夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  クチコミ板で話題となった 「北海道立オホーツク流氷科学センター」

前回の記事で、フォトコンのクジラの件を問題にした価格コム クチコミについて考えてみましたが、
前記事は写真も無しで、勢いでコメントだけを書きました、 今回は数枚、写真を付けます、 
実は 問題を起こした 「北海道立オホーツク流氷科学センター」 は訪れたことがあるんです、 
5年半前、 2010年 9月30日のことでした、 

レンタカーでの車中泊写真旅で、紋別市に入り、カーナビの地図に 「紋別公園」 の文字を発見、
風景が良ければ、眺望写真を撮ってみようと向かってみました、

1-A930Y6.jpg
公園は小高い山(丘?)の上にあり、眺望は良かったです♪ 眼下に見えるのは紋別市街、、


可愛い展望台がありました、低いけど ガラス張りです、
2-RC893.jpg
これなら真冬の寒風の中でも眺望が楽しめますね、 流氷もよく見えることでしょう、

次に、「オホーツク流氷科学センター」 の文字を見つけ、ここにも寄ってみることに ( ^ー゜)b 
おいらの旅は 予定を立てない行きあたりばったりの旅なんです、 
大まかなコースを決めてるだけ、「よし♪ 今日はオホーツクの海沿いを南下してみよう」 みたいな、
だから 事前に訪れてみよう! と決めてたわけでもありません (笑) 

ハイ♪ これがその 「北海道立オホーツク流氷科学センター」
3-ZK894.jpg
流氷を研究する施設だけに、海の近くにありました、


このときは気にしてなかったけど、道の駅にもなってるんですね、 知らなかった・・・・・ 
4-BI895.jpg
中に入ってみたけど、この時はおいらが興味を持つような催し物もなく、すぐに出ました、

建物の外に、スロープ・階段で上る 高さ5mくらいの展望台がありました、
流氷が押し寄せる頃に、その眺望を楽しむための展望台と思われました、

その展望台からの眺望が これです ↓  もちろん この時期には流氷が見えるはずもなく (笑)
5-VQ899.jpg
堤防の突端に、なんか UFOみたいなものが海上に突き出してますね、、


これは 流氷展望塔らしいですよ、 迫力ある流氷を間近に見ることが出来るんですね♪
6-EY898.jpg
水中も見れるようになってんのかな? 
もしそうだったら、流氷にくっ付いてくる、あの可愛い クリオネ も見られるのかな? 


   ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆ ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜

さて、ここからは 前記事の続き・・・・・ と言うか、新ネタは別に無いんだけども、思うところをば、
長くなるし、根拠・証拠もない話なんで、興味の無い方は絶対に読まないでください (笑)

しかし、何度見ても あの写真は酷い! 
写真としては スナップそのもので、それ以上のものは何も感じられず、とても作品とは・・・・・ 
しかも そんな凡作が、いち地方のささやかなフォトコンとは言え、最優秀作品に選出!  

そこに何かしら 裏の事情 の雰囲気がプンプンにおってくる、、 
くだんの写真の作者は、他の地域のフォトコンでの入選経験が多い、 
フォトコンの選者は、北海道写真家協会の役員とか・・・・・  
ずっと以前からつながりがあったと、普通には推察できる、 少なくとも 顔見知りではあったろう、
選者の女性の年齢は分からないが、作者の年齢が 60過ぎということだから、師匠と弟子の関係かも、

思うに、北海道のいち地方の小さなフォトコンだから、世間的に大きく取り上げられることもないだろう、
撮影者の数多くの入選歴に またひとつ加えて、"箔" をつけてやろう・・・・ みたいなことがあったのか、、 
しかし、作者・選者の読みが あさはか だった、 
応募作品として選んだ写真は 「クジラ」 、それも浜辺に打ち上げられた死骸、、 
その死骸に、じょうだんの勢いと思われるが、若者が上に飛び乗って ドヤ顔ポーズ!  

フォトコンのテーマは 『オホーツクの四季』 だったそうだ、 
どこに! オホーツクの四季が感じられるというんだろう? 酷い思い違いとしか思えない、 

今回の件で 写真作者は名前もバレて、今後はフォトコンに応募しても、んん~~、どうなんだろか?
今までのように入選するのは難しいかも、、 作者名を見たら、んっっ? と思うよね、 

選者の女性写真家も、写真協会役員を降りざるをえないんじゃないかな、、 
誰が見ても首をかしげるような写真を最優秀として選んだんだから、そしてこんな大事に、
写真協会の役員を降りるのみならず、写真家活動にも影響するかも知れないね、 
あまりにお粗末な入選作品選出だもの! 
あまりにお粗末すぎて、かえって その裏に何かあるぞ、と余計な疑義を想起させてしまう、 

今のところ、あのやっかいな "シーシェパード" の動きは報じられてないが、気になるところ、 
おいらは クジラ擁護派ではない、 むしろ 捕鯨、捕食は日本の文化のひとつとして賛成派 d(-_^)
しかし あの写真には怒りを感じてしまう、 

人間は 生きていくために、他の動植物を捕食していかなければならない、 
やむをえないことで、それだけに生命の尊厳というものを常に頭に入れておかなければならない、

牛肉・豚肉・鶏肉を毎日のように食し、美味いの不味いのと気安く口にするが、
元来 その肉はどのようにして自分の手元まできたのか考えたことがあるだろうか? 
みな いのち有るものだから、肉になる前に "屠殺処理" という過程を経なければならない、 

これはじっさい、とても残酷な光景なんであります (> <)  
大型スーパーの食品売り場の新入社員の研修のひとつに、屠殺場見学 というものがあるらしい、
自分たちが取り扱う精肉がどのようにして造られるのか、初めから見学しようということですな、 
気の弱い女性は、その後丸一日 食事も喉を通らないほどのショックを受けるらしい、 

そういうことを聞くと、お肉を食べるということは、イノチをいただくということであり、
感謝の気持ちを持っていただかなければと思うわけです、 

「おっっ♪ クジラが死んで打ち上げられてるぞ、 記念に写真を撮ろうや、 イェ~~イ♪」 
こんな行動が許されるとは 到底思えない、 
ましてや そんな写真がフォトコンに作品として応募され、果ては 最優秀作品! 絶句!! 

先の屠殺場のはなしも、別にすき好んで動物を殺してるわけじゃありません、 
人間のための、というエゴばあるにせよ、職員の人たちは常に感謝の気持ちで仕事に向かってるはず、
年に一度は、供養祭もしてるとおもいますよ、、 
打ち上げられたクジラに乗ってふざけてる若者の行為とは、あきらかに別次元のはなしなんであります、

いずれにしても、あの酷い写真を 「オホーツクの四季」 というフォトコンに応募したことの
言い訳にはなりはしない d(-_^)  
   
今回はだいぶ、自分の心情が入り過ぎました、  書き過ぎた感があります・・・・・・ 
あんな写真がひとつのフォトコンのトップ、最優秀作品に選ばれたという不可解さ、 
そして そもそも、そんな写真をもってフォトコンに応募した撮影者の思いが理解できず、
同じ 写真撮影 を趣味とするものとして、怒りに怒ってしまいました、 
えげつなく、読み辛いところもあろうかと思います、 ご容赦ねがいたい m(_ _)m  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/26(土) 01:08:46|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  価格コム カメラ板での話題について・・・・・ クジラ

この記事は、写真無し で書いてみます m(_ _)m 

おいらは ヒマにまかせて、価格コムと言うクチコミ板に参加して、コメントも時々書き込みます、 
カメラ機材、写真技術について 有用な情報を得たり、他の人が書いたコメントに茶々を入れたり、

きのう、今日は、あるスレッド(掲示板上のコメントの集まり?) にかかりっきりでした、 
北海道 紋別にある公的な研究センターが主催したフォトコンテストで、最優秀作品として選出され、
発表もされたその作品が、多くの非難を受け、結局取り消されたというものです、 
その問題の写真も ネット上に氾濫してるから、引っ張ってきてここに貼ることもできるけど、
それはやめときます、 その代わり ニュースサイトのURLを貼っておきますね、、  

   http://tocana.jp/2016/03/post_9185_entry.html

さて おいらもそのスレッドに関わったと書いたけど、自分が書いたコメントは2つだけです、 
スレッドが立ち上がって間もない頃書き込んだコメントに、スレ主さんが返したコメントに失望、
こりゃあ、まともに会話できるじいさんじゃねぇわい・・・・と、それからはウォッチしてました、
おいらだけにではなく、他の人が書いたコメントへの返レスでも、ぞんざいな言葉使い、上から目線
の返しで、とても "ムカツク" スレッドに終始しました、、 

スレッドは紛糾し、丸2日もしないうちに満願! 
ひとつのスレッドで コメント 200件という約束があり、討論はそこで打ち止めになります、

車の改造をぼちぼちとやりながら、時々 休憩がてら そのスレッドを覗いてたものです、
紛糾するスレッドをながめながら、ず~~っと、不思議に思ってました、 
『このスレ主さん、なんで こんなに意固地になって、問題になったその写真を擁護するんだろう?』

で、 ある時、パッと閃いて気が付いたことがあり d(-_^) 
このスレ主さん自身が、この写真を撮ってフォトコンに応募した本人さんではないのか?! 

もちろん 掲示板でそんなことを明かす訳はないが、スレ主さん = カメラマン本人 という目線で読むと
すべて、つじつまが合ってくる、 そう言えば スレ主さんのHN(ハンドルネーム)は 「東ノ大地」
スレッドも終盤になり、締めとしてスレ主さんが書き込んだコメントは、まさに当事者そのもの・・・・・


問題の写真の撮影者は すでにネット上で、この上ないほどバレバレになってしまってる、
住んでるところも 北見市と、そこまでバレてしまってる、 インターネットって怖いねぇ~~! 

この人物は 北海道をメインに、いろんなフォトコンで入賞、最優秀賞を数多く獲得、
アマチュアカメラマンではあるが、いわば ハイアマ と言われるレベルかと思われる、 
その入賞作品を見ると、ド~ン! と訴えかけてくるパワーは感じないが、そこそこ綺麗で
うまくまとまった いい写真ということは出来る、 入賞作品と聞くと、なるほど、、という感じ、

しかし 今回問題になった紋別のクジラ写真は、どうひいき目に見ても 駄作 ( ̄~ ̄;)??
氏の作風とも違うんだよねぇ・・・・? 

あっ、問題になった写真と言うのは こういう写真です、
打ちあがったクジラの死骸が浜辺にあり、その上に 20代と思われる若者が上り ガッツポーズ、
その若者の目線は右方向を向いており、本来の撮影者は右方向に居ると思われる、 
写ってるのはクジラの死骸と若者、浜辺と水平線、それのみ! そして その写真のお題が 『征服』

このカメラマンは、たまたま他の被写体を撮りにきており、偶然その場の光景に出くわした、 
と おいらは見る d(-_^)  言わば スナップ写真みたいなもの・・・・・  
綺麗な風景でもなく、その場の光景のみがイノチの普通の写真、 
こういう写真としては平凡な作品が、並み居る超綺麗な風景写真を差し置いて 最優秀作品 ( ̄~ ̄;)??

この問題、テレビや新聞のニュースにもなったし、ワイドショーのネタにもなったらしい、 
しばらく尾を引く問題かも知れない・・・・・ (´・ω・)  
     
     
  1. 2016/03/21(月) 00:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  東日本大震災、大津波遺構を訪ねて・・・・・・

この数日、テレビでは 5年前の大震災、大津波関連の番組が続きましたね、
いい加減 食傷気味・・・・・ 
しかし そのような世間の騒ぎがなくとも 自分個人的には毎年いつも 思い出してるんです、
3年前の北海道旅の往路、九州から青森まで陸走しました、被災の状況を自分の目で見ておきたくて、

実は、毎年 この時期、同じような写真で記事を書いてます、 
当ブログで二度 三度ご覧になった方にはごめんなさい、また使わせてもらいます m(_ _)m 

                          【 この記事の写真は 2013年 9月24日 の撮影です 】

九州からのルートは 山陰路、北陸路と走り、新潟の手前から会津方面への道で山越え、 
仙台を通過して三陸海岸へ入りました、 震災後 一年半経ってます、
まず向かったのが、石巻市の日和山(ひよりやま)公園、
1-OD786.jpg


震災・大津波のときのニュース映像では何度となく登場しましたね、
2-BT789.jpg
湾岸地区から近い 小高い丘で、徒歩で登る石段もあるようです、


公園のフェンスに、被災前の様子がパネル写真にして設置してありました、 
3-WP791.jpg
津波で破壊された湾岸地区の被災状況が、手に取るようによくわかります、


大津波当時、石巻市民の何百人もの人たちがこの場所に避難して、壊されていく自分たちの街を 
嘆きと悲しみの気持ちで見てたんですねぇ・・・・・  傷ましいことです、 
4-ZI797.jpg
日和山公園の奥には神社があったけど、地震被害で本社が被災したんだとか、 
「ご協力をお願いします」 との看板もあったけど、今は復旧してるんだろか? 


石巻を後にして 海岸線を北上、 次に向かったのが 南三陸町の防災対策庁舎跡、
5-RM807.jpg
この庁舎だけでも 30数名の方が亡くなられたそうです、 


三階建ての頑丈な鉄骨造り、屋上の高さは 10mちょっとか、 津波はこの屋上をも超えたんだとか!
6-VW805.jpg
この建物で助かった数人の人は、屋上に立ってるアンテナの途中までよじ登り、必死で耐えたんだとか、
当時の状況がもの凄かったことが ずんずんと自分にも迫ってくる感じがしたものです、 


建物前には小さな池も造られており、穏やかな佇まいだったことが偲ばれる、 
7-YC837.jpg
防災対策庁舎のすぐ左には、木造平屋建ての南三陸町本庁舎があったそうだけど、跡形も無い、

庁舎跡は復興工事の妨げになるので、一時は取り壊し撤去される方針だった、 
しかし 県と国が津波遺構として残す方針を申し入れ、とりあえずは残されることになったらしい、

自分個人的には 遺構として残す方に賛成、 
被災されて助かった方の、家族や親族を思い出すので辛い、というお気持ちも分からぬではないが、
この惨状を実際に自分の目で目の当たりにすると、自分のことのように心に響いて哀しかった、 
ニュース映像などで見るのとは全然違う、 
人の記憶は5年、10年と時を経るにつれ 薄れていくが、現実の遺構として後世まで残ってほしい、


南の方から南三陸町に入って、防災対策庁舎跡にたどり着くのに地図は不要だった、 
平野に入り、この赤い鉄骨の遺構は ずいぶん遠くから見えたから、 
8-AL840.jpg
震災前は、このあたりは住宅や商店、会社社屋が密集してあったと思われる、、


目の前の 海に近い川面には、カモメだか ウミネコだかの水鳥の群れが浮かんでた、
9-UN839.jpg
川岸の向こう、ある線から上は 住宅が連なっており、ごく普通の住宅街、 

しかし その線から下はただの空き地に見える、 この場所にどのくらい多くの住宅があったのか? 
A-EK842.jpg
不自然に乱立する電柱が それを物語っているようだった、

南三陸町の防災対策庁舎跡は 自分にとって、とても印象深い経験だった、
その後はなんだか重い気分になり、淡々と車を走らせた、 


陸前高田の 「奇跡の一本松」 も立ち寄るつもりではあったけど、まったくその気にならず、、
B-SK820.jpg
走行中にカメラ片手持ちで撮影、 このときはレプリカ松以前の 本物の一本松だったけどね、、


これも 走行中の車内から、、 5階建てのアパートのように見えるけど・・・・・   
C-TA825.jpg
よく見ると、4階までのガラスとベランダの目隠しが無くなってるのがわかる、 
津波がこの高さまで襲ったという証明ですね! 5階も一部損壊してますね、  
この場所で亡くなられた方も居らっしゃるんだろか・・・・・・  


ニュース映像や報道特番で見る映像も凄いショックを受けるけど、実際に自分の目で見ると、
それはスケールが違う、 全然別の印象を受けます、 
石巻、南三陸町、陸前高田、釜石・・・・ 訪れるまでは ピンとこなかったけど、今は違う、
自分はこの先も、 ずっと忘れることはないでしょう、、  
     
     

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/13(日) 01:36:51|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  お散歩で、春の雰囲気♪

過去の北海道撮り旅写真から ちょっと離れて、地元佐世保の 今時写真を ( ^ー゜)b 

数日前、散髪を兼ねて 散歩で少し歩きました、 往復3キロほどの川沿いの道です、 
一週間くらい前まではあんなに寒かったのに、歩くと汗ばむほどの温かさ♪ 春を実感 ( ^ ^ )

1-RL693.jpg


川沿いの道は裏道で、歩く人、自転車で行く人、そして たまぁ~に クルマ、 のどかなもんです、
2-IG715.jpg
自転車で行くおばあさん・・・・ あれ? タイヤがえらくぺっしゃんこ、パンクするぜ、これは、、


川辺の土手の植物、 これは何という植物なんだろか? 春ですねぇ~♪
3-EV718.jpg


とっ! 急に白い鳥さんが飛来、 小型のサギ、 コサギだろうか?
4-LG704.jpg


川に着水すると、なにか騒いでる、 おい おい、ケンカ かよ~?
5-WB709.jpg


うんにゃ! これは イイコト をやってんだ~ d(-_^)  おそらく、つがい なんだろね、、
6-NX710.jpg


道端の庭に、枝垂れ梅を発見♪
7-TD728.jpg


久しぶりに お花撮りなどを ( ^ ^ ) 
8-CP729.jpg


写真撮りはだいぶ サボッてたからか、なかなかうまく決まらない、 いさぎよく諦める (笑)
9-HZ734.jpg


梅の木の根元にはこんなに花びらが、、 もう梅の花も終わる頃なんだなぁ・・・・・
A-QA738.jpg


住宅街を歩いてると、、 これ、何だか分かりますか?  ワカメですよ、ワカメ ( ^ー゜)b
B-TX741.jpg


近くの早岐瀬戸で採ってきて 天日に干してるわけ、 タオルが一緒に干してあるのは ご愛敬 (笑)
C-KA742.jpg
この家のおじさんと目が合い、少し立ち話、

ここから 1キロくらいのところに瀬戸(海水)があるんだけど、そこで自分が採ってきたという、
おいらも春先になるとワカメがあるのは知ってたけど、漁業権とかの権利があるんだと思ってた、
しかし そのおじさんが言うには、そんなものは無いということだった、
誰でも自由に採っていいそうで♪  へぇ~! 知らなんだ、知らなんだ、 
来年は おいらも採りに行ってみようかと思ったりして (笑)

我が家近くの ミニ梅並木♪ こちらもほぼ終わりに近い感じ、、 数日前が見頃だったのか・・・・・
D-MA744.jpg

お散歩歩きの目的だった散髪は、床屋さんが何故かシャッターが閉まってて・・・・?
急用で閉店してたのか、急病とか?
その後数日 通りがかりに見てるけど、相変わらずシャッターが・・・・・ 
んん~~、廃業したのか、どこか別の店に移ったのか? まさか 夜逃げ! ( ̄~ ̄;)?? 
貼り紙も何も無いのでわからない、、  

あっ、ワカメの件だけど、楽しく話をしたし、少しは分けてくれるかなと期待したけど ダメだった、
普通なら、よかったら少し持っていきなさいと言うよねぇ~ (笑)  
     
     

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/10(木) 00:10:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  積丹半島の絶景、島武意海岸

えっと・・・・ 先日のニュースで見たんだけど、美瑛の 「哲学の木」 が伐採されてしまったとか、 
だいぶ前から そんな話は出てたけど、やっぱりそうなってしまったかぁ・・・ という気持ち、、

「哲学の木」 の写真でブログを書こうかと思ったけど、自分自身何回も撮影に訪れており、
写真を選び出すのが とても大変、 近いうちに 「哲学の木」 は取り上げようと考えてます、 

で、今回は 先の記事の続きで、積丹半島の風景写真♪ 

                          【 この記事の写真は 2012年 6月29日 の撮影です 】

札幌在住のお友達さんに 「夫婦岩」(めおといわ)、「ローソク岩」 と案内してもらって、
次に訪れたのが、「島武意海岸」 という景勝地 ( ^ー゜)b 

1-T4797.jpg
これは その駐車場です、


駐車場からすぐ、このような "おもちゃのような" 可愛いトンネルがあり、ここを通っていきます、
2-P6786.jpg
写ってる男性はお友達さんではありません (笑) 
右側のキンポウゲの花に気をとられてシャッターを押してたら、ふいに入ってこられて、、 

トンネルは入り口も小さいけど 中も同じで、小学校低学年がやっと立って歩けるくらいの高さ、
天井の岩や、灯りの電球に頭をぶつけないように、身をかがめて数十メートル進みます、 

なぜ こんなに小さいトンネルかというと、むかし 明治時代か? ニシン漁華やかなりし頃、
この先の海岸に舟をつけて陸揚げ、このトンネルを通して内陸部へ運んだんだとか、 
地元の漁師・網本が自費で造ったらしい、 それも ツルハシなんか使って手掘りだったんだろね、

狭い 狭いトンネルを抜けると、これ! この通り、素晴らしい絶景が広がります~ \(^○^)/ 
3-E6787.jpg
「日本の渚 百選・選定海岸 島武意海岸」 と書いてあります、 読み方は 「しまむいかいがん」


なんとも! 絶景で、素晴らしい d(^○^)b 
4-H6796.jpg


シャコタンブルー と言われる海の色が、超絶、美しいとおもう♪ 
5-A6788.jpg


その昔、この浜に小舟でつけて、獲れたニシンを陸揚げしてたんだよねぇ、、
6-F6789.jpg
岩礁も見えるし、舟をつけるには 相当に危険だったんじゃないだろか、 
陸揚げしても、このトンネルまでは 細くて急な登り坂、こりゃまた大変だったろうなと感慨しきり、、

本来は その細い道で、展望所から波打ち際まで降りられるそうだけど、 
このときは 少し前の台風で道が壊れていて 通れなかった、 通行止め、


ふと道端で初めて見る珍しい植物を発見!
7-X6782.jpg


寄って撮ったもの、 なんだか 巨大な "フグリ" のような感じ、、
8-U6783.jpg
"フグリ" が分からない方は、ググッて調べてみてください、 ここでは書けませ~ん (笑) 


そのあとすぐに、この植物の 花穂だということが分かりました、 
9-I6799.jpg
この花が あの袋の中に密集してたくさん詰まってるんですね、


植物の名前がねぇ・・・・? ハナウドの仲間ということは分かるんだけど、特定できない、 
A-K6801.jpg
エゾノハナウド かなぁという感じはするけどね、 エゾニュウではないことは確か、、


またあの狭いトンネルを抜けて駐車場に戻ってくると、駐車場そばにレストラン♪
B-J6784.jpg
この日 自分の車で案内をしてくれてる札幌在住のお友達さんに、おごってあげることに気が付き、、


ここで 積丹名物の ウニ を昼食で食べることにしました、
C-R6818.jpg


美味しそうな ウニ丼 でしょう (笑)
D-N6819.jpg

普通、おいらは貧乏旅なんで、こんな御馳走は食べることはありません、 
このときは まぁ たまにはいいかなと、 それと 年上の見栄で奢ってあげることを思い付き、、
しかし その思い付きは痛い結果となって、二人分で 5千なんぼ! 
あとで考えると大きな出費となったのでありましたぁ~ (笑)  

   .。・゜・。..。・゜・。..。・゜・。..。・゜・。..。・゜・。..。・゜・。..。・゜・。. .。・゜・。..。・゜・。.

ところで 当ブログに上げてる写真だけども、もちろん自分のPCで画像編集、確認をしてます、
これで良し♪ うん、いい色出てる♪ と信じてアップしてるんだけども、ちょと 不安になって、、

と言うのは、車旅用に新しく ノートPCを購入したんです、 それまで使ってたのが死んだんで、
お金はかけたくないので、中国製の安いやつ、 3万円ちょっとだった♪ 
オフィスソフトは付いてなくて、インターネットは可能、

しかし、使い始めて驚いた! ディスプレイの発色が非常に不自然、 青っぽくて、かつ翳んでる、
出来る限り調整には挑んでみたけど、どうしても自分好みの色にはたどり着けない、 
これが 安物パソコンの限界なのか ( ノД`)シクシク…  

で、このことがあって 考えた、、 
自分が一生懸命に調整してアップしてる写真も、ブログを見にきてくださる方のディスプレイでは 
どのように見えてるんだろか? 
そもそも、自分が良しとして上げてる写真そのものが、正しい色合いなのか? 
表示させるディスプレイによって、見え方が全然変わるのを実感したものだから、不安になってます、
     
     

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/02(水) 22:29:59|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (46)
地元佐世保の写真 (79)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR