえないところ、

そして、次の日とその次の日は 宿泊ではなく、旅資金の倹約のため こちらの駐車場で車中泊、、 
しかし ねぇ。。。。 このときの車中泊は、滅茶苦茶寒かった、死ぬかと思ったくらい (> <) 

旅の準備を始めた頃は真夏で、寒さのことはまったく考えてなかったんですわ、、
雪がちらつく前に北海道を離れるつもりだったし、寒くても厚着して毛布を重ねればしのげるかと、、
その考えが甘かったことを痛いほど実感させられたものです、

少なくとも、シュラフ(寝袋)くらいは用意しとくべきだったと反省、 
車の窓ガラスの断熱対策も十分ではなく、明け方には窓ガラスからの冷気が半端ではなく、参った! 
寒さで寝付けない経験をしたのは初めてのことだった、 


まぁ、とにもかくにも何とか寒さを我慢して撮影に動き出しました、
まず向かったのが、上富良野の千望峠という知る人ぞ知る、知らない人は知らない (笑) 景勝地です、
3-G2G91.jpg
この時間は 午前9時頃だけど、下界の上富良野市街には まだ 朝霧が残ってます、


撮影してると、んっっ? 足元近くに 何か動いてるものが? 
4-K7U9.jpg
あれぇ~、小型の馬さんが一頭、木に繋がれてる、、 


近くに降りてみると、これは ポニーという小型の馬さんですね♪ 
5-KW78.jpg
実はこのポニーちゃん、その後数日、何度も見かけたけど、同じ場所にずっと繋がれてた、 
この寒波の中、寒さをしのげる小屋もなく、エサも与えられてる様子もなく、繋がれっ放し、、 
足元の雑草を食べるだけで、よく生きてるもんだと驚いた! 


下界は朝霧が残る上富良野の市街、その向こうの山並みは十勝岳連山であります、
6-K1P56.jpg
千望峠は東にむかって開けており、日の出はこの山並みから昇ってきます、 
よしっ! 翌日の朝は がんばって、霧の雲海を前景に昇ってくる日の出を狙ってみようと決心した次第、 


畑の一角には 収穫された甜菜(てんさい、ビート)が野積みされてました、 
7-K8E62.jpg
見たところ 数トンはあるのかなあ、 これで どのくらいの砂糖がとれるのか? 


アップで撮ってみる (笑)  これから砂糖ができるって、なんか信じがたいですな、、 
8-K4T63.jpg


前日 雪景色の風景を撮った 「クリスマスツリーの木」 に行ってみました、 
9-G3S07.jpg
やはり 空が青空だと、それなりの風景になるもんで ( ^ ^ )  


「パフィーの木」 も行ってみましたよ♪ メジャーな撮影スポットではないので、探した、探した、
A-G9U26.jpg
畑地内には立ち入り厳禁なんで、遠くからしか撮れなった、 


美瑛の北西の丘にある、大メジャーな撮影スポット 「マイルドセブンの丘」
B-G5I49.jpg
撮影してたら、若くない (笑) カップルさんが カッコいい赤い車でやってきた、 後姿を前景に拝借♪ 


これも前日、雪景色を撮った 「赤い屋根の家」 であります、 新栄の丘から俯瞰で撮りました、
C-K2X24.jpg

さて、この年 2013年の北海道撮り旅は、行き帰りの行程を含めて 45日の旅でした、
北海道滞在は、9月末から 10月末までの ちょうど一ヶ月、 
45日のうち、宿泊施設に泊まったのは 3回、フェリーで 2泊、残りは車中泊でやり通しました、
車中泊の場所は 道の駅が やはり一番多かったですね~♪ 

道の駅は 本来は、ドライブの疲れをとるため 短時間の休憩場所として設置されてるものと思うけど、
駐車場が広く、トイレは清潔で綺麗、なによりも 駐車場は夜間も明るく照明されており 防犯上 安心♪
道の駅は他にも夜通し駐車してる車が何台かおり、言葉は交わさなくとも 居るだけで安心というもの、

道の駅以外の普通の駐車場にも何拍かしたけど、実はめっちゃ怖かった (> <) 
灯りがなくとも、他に一台でも車中泊族の車が居れば安心できるんだけど、自分ひとりではねぇ・・・・
怖いのは暴走族などの若者グループがやってこないかとか、
物音がしたり、突風でちょっと車が揺れただけでも、びくついて緊張したりね、、 

不安がってても仕方ないので、そういう車中泊場所では早めに寝るように心がけましたよ、 
眠り込んでしまえば 怖い思いも感じないですむわけで、、 
しかし 危険回避の策にはぜんぜんなってない訳で、不安は不安でしたねぇ、 
いちおう、大音量で鳴る防犯ブザーは枕元に置いて寝てたけど、気安めにもならず (笑) 

なんと言っても、安心できる車中泊場所、道の駅を探すのが一番と思いますな、 
道の駅は車中泊場所として設置されてる訳ではないけど、1~2時間の休憩を長時間の休憩として、
都合のよいように拡大解釈して利用させてもらいました f( ^ ^ )  

ただ、道の駅を車中泊場所として利用させてもらうなら、それなりの気遣いも必要 d(-_^) 
広いからといって2台分の駐車スペースは占有しない、大きな音は出さない、そして ゴミも残さない、
ゴミ入れを設置すると、すぐにあふれかえるからだと思うけど、道の駅にはほとんどゴミ入れが無い、
だからと言って、駐車場にゴミを残して出発するのは、いかにも常識はずれな行為ですよね、、 

しかし ゴミはどうしても出るもので、その処理にはとても困る、
おいらは 道沿いのコンビニで食料を買ったりするとき、店の前のゴミ入れに捨てさせてもらいました、
一度に大量に捨てるのはお店にわるいし、小出しに小さく分けて、あちこちで放り込みました、 
だから買い物も一度に済ますことなく、何ヶ所にも分けたりして、気を使いましたよ (笑)  

北海道では、店前にゴミ入れが無いコンビニが多くて困った (> <)
セブンイレブンだったか、ローソンだったか? 覚えてないけど、多分 店内に設置してんだろね、
旅行者の大量のゴミ捨てに困っての対策か? 
他のコンビニチェーン店では普通に店前にあったんで、そういうコンビニさんを利用させてもらいました、
もちろん買い物も ( ^ー゜)b 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/10(水) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  初雪の頃の 美瑛

雪・・・・つながり、という訳でもないけど、この時期になると美瑛の雪を思い出してしまいます、

                          【 この記事の写真は 2013年10月17日 の撮影です 】

前回の北海道旅は 旅立ちが遅れたこともあり、旅の終わりの頃は初雪の頃に重なってしまい、
10月いっぱいはなんとか雪に遇わずにすむかなあ と、楽観的に考えてたけど 甘かった (> <) 
季節外れの台風が引き込んだシベリア寒気団で、北海道でも珍しいほどの早い初雪になってしまって、、 

深夜・早朝は氷点下まで下がる寒さ、日中は若干気温は上がるけど、それでも一けた台の温度、寒い!
道路上の積雪は日中は無くなり 普通に走ることはできたけど、畑には雪が残っており、、
1-GT22.jpg
右端に写ってる車が このとき使った車、スバルドミンゴです、 今は無い。。。。。


美瑛駅に行ってみました、 駅のまわりも雪があちらこちらに、、
2-GP25.jpg


じっとしてても仕方ないので、走れる道を選んで 過去撮りまわった場所を時間つぶしに、 
3-GF34.jpg
これって、なんだか分からない写真だけど、美瑛の人気の撮影スポット 「赤い屋根の家」 であります、


美瑛のパノラマロード、「新栄の丘」 駐車場、 
4-GE42.jpg
この寒さに、さすがに観光客の姿もなく、駐車場にはおいらの車ともう一台だけ、、 


パッチワークの丘の風景も、普通の田舎の雪景色、 冴えませんね~、ハハハ♪ 
5-GV56.jpg


時々 青空も見えるお天気ではあったけど、気温は相変わらず低く、寒い (> <) 
6-GK61.jpg
九州人としての感覚では、1月 2月の頃の感じですねぇ、、 ちょうど今頃、まさに 真冬でした、 


美瑛の入り口にある 「ぜるぶの丘」 、 普段なら人が多いところなんだけど・・・・・  
7-KQ23.jpg


「ぜるぶの丘」 の原っぱも、スキー場のようになってて、、  
8-KM22.jpg


これも美瑛の人気スポット、「クリスマスツリーの木」 であります、 
9-KY28.jpg
まさに "冬" といった感じのどんよりとした曇り空で、また 畑の彩りも無く ダメ写真 (> <) 


まぁ、おいらは旅行者だし、あるがままの風景を撮るしかないので、あきらめて撮ってました、、
A-KZ33.jpg

普段はおいらが撮ってる間に、多くの人がやってきて 入れ替わり立ち替わり撮っていくスポットだけど、
この日は 若いカップルさんが一組 やってきただけ、 貸し切り状態でした (笑)  

実は この年 2013年の旅では、北海道入りした初めの頃に美瑛・富良野に入ったんだけど、
曇り空続きで思うような写真が撮れず、早々に諦めて他の地域にまわったんです、 
北海道をひとまわりして、終盤に再度訪れればいいかな と、、 

しかし 再度訪れても美瑛らしい写真は撮れなかったですねぇ、失敗でした、 
上富良野 千望峠の日の出風景は 望み通りのショットが撮れたけど、それだけでしたねぇ・・・・ 
思い返せば、自分の場合、美瑛・富良野で写真撮りに絶好の日和というのは少ないようです、 
良い天気の時も もちろんあるけど、少ない、 運がわるいのかな (´・ω・`)  

6月~9月はわりとお天気の日が多いみたい、 あっ、北海道には梅雨はありません、 
行かれるなら、この時期にされるといいですよ~ ( ^ ^ )  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/07(日) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  記録的な九州の大雪、二日目

一週間前になりますが、九州で降った記録的な大雪の翌日、街の様子を見に出てみました、 
前日は 一面の白い世界だったけど、一日経つと ところどころ溶けてぬかるみ状態に、、
01-KP9.jpg


前日と同じ場所に立ってみたけど、全然さま変わりしてますね、 とうぜんだけど、、
02-KT70.jpg


住宅街の駐車場に、こちらでは珍しい かわいい 「かまくら」 が出来てました、
03-K3S6.jpg
九州長崎で、かまくら が作れるほどの雪が降るのは とても珍しいことなんですわ♪ 


駐車場の反対側に別の かまくら が作られてた、 そこにはなんと! 寝込んでるやつが居る!! 
04-KPU7.jpg
中坊と思われる男の子が 頭から入り込んで寝てたんです、 母親が起こしにかかってました、 
見ての通り、溶けかかってる部分はシャーベット状になってた、 こんなとこでよく寝れるもんだ、


やっと起きだしてきて、『ハイ、ポーズ♪』 と声をかけると、ピースをしてくれました (笑) 
05-KER9.jpg


すこし離れた駐車場にも かまくら が出来てました、 
06-KBN3.jpg
この日は月曜日で平日だったけど、前日の大雪で小中学校は臨時休校になったらしい、 
子供らが数人がかりで朝から作ったんだろか、、  


道端で、傘の先で溶けかかった雪をつついてる人が居る、 いちおう 除雪作業。。。。かな? 非効率的だなあ、、
07-KID5.jpg
おいらだったらお湯か 水を持ってきて、流しながらつつくけどなぁ、 ほぼ溶けかかってるんだから、、


溶けかかった雪だるま、 あれまっ! よく見たらバットを持ってる (笑) 
08-KSW6.jpg


国道まで出てきました、 もう普通に車は通行してました、 
09KVR7.jpg
大雪の状況を記録するなら、やはり雪の新しいときに来るべきだった、


河口近くには カモさんの群れが浮かんでました、 30羽くらいは居たかな、
10-KZL4.jpg


川の水はとても冷たいのに、よく浮かんだり潜ったりできるよね~ 
11-KOH6.jpg


これは かまくら ではなく、路地に降り積もった雪を空きスペースに集めたもの、、
12-KAK4.jpg
九州でこんなに降り積もるのは、ほんとに珍しいこと! この冬は暖冬だと言ってたのにねぇ、


前日、女の子たちが作ってた大きな雪だるまも、こんな様子になってました、 
13-KHG8.jpg

住民の生活に支障があったのは、二日目月曜日の午前中までだったけど、実は別の問題が! 
水道管の凍結・破裂です、  

どうやら気温が氷点下まで下がったらしく、あちこちで水道管が凍結、 
凍結すると体積が膨張するんで 破裂につながる、 
凍った水が溶けはじめると、破裂した管から大量の漏水が出始める。。。 

我が家は 外のボイラーにつながる温水用の管が凍結して出なくなっちまった、 冷水用の管は無事、
さいわい我が家は破裂までには至らず、二日目の夕方からは普通に出るようになりました、 

そう言えば、昔は外の水道管に凍結防止用のスポンジなどを巻いてたのを思い出す、 
近年はそんな強い寒波はきてなかったんで、みな油断してた (> <) 

佐世保はそんなに酷い被害はなかったようだけど、九州内の他の地域では部分的な断水もあった、 
漏水が酷いんで、元栓を閉めて その間に破裂した管を修理するため、、 
数日の間 給水車が出動するくらいで、たいへんなことだった、、  

まぁ、暖冬だと言うんで油断してた部分もあったけど、近年にない記録的な積雪で驚きましたわ! 
   
   

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/03(水) 06:00:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (46)
地元佐世保の写真 (79)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR