夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  いよいよ 旅立ち近し ( ^ー゜)b

いろんな問題がクリアになり、いよいよ車中泊での長旅に出られそうな状況になってきました♪
出来れば6月中には出たかったけど、7月にずれ込みそうです、 7月上旬には出発したいな・・・・・ 
九州に帰着は10月上旬か中旬を予定してるんで、丸々三ヶ月の超長旅です 

なにゆえ 九州から北海道までという そんな旅をするのかというと、自分で満足の出来る写真を撮るため 
自分では写真が上手いなんてまるで考えてないけど、それでも自分なりの満足感は得たいわけで、、
まぁ 普段は 他にお金のかかることは一切してないし、酒は呑まないしギャンブルにも近寄らない、 
パチンコさえやりません! 唯一の道楽ということで家人にも納得してもらってます

どんな写真を撮りたいのかというと、こんな写真たちです♪ 
過去何度もアップした写真で使いまわしになりますが、再度、再再度のアップ、ご容赦を (^^; 

稚内からオホーツク海沿いに少し南下したところにある、道の駅 「さるふつ公園」 の夕景です
1-GA0370.jpg
ここには二度立ち寄ったことがあるけど、この道の駅での車中泊はしたことはありません 
今回は旅の日数もたっぷりとあるし、車中泊してみようかなと考えてます♪ 

あっ、この小さい建物が道の駅ということではないですよ~ (笑) 
風車はモニュメントで、左の建物は郷土資料館になってました 
道の駅はこの左手100m以上離れたところにでっかい建物があります、 たしか宿泊もできたかと、、
別館で温泉スパもあったようなんで、今回はゆっくりと湯に浸かってみよっかな ( ^ー゜)b 


有名なサロマ湖の アッケシソウの群生です、 遠方の建物はサロマ湖のネイチャーセンター
2-GA0686.jpg
3年前の旅は9月出発で 秋のど真ん中、 アッケシソウ(厚岸草)は秋の風物詩になってます♪


道東能取岬からの日没風景、 能取岬というのは 網走から車で30分くらいの場所にあります
3-GA0618.jpg
三脚を立てて写真を撮ってる3人グループが居ました、 おじさん二人とおばさん (笑) 
話しかけてみたら 関東圏からやって来たらしい、 関東圏のどこかは聞いたけど忘れちまった、、 
陽が落ちたら 車に乗ってそそくさと立ち去っていきました、 おいらはひとり、駐車場で車中泊 


3年前は、前々から立ち寄ってみたかった 「神の子池」 にも立ち寄り 念願がかないました♪
4-GA0819.jpg
しかし あいにくのドン曇りの天気で、しかも夕方に近い午後、 いい写真は撮れなかった す、、


こちらは北海道への往路に立ち寄った山口県の角島大橋、 秋晴れの素晴らしい天気でしたねぇ♪ 
5-K796.jpg
本土と角島の間の海士ヶ瀬戸(あまがせ)の海の色がエメラルドグリーンで、とても印象的でした♪


角島(つのしま)島内のキャンプ場にある 教会風の建物
6-G91947.jpg
この場所は 映画「四日間の奇蹟」 のロケ地で、この建物もそのために建てられたらしい 
今はキャンプ場の施設として、集会所とかトイレに使われてるんじゃないかな? 
このときは 中には入れないようになってました 

山口県だったら 日帰りも可能、 一泊行程だったらそれこそのんびりと行ける距離ではあるけど、
普段は行ってみようという気には なかなか ならないもので (´・ω・`) 
旅の行程に組み込まないと立ち寄れる機会はないですね~ 


さて 旅の予定でありますが、7月から9月いっぱいまでという漠然とした計画です (笑) 
細かいことは決めず、ルートも決めてません、 ただ 10月上旬には北海道を離れればと考えてます、 
3年前の旅では 10月の中旬に初雪が降るような寒波に襲われ、大変な思いをしたんです 

その数年前に訪れたときは 初雪は10月末、北海道ではその頃が冬の訪れになるんだろうと楽観してました
ところがところがです! その年は例年より冬の到来が早く、この写真は ↓ 10月17日の撮影 
7-GA1775.jpg
美瑛郊外の畑地風景です、 

これは ↓ 10月19日の撮影、 十勝岳中腹で 標高が高くなるとこんな感じでしたねぇ 
8-GA1964.jpg

中途半端な(笑) 雪景色で、写真的にはいい風景とは言えず、しかし気温だけは低くて参った (> <)
深夜早朝は氷点下の気温になり、暖房がとれない車中泊は大変でした! 
明け方にあまりの寒さに目が覚めると その後は眠ることも出来ず、寒さに震えてました 
たまりかねて車のエンジンをかけて、温風を出して生き返った気分になったり・・・・・  

なんていう経験はもうたくさんなんで、今回は 10月上旬には北海道を離れる心積もりではいます、 
   
   

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/30(木) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  バッテリー充電器の高性能品♪

九州では、この数日 避難勧告が出るような大雨が続いてます、 
今日(22日)は 町内会長さんが傘をさして各戸をまわってました、 
「公民館の灯りはずっと点けてるんで、危険と感じたらすぐに公民館に避難してください!」

自分では そんな危険とも感じるような雨脚まではないな、と楽観的に思ってたけど、そんなふうに
わざわざ各戸をまわって言ってこられると、そうなんかなと 怖くなってきたりして |д゚) 
いまこの記事を書いてる現在は、雨の降り方も小康状態のようです、 

これは、雨が降り始める前、梅雨の晴れ間の日に撮った気持ちの良い青空♪
1-4143.jpg
K-S1 とキットレンズの 18-55mm で撮ってるけど、ここまで気持ちよい写真が撮れるようになりました 
あんなに悩んでたのは何だったんだろ? と思うような写りです (笑) 


近くの街路に咲き始めたアジサイ 
2-4153.jpg


これは ハルジョオン か ヒメジョオン か? どちらか分からず (´・ω・`) 
3-4152.jpg
まぁ、これだけ写ってくれれば自分的には不満はない訳です、 
試し撮り・・・・ ということで、ことさら厳しい条件を与えて撮ってたんですね、 反省しきり!


さて、新しく買ったバッテリー充電器が届きました、 
役に立たない古い充電器では 11.6V が精一杯だった弱ったバッテリーにさっそく接続、
4-4168.jpg
電圧的には十分のように見えるけど、なかなかフル充電にはならず・・・・・ 
充電器本体に表示されてる赤いデジタル表示はパーセントを表示してます、 つまり 80%充電 

実はバッテリーが弱ってるんで、小電流で長時間かけた方がよいと考え、2A電流で設定しました 
そしたらなかなかフル充電にならないということで、時間切れ(20時間)、自動的に0FFになりました、
アラーム音が鳴って エラー表示、 この充電器はマイコン制御で賢いんです (笑) 

そこで 少し強めの 6A に設定を上げてやりました、 そしたら充電率 80%を超えて・・・・・
5-4180.jpg


数時間のちには フル充電の表示♪ 死にかけてた古いバッテリーの完全復活です~ \(^○^)/ 
6-4182.jpg

いままで自分は、3千~5千円クラスの安い充電器を買い替えてきました 
今回はじめて 1万円超の充電器を買ってみたけど、うん♪ 確かに良いです、素晴らしい♪ 
安物買いのなんとやらと言うけど、まさにそれ! 驚きましたねぇ、 

マイコン制御 [ 全自動パルス充電器 ] OMEGA PRO OP-0002 
  http://www.axel-japan.co.jp/ac_delco/ad0002_1107.html  

デルコ AD-0002 、オメガ・プロ OP-0002 、どちらかがOEM販売、 品物はまったく同じ
アマゾンとかヤフーなど いろんな通販サイトで買えます、 

5千円クラスの充電器では満足に充電してくれなかったバッテリーが生き返ったんです♪ 
今回はアマゾンで 13,800円で買いました、 すこし高めの価格ではあるけど この充電器は超お勧め ( ^ー゜)b 

インバーターにしても 300Wでは使い物にならなかったのに、1000W出力を買ってみたらすごい! 
おいらは今まで安物買いでやってきたけど、それなりの値段でいいモノはやはりいいんですね、 
考え方を変えないといけないなと思いました、、

あっ、安物買いはやめるとは言っても、百均通いはやめませんよ~ (笑) 
   
   

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/06/23(木) 06:00:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  苦手の電気関係にとりかかる

日課のように車改造を ちまちまとやってる毎日ですが、きょうは外に出てびっくり!
我が家のすぐ下で家の新築工事をやってるんだけど、きょうはクレーン車がやってきた、
そのブームの長さに ビックリ (◎_◎;)  40mくらいはあるのか? 50mまではないのかな、、
カミさんと見てて、あのブームが倒れたら・・・・ と心配したりして |ω・)  

この新築工事も おいらの車改造と同じで 超のんびりしたもので (笑) 春先3月くらいからやってる 
普通は、2ヶ月前後で完成引き渡しになるよね、 しかし この家は違う 
この調子だと完成引き渡しは、たぶん夏を過ぎて秋になるんじゃないかな、、
1-4167.jpg


3ヶ月が過ぎ、クレーン車が入ってやっと棟上げの段階まできたようだけど、あれま! 
木材が最近の新築工事にしては珍しく、えらく太い、いい木材を使ってるね! 
2-4171.jpg
屋根に渡す・・・・ えと、棟木って言うのかな? 普通の家の大黒柱くらいの太さがあるよーな、 
平屋建てだけど 実は半地下室造りになっており、実質二階建て構造、 
分厚いコンクリートで地下室壁兼基礎が造られており、工事費はずいぶん高そうに思える・・・・ 

それにしても この写真、ひところあんなに悩んだ K-S2 + SIGMA17-50mm で撮ってるんだけど、
レンズを調整に出し、戻ってきてみるとこのように見違える写り! 
やはり点検調整に出して 大正解だったようです♪ とても喜んでます ( ^ ^ ) 


滅茶苦茶傷み汚れてるカメラ用アルミケース、 晴れた日には 虫干ししてます (笑) 
3-4170.jpg
なんだかカビっぽい臭いがするようで、手入れに備えて少しでも乾燥させようと思って、、 
この箱にカメラ機材を入れるつもりはありません! 
オリンパスのレンズのカビとり修理で3万円超の出費がつい先日のこと、 もう懲りましたよ、 
この箱の中の 「カビの種・胞子」 がカメラ・レンズに移ったら大変! 
身の回りの生活用品その他、旅の間の整理箱に作り変えて活用しようと考えてます、


さて、車中泊用のクルマへの改造で、おいらが一番難しいと感じ やりたくないのが電気関係であります
交流・直流くらいは分かるけど、それ以上のこととなると考えたくもなく 実は避けて通りたい、、 

3年前の車中泊旅では電力不足に泣かされ、辛い旅を強いられました 
次の旅ではそこらへんを何とか改善せんとどうにもなりません、 電気が苦手とは言ってられない!

で、前の旅の帰着直後から、流行りのソーラーパネル設置を研究したんです、
ソーラーパネルの設置方法や電力の取り出し方、蓄え方、そしてその費用・・・・・ 
その結果 断念することに決定ぃ~~ (爆) 

ソーラーパネルの出力コードを、車内の蓄電用サブバッテリーに単純に接続すればよいという
簡単な話ではないことが分かり 唖然! 
電流をコントロールする電子機器を間にはさみ、またその状況をモニターできるメーターも設置、 
そんなややこしい工作作業は 電気関係に疎いおいらが 一人で出来る訳はない (> <) 
ルーフキャリアなども買って取り付けなきゃならんし、費用としても もろもろ合計で 10万円以上! 
そんな訳で、ソーラーパネル運用は おいらには縁が無かった話として断念した次第、 


しかし 車中泊旅をする以上、電気はどうしても必要不可欠であります! 
次善の策として、車中泊の先達さんから教えてもらった 「走行充電器」 でいくことにしました♪ 

どの車にも搭載されてる車載バッテリーとは別に、サブバッテリーを一個ないし二個積み込みます、
走行時の余った電力を そのサブバッテリーに溜めようという訳です♪ 

前の旅では、サブバッテリーという発想はあったけど、その充電方法はまったくの失敗でした! 
シガーライターソケットにインバーターを繋ぎ、100V電源を得ます、
その 100V電源に家庭用の "普通の" バッテリー充電器を繋ぎ、サブバッテリーを充電しようという、、

これがシロートのあさはかさ! まったくもって うまくいかなかった!! 
インバーター、バッテリー充電器ともに能力不足、起動すらしない、役に立たない (> <) 

インバーターは以前、レンタカー旅をしてた頃購入した 最大300W出力のものだったけど、
これが使えるのは 携帯のバッテリー充電とか、せいぜいノートパソコン程度でした 
やっぱり 価格数千円程度のものでは、おもちゃ程度の能力しか無いんだなと痛感した次第、、 

ということで、今回は腹をくくって 1万円クラスの機器を購入しました、
インバーターと、バッテリー充電器です、 インバーターは矩形波だけど いちおう 1000W出力です、 
充電器は明日月曜日到着予定だけど、マイコン制御の高性能なものです、 
バッテリーそのものも 新たに通販で追加購入しました、 新品ではなく 再生バッテリーです、

ちなみにこれは、3年前の旅に持っていったサブバッテリー
4-4176.jpg
旅から帰ってきて その後3年間、車庫の片隅に放ったらかしにしてたんで、完全放電してました (> <)
今回合わせて買ったデジタル電圧計を繋いで計ったら、その表示は 3~4Vしかありませんでした、

能力の低い充電器で まる一日かかって充電したら、死んではいなかったようで充電はできました、
が しかし 電圧は 12Vまでは届かず、このように 11V台より上には上がらない・・・・・ 


右の機器が能力の低い充電器、たしか 4~5千円くらいで買ったかな? 
その左が 300Wのインバーター、 手前の黒いバッテリーが死にかけてるバッテリー
5-4159.jpg
赤い機器が今回買ったインバーター、 1000W出力です、 奥のバッテリーが今回買ったもの 
「12.5」 という青いLED表示は 奥のバッテリーの現在電圧です


新規購入したインバーターは 1000W出力ということで、900Wの湯沸しポットが使えるか試してみました
6-4157.jpg
そしたら なんと! 正常に作動し、沸騰させて自動的にスイッチが切れるまで出来ました! 
今までは最大 300W出力のインバーターだったので、とても湯沸しなんて考えられもしないことで、


湯沸しポットが作動している間は、ボルトメーターはこのように 10V台まで下がり 心配しました
7-4160.jpg
けど、ポットのスイッチが切れると、数分もしないうちに 12V台まで復活しました♪ 
これで 旅先の景色のよいところで熱いコーヒーが飲める~ d(^○^)b  とても嬉しい♪ 


電動工具も使えるのか、実験してみました
8-4162.jpg
何の問題もなく 正常に作動します♪ 若干電圧は下がるものの、湯沸しポットほど急激には下がらず ( ^ー゜)b 
これは使えますねえ! たいしたものです♪ 
さすが 1万円クラスのインバーター、 おもちゃとは格が違います! 


明日届く マイコン制御の高性能充電器も その性能・能力に期待してます♪ 
充電器自身が 繋いだバッテリーを診断して最適な充電をやってくれるんだそうです 
家庭用の普通の数千円クラスの充電器では充電できなかった傷んだバッテリーも、復活可能なんだとか!

まる一日かけても 11V台までしか充電できなかった黒いバッテリーも、ひょっとして復活するのかも♪ 
そしたら、車載のエンジン起動バッテリーとサブバッテリー2個、計3個を持って旅立てます、 

サブバッテリー2個のうち1個は走行充電器に繋ぎ充電、 
もう1個はインバーターに充電器を繋いで充電、 
走行中は充電に気を遣えば、前回の旅のように苦労することはなさそうです♪ 

30Wくらいの低電力LED電球を使えば、夜間の照明も可能かもしれない、 
もちろん 夜更かしは出来ないけど (笑) 
   
   

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/06/19(日) 06:00:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  床下収納と カメラ用の古いアルミケース

さて、羊蹄山湧水のお持ち帰り用の床下スペースがこれです ↓

1-4126.jpg
前記事の6本入り段ボール箱を横にして3列 積み込みます、 2列目が4個、その前後が3個、
計10箱となり、12ℓ×10箱で 120ℓになるんです、 

この場所は後席2列目シートがあったスペースで、当初は2列目シートをたたんで収納し、
その上に床面をつくって旅に出るつもりでした、 
しかし 2列目シートはネジ2本を外せば 簡単に撤去できることを知り、ならば収納スペースにと急きょ変更、
そこで思い付いたのが 水タンクスペースでした (笑)

2列目は箱4個がきっちりと収まり、その前後は車体形状の関係で4個は収まらない、
ならば 3個収納として、空いたスペースを物入れに活用♪ その部分は取り外せるようにしました、
2-4127.jpg
前方右側は玄関 (笑) クツ置き場にします、 後方左側はゴミ置きスペースにと考えてます、


きっちりとカバーできるようにも考えてますよ~♪ 後席スライドドアを閉めた状態でも使えます、
3-4128.jpg
最終的には クッションマットも同じ形にカットして、このスペースを便利に使えるように考えてます
こういう仕組み・造作を考えるのがおいらは大好き♪ 楽しみながら造ってます ( ^ ^ )


こちらは カメラ用のアルミケースです、 けど、ご覧のように相当に傷んでおり汚れてもいますよね、
4-4119.jpg
実はずっと以前にオークションに出てたものを見かけて、あまり考えもせず落札したものです、
落札金額より送料の方が高いという、笑えないような取引でした、 


オークションでの説明写真で、傷んでて汚れも目立つのは承知してたけど、実際届いて見てみると
想定以上に傷んでて 笑ってしまったものです (爆)
5-4121.jpg
でも自分自身が承知してれば別に構わないじゃん♪ というところです、 
右側の小さい方は 3年前の車中泊旅にも使いました、 


自分で仕切りを作って二段式にしましてね、下段にバッテリーなどの小物、上段にカメラ本体を入れて
6-4123.jpg
けっこう収納力があって しかもアルミ外装だから強い♪ 便利に使いました、


あまりの汚れ具合に (笑) 外に持ち出すのを躊躇してた大きい方も、今回は活用するつもり
7-4122.jpg
これも二段式に仕切りを自作します、 これは大きいから 相当の収納力がありますよ~♪ 
しかし・・・・ ほんと! 汚れが凄い! カビ臭いにおいもしたりして・・・・・ 
内面の布地は全部ひっぺがしてタワシでごしごしこすり、自分で新しい布地を貼り換えたいんだけど、
もうそんな時間は無いしなぁ・・・・
   
カビというのはしつこいので、この大きい方にはカメラやレンズは入れられません、
身の回りのケア用品とか生活小物類をまとめようと考えてます ( ^ ^ ) 
  
  

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/06/15(水) 00:15:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  車中泊用改造、大型収納箱

荷物入れ用に大きな箱を二つ、ベニヤ材で作りました、 大きさは 約40x40x70cm 
この箱の使い方は まだはっきりと決めてません、

1-4112.jpg

もちろん普通に見れば 衣類とか食料品などを入れるためとなるけど、実はずっと考えてることがあって、
それは 北海道羊蹄山の湧水を地元に持ち帰りたく、、 それも すごく大量に! 

ということで、床下に 120リットル分のスペースをすでに確保しています、 工作設置済み
さらに 工夫を考えれば、もう少し、200リットルちょいまで積めるんじゃないかと考えてる訳でして、
200リットルと言えば、家庭用のお風呂、湯船一杯分ということになりますね、 
重さにして 200kg 、 大人の男性3人分くらいでしょうかね、 

持ち帰りの方法は、でかいポリタンクではなく 2ℓのペットボトルに小分けにして
2-4131.jpg

量販店で一本60円くらいで売られてるミネラルウォーターがあります、 それを6本の箱買い、
その段ボール箱を一つの単位として積み込む方法を考えました、
3-4132.jpg

このでかい箱には 6本入りの段ボール箱が3つ、きれいに収まる大きさにつくりました、 
箱に入れず、バラ積みの方が多く積めそうな感じがするけど、荷崩れの心配があります、
段ボール箱は生産地から店までの輸送にも使われるものだから、とても強いものです♪ 

でかい木箱に3個ずつ入れて 2つで6個、 さらに木箱の上に横積みで2個ずつ載せたとして計8個
床下の 10個分と合わせると 200リットルお持ち帰りの願望が叶うわけです ( ^ ^ ) 

しかしこの考えは まだ流動的なんですよ、 なんも、水汲みだけに北海道に行くわけじゃないし (笑)
数ヶ月もの車中泊旅ともなれば、生活用品やカメラ機材の荷物ももちろんあるわけです、 
それらの状況をみて、どちらにも使えるように考えて作りました ( ^ー゜)b 

普通にフタをかぶせた状態では、上面に2センチほどの段差があります、
これは この上に荷物を置くことにした場合、荷物の収まりがよいように考えてのことです、
4-4133.jpg

上面を平らにしたかったら、スペーサーを置くんです
5-4134.jpg

そしたら ほら♪ きれいな平面になります ( ^ー゜)b
6-4135.jpg

この平面状態は 使い勝手がすこぶる良いんです♪ いろんな使い方が出来ます、 
ノートパソコンを使ったり ものを書いたりするときの机になるし、カセットコンロを置く台にもなる
現在は車内に固定してないので、車庫に置いて ノコギリを使うときの台に使ってます、 雨の日でも車庫で作業できます♪

最終的には このような位置で床に固定します、 
7-4125.jpg


この箱の材料は 厚さ 9mmと 5.5mmのベニヤ材で作りました、
12mmのラワンベニヤ材(コンパネ材)が強度的には強いけど、なにしろ重い! 
そして ノコギリカットがすごく辛いんですよ (> <)  180cmをカットするのに 休み休みで 30分以上かかってしまう

9mmの厚さになると、比べ物にならないくらい ノコギリ引きが軽くなり 助かる♪ 
9mm厚のラワンベニヤ材もあるけど、実は最近 ラワン材ではなく、ファルカタ材のベニヤを発見♪ 
このファルカタ材ベニヤは 抜群に工作がしやすく、しかも軽い♪ 優れものです ( ^ー゜)b 

ただ 強度が若干おちるんで、使い方を考える必要が有り d(-_^) 
つまり 縦方向に使うことを考えれば強度的に不安はまったく無い、 

今回のこの箱には、側面の長い方に 9mm厚のファルカタ材ベニヤを使い、
短い方の側面と底には 5.5mmのラワン材ベニヤを使いました、 天板は 12mmラワンベニヤ

これで 強度的には凄いものがあります! 90kg近いおいらが上に乗ってもまったく問題無し、 
踏み台にも出来るほどの強さがあります♪ 


  ・・・・って? こんな自己満足(?)の工作話って、ブログネタになってますかね (笑) 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/06/13(月) 06:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  久しぶりに車中泊仕様への改造話

今回の記事は 久しぶりにクルマ改造の話です ( ^ ^ ) 
毎日 カメラの試し撮りを繰り返してる訳ではありません、
つうか、クルマ改造が毎日のメインで、写真は思い付いたときに といった感じであります、

毎日 昼過ぎ2時3時ころから車庫に降りて、夜7時8時まで ぼちぼちと手掛けてるんです、
設計図があるわけでもなし、参考になるものもなし、まったく我流の作業です、
最近作ったのが 天井収納下面に吊り下げるかたちで造り付けた収納ボックスです、

スピーカーの前に吊り下がってるのがその収納ボックスです、 とりあえずの試作ということで
1-4102.jpg

3年前の車旅ではあたふたと出発したんで、収納と言えるものは天井サイドに造り付けた簡単な棚のみ
オープンな棚だったので、走行中に振動やカーブで荷物が落下して驚くこともしばしば! 
また 棚に収まりきれない荷物は床面に置くしかなく、ひどく雑然とした車内になってました、 

車中泊に入るときは、荷物を重ね上げるように片方に積み上げて横になるスペースをつくるといった
すごい毎日でしたねぇ (笑) 
朝になって起きると、車中泊モードから走行モードに車内を整理しなきゃならないなんて情けない状況

で、次に車中泊旅に出るときは、その経験を踏まえて収納を充実しなければと痛感した次第、、
天井収納からものが落ちてこないようにと よくよく考えながら作ってます、 

クルマは軽の箱型ワンボックス、 運転席より後方がその車中泊スペースとなります、 
平面的には幅120cm、長さ200cmくらい、高さは天井収納を作ったんで 1mちょいといったところ、 
その 3分の2 を居住スペースとして、3分の1 を収納スペースとします、 

すでに先日、でっかい収納箱を2つ 作りました、 あとは床面に固定するのみなんだけど、
その大型ボックスの上がデッドスペースとなり もったいない、 うまく活用しなければ・・・・ 

ということで、とりあえず作ってみたのがこのささやかな収納棚、 いちおう扉付きです~♪
2-4103.jpg


扉は下から開き、天井に簡単に固定できます、 内面はクッション性の銀マットで防音対策、
3-4104.jpg


開いたとき天井に固定するのは百均で買った超強磁力の豆粒磁石
4-4106.jpg
これをボンドとタッカーで天井に固定し、扉面にはスチール板を埋め込んでます

この超強磁力の豆粒磁石なんだけど、以前は台紙から外して使おうとしてたけど どうもうまくいかない
そだ! 台紙ごと使えばよかったんじゃないか! とある時 気が付きました (笑)


扉を閉めたとき 開かないようにする方法、 3ヶ所の引っ掛けを使ってタコ糸をめぐらします、 
5-4107.jpg


そして最後にタコ糸を固定するのも小型磁石
6-4108.jpg


収納ボックスの下面に小さな鉄片、そこにめぐらせてきたタコ糸先端の磁石を最後に引っ付けます♪
7-4109.jpg
糸を結んだりしなくても これだけできっちりと固定され、扉が開くことはありません♪


百均に行けば 何種類かこのような強力な磁石があります、 使い道を考えるのも楽しいもんです♪
8-4110.jpg

とりあえず小さめの収納ボックスを作ってみたけど、想像以上に使えそうな予感 ( ^ー゜)b 
小型のデジイチが2台収まる大きさなんで、デジイチの収納場所になるかもしれない
この右側と下にもこれより大きめの収納ボックスを考えてます、 



ところで この記事の写真は K-S1 で撮ってみたんだけど、何かシャキッとした写りではないでしょ?
なんでだろう? と背面液晶をしげしげと見てると、あれっ! 手振れ補正が OFF の表示? 

自分では OFF にした覚えはないんだけどなあと不思議に思いながら、ON にしようとするが出来ない
そもそも、設定メニューの手振れ補正の項目がアクティブになってなくて、そこを飛び越してしまう

マニュアルを隅から隅まで見てみたけど、このようなことはどこにも見当たらない、
これって? ひょっとして・・・・初期不良?? はぁ~~、またか! 

ちなみに K-S2 も見てみたけど、K-S2 は設定メニューの手振れ補正項目はアクティブになっており
普通に ON・OFF の設定も出来るんですわ (> <) 

K-S1 の到着当初からこのような状態だったかどうかは実は記憶にないんです、 
K-S2 のAF不調で思いがけず購入したいきさつもあり、AF・ピントばかりに意識がいってたんで、

とにかく どうしても手振れ補正を ON に出来ないんで、ペンタックスサポートにメールを入れました
自分でも気付かないまま何かの設定をしてるのかも知れないし、結果はペンタの返事待ちです、 
   
   

テーマ:日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/09(木) 06:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  レンズ調整後の SIGMA17-50mm の写り♪

とうとう梅雨に突入しましたね、 これから一ヶ月ちょっと 雨模様の日々が続きます、
梅雨入り直前の気持ちの良い晴れの日、K-S2 と SIGMA17-50mm を持ち出してご近所風景を試し撮り、

新しく買ったカメラとレンズなのにピントがおかしいという今回の個人的事件(笑) の発端となったセット
点検調整からやっと数日前に戻ってきたシグマのレンズ、その状況を確かめるという意味もあります、

夕方おそく、絞り開放で シャッタースピードも遅く・・・・ なんて意地悪な条件はもう課しません、
晴天の日の昼下がり、太陽光たっぷりのなか、絞りもほどほどに絞って・・・・という好条件にて、

やっと キレの良い、抜けた描写を出してくるようになりました d( ^ ^ )
1-4116.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F8.0


もやもや描写に悩まされた SIGMA17-50mm も、ここまでキレの良い画を出してくれれば文句はありません♪
2-4118.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F10


戻ってきたレンズに同梱されてた修理伝票には、若干の 「後ピン気味」 の傾向があり調整しました、
とのメモがあったけど、ほんと~? それだけ~?? と強く思ってしまう
3-4129.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F11


とにかく、透明感・立体感さえ感じる描写だと思いませんか? おいらはそう感じるんだけど・・・・・
4-4123.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F11


夕方になって 日没直前の日差しのなかで、咲き始めた街路のアジサイ
5-4144.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F6.3


これは絞りを開き テレ端50mm で、背景のボケ具合を試してみました
6-4147.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 50mm F2.8
意図した訳じゃないけど 偶然 玉ボケも出てますね、 へぇ~♪ 円形絞りなんだぁ


生垣の隙間から顔を出してたドクダミの花、 広角端で絞り開放です
7-4152.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F2.8
おいらは このような描写がとても好き♪


ついでに テレ端で絞り開放
8-4153.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 50mm F2.8


この一ヶ月の間、何十回もピント症状の確認用に撮った構図です、
9-4138.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F5.6
今回はピントをとってる画面中央の樹木の葉っぱも十分に解像しており、不満は感じない写りです♪


これも何度も撮った構図、 F5.6 で撮ってるとは言え、まあまあ文句はない写りかな
A-4137.jpg
PENTAX K-S2 SIGMA17-50mm 17mm F5.6
また不満を感じて悩み始めるのが怖いような気がして、この構図で F2.8 まで絞りを開くことはせず (笑)


戻ってきたレンズ SIGMA17-50mm と K-S2 のコンビを試してみて、まあ満足できる写りになって安心しました
これだったら長期撮影旅にも持っていけるかな と ( ^ ^ ) 

当初あんなに酷い写りをしてたのは何だったんだろと考えてみました、
レンズ自体の調整不足ということもあるかも知れないが、自分の撮り方にも問題があったのかも・・・・
光の状態が厳しくなる夕方に、開放絞りで風景を撮るなんて、有り得ない撮り方をしてた  

限界性能、描写を見ておきたいという気持ちがあったからだけども、それでもレンズには意地悪だったか 
普通の使用状態、設定で撮ってれば、あんなに悩むこともなかったのかかなと 今では思います 

しかしまあ、初期不良調整(?) ということで、レンズはほぼ 完璧な状態になってることと思います 
時間はかかるし面倒でうっとうしいことだけど、みなさんも新品で買った機材に少しでも疑いを持ったら
初期不良調整ということで点検に出すことをお勧めします、 

考え過ぎで異常がなかったらそれでいいし、ちょっとでも調整されてより良くなって戻ってくれば嬉しい♪
なによりも 初期不良点検・調整は無料ですからね~ ( ^ー゜)b 
   
   

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/06(月) 06:00:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  3年前の K-5Ⅱs の試写を見返してみました

一ヶ月の間、新しく入手したカメラ・レンズを試し撮りしてきた訳だけど、いささか疲れました、
到着してすぐ、とりあえずのファーストショットが 有り得ないほどの酷い写りだったのが苦労の始まり、
けど、厳しい条件ばかり与えて試写をくりかえしても、改善はしないわけで・・・・・ 
これからは 良い条件の中で、より良い画像を得るにはどうしたらよいのか? と方向転換 d(-_^)

実は新しい機材を導入したのは3年ぶりのこと、 ずぅ~~と我慢の子だったんです (笑) 
3年前に入手した機材は K-5Ⅱs とシグマの 17-70mm
手にした当初、どんな写真を撮ってたんだろかと思い付き、見返してみました,

これは なにか 試し撮りになりそうな被写体はないかと歩いてたころのもの、3年前の春です、
1-K0152.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 17mm F8.0
右側のコデマリ(?) は白とびしてるけど、他はまぁまぁ良い写りです♪


これも 画に意味はありません (笑)  写り具合を見てみたかったショットです、
2-K0451.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 17mm F5.6
F5.6 でもここまでの解像を見せてくれてました♪ 大満足でしたねぇ ( ^ ^ ) 


歩いて10分ほどのところにある里山風景です、 ここら近隣の人たちのお散歩コースになってます、
3-K0240.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 17mm F9.0


同じ場所の 田植え直後の風景です、 瑞々しい解像感、透明感がたまらないですね (^^♪ 
4-K0629.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 17mm F5.6
SIGMA17-70mm というレンズも、ここまでの写りをたたき出してたんですよねぇ、、
だから K-S2 、K-S1 に合わせたときの写りに満足できなくて・・・・ 分かっていただけるでしょうか、


これは OLYMPUS の E-5 で撮ったもの、 フォーサーズ機でもこんな写りを出してきます♪
5-G9610.jpg
                                    E-5 ZD11-22mm 13mm F5.6
構図的には、フォーサーズの 4:3 よりも、APS-C の 3:2 の方がバランスがよいように感じてます、
もちろん風景撮りに対してだけど、、 お花撮りなどは逆に 4:3 の方が収まりが良い ( ^ ^ ) 


3年前のこの日は梅雨の晴れ間でした、 初夏の気持ち良い空と雲です、
6-K0630.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 17mm F5.6
手前のススキ(?) がすごい大きくて元気もりもりだなぁと感心したものです、
家に帰って調べてみたら、ススキの中でも 常盤ススキ(トキワススキ)ということが分かりました、

一般的なススキよりも花穂が出るのがだいぶ早く、6~7月頃からこのようになるんだとか、
テレビや新聞で 「秋の名物、ススキが夏前のこの時期にもうこのように・・・・」 と出るのは 
ほとんどこのススキのことだとか (笑)

シロガネヨシ(バンバスグラス) という南アメリカ原産のイネ科の植物も大型のススキのようだけど、
この写真は 常盤ススキだとおもいます、


撮り比べで E-5 でも撮ってます
7-G9618.jpg
                                    E-5 ZD11-22mm 22mm F5.6


K-5Ⅱs + SIGMA17-70mm コンビでお花撮りも試していました、 
8-K0358.jpg
                                K-5Ⅱs  SIGMA17-70mm 70mm F9.0
うっかり絞りを絞ったまま撮っていて、そのせいでバックがうるさいです、
絞りを開ければ もっと トロンとした背景ボケになってたはずです、


これらの写真は3年前に K-5Ⅱs + SIGMA17-70mm を入手したときに、写り具合を確かめるために撮ったもの
今回入手した K-S2 、K-S1 とは (極端に言えば) 次元の違う写りだということが分かってもらえますか?
初めからこのような写りをしてくれれば、何も悩まなくていいんだけど・・・・・ 

まぁ、とにかく、今度このような "抜けの良い" 好天のときに試写に持ち出してみようと考えてます、
このような光の条件が良いときに F8~9 くらいまで絞ってみれば、また違った写りをしてくれるのかも、

次のクルマ旅に備えて買ったカメラとレンズです、
少なくとも何年も前のカメラにも画質的に劣るとなると、非常に困ったことになります、
良くて当たり前のはずなんだし・・・・・ 
   
   

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/06/01(水) 21:25:11|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (42)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR