夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  15日目、稚内森林公園キャンプ場で連泊

すみません、 きょうは写真が一枚もありません 
終日 稚内森林公園キャンプ場に居て、車も全然動かしませんでした 
食べ物はありあわせのもので済まし、買い出しにも行かず、、 

ずっとやりたかった車内の手直しを ドリルまで引っ張り出してやりました 
それと合わせて車内の大整理! おかげでだいぶ "住みやすく" なりました (笑) 

旅立ちの際、必要かもしれないのでとりあえず持ち出しとこうと積み込んだものがいろいろあります 
実際は大半が不要なもので、使うことも今後無さそうです 
それらを荷造りして明日、我が家に発送しようと考えてます、 車内荷物のダイエットですな、 

稚内森林公園キャンプ場はゴミの処理もやってくれます、 カセットガスボンベ缶まで可能♪
思い切って捨ててもいいんだけど、なんとなくもったいなくて もろもろ荷造りして発送します 

稚内は今日は快晴とはいかなくとも そこそこいい天気でした♪ 
夕方以降はさわやかな風が吹き、気温もちょうど良い気温、
地元九州で言えば、9月 10月くらいの夜の感じであります ( ^ ^ ) 
虫はさすがに居るので、ドアやバックゲートを少し開けて風を流せば快適に過ごせます♪ 

さて 明日はどうしようかなぁ・・・・・ 
オホーツク海沿いの紋別から上がってきたおやじが、暑くてたまらんのでこちらに避難してきた!
なんて大声で話してた、 あんな大声でしゃべらなくても良さそうなもんだけど (笑) 


あっ、前記事は書くことが多すぎて省略したんだけど、小噺的なことをひとつ書きましょう♪
遠別町の道の駅 「富士見」 に到着する直前、セコマ(セイコーマート)があったんで寄りました
レジで精算するとき ちょうどいい案配に支払おうとしたんだけど、硬貨がちょと足りず、、 
何気にボソっとつぶやきました、 『う~ん、こうか(効果)が無いか』

したら 何故かレジのお姉さん 大笑い! 『スミマセン! ウケちゃいました』 だって! 
地元佐世保では こんなギャグ言っても、ふん! と無視されるのがせきのやま、
こんなにウケて おいらの方が驚いた! 

ここら辺のおやじは もっと おやじギャグをとばして、お姉さんたちを教育せんとなあ! 
なんて、変に息巻いてる自分が居たのでした、  おあとがよろしいよーで ( ^^) _旦~~ 
   
   

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:写真

  1. 2016/07/31(日) 21:17:14|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  14日目、稚内まで来てしまった (2)

前記事の続きで昨日の分です、 説明をなるべく省き 簡略に書こうと思ってますが・・・・・ 

さて 音威子府から北上の道は二つある、
オホーツク海沿いに出るか、名寄⇔稚内間の幹線道路 国道40号を行くか、おいらは第三の選択、
日本海側に出て オロロンラインを北上することに決めました 

途中 いくつか道の駅に立ち寄り、良さそうなところだったらそこで車中泊に入るつもり 
まず到着したのが日本海沿いの遠別町 道の駅 「富士見」
もともと大型レストランだったみたいで、道の駅は付属・・・・みたいな感じ 
01-Lt4490.jpg
駐車場は広いが、大型保冷トラックが十数台がんがんアイドリングしており、いい感じではない


ちょっと目をひいたのが、テナント的に入ってる(?)軽食屋さん
02-Lb4494.jpg
何が目をひいたかと言うと・・・・・ 


このテーブルなんですわ! 赤ちゃんの離乳食を食べさせるときなどに使う小さな折り畳み机!
03-LM4493.jpg
普通 お店では使わない机だよね♪ 
それをあえて使ってるというところが新鮮で、ある意味 かわいいかなと、、
お店の人にことわって写真を撮らせてもらいました ( ^ ^ ) 
店名 「コメドコロ」、ブログで宣伝するからと言ったんでよろしく♪ 
もし立ち寄ったら入ってみてください 


その後、近くの道の駅 「てしお」 に立ち寄るが、休憩にはとてもよいようだけど、車中泊には ? 
パスさせてもらって北上、 ナビ子ちゃんの指示に逆らってサロベツ原野に突入! 
なにかのネイチャセンターのそばに展望台らしき構造物を発見、登ってみることに
04-LT497.jpg
高さは そうねぇ・・・ 20m前後といったところか


階段の踏み板の間は透けており、こころ旅の火野正平さんだったら絶対登れない階段 (笑)
05-LJ498.jpg
こころ旅? くわしい説明は省きます (笑)


眼下を覗くとおいらの車が豆粒のよう! 火野正平さんでなくとも足がすくみます 
06-LR500.jpg


展望台からの眺めはこんなふう 
07-L502.jpg
近くに見えるのが長沼、遠くに見えるのがパンケ沼


その後、オロロンラインの最北部地域をひたすら北上しました
この道路が また格別によろしい! 凄いなぁ~と思った
08-L513.jpg
水平線と地平線と空が交わる一点を目指して、直線路がひたすら伸びる! 
周りは建物も信号も電線も標識すら無い、 こんな直線路が数十キロも続くんだから感動モノです


やっと人工物が見え、人の気配を感じる場所にたどり着くと、そこは 抜海港 でした
09-L518.jpg
以前来たときと趣きが変わってる? でかいクレーンが何台も設置されてたりして


ここまで来たら、抜海駅にも寄らずばなるまいて♪
10-L521.jpg
一時、日本最北端の無人駅として有名になった駅、テレビのドキュメンタリー番組も作られたほど


訪問帳も残ってた、 過去の訪問記事を小さめにコピーしてまとめた冊子も №12 まであった
11-L523.jpg
この訪問帳は、この土地でない人が、ボランティアで管理してるみたい、 奇特なことで ありがたいですね♪ 


突然列車らしき音がして ホームに出てみると、黄色の作業車が通過するところだった
12-L524.jpg
線路か枕木かジャリ石か、わからんけどそんなものを点検しながら とろとろと通過していった


「抜海駅」 の看板も、以前来たときは鮮やかな黄色で書かれてたんだけど、色あせて・・・・
13-L525.jpg
以前来たときと比べると、駅舎に入ってアンモニア臭が気になった、 そう トイレ臭 
入口横のトイレをのぞくと あれま! 便器も欠けたりして無残なありさま! 
このトイレを利用する人もゼロに近いだろし、撤去して埋め立てた方がよいと思った 
いろんな想いにふけるのに、あの臭いは邪魔になりそう・・・・・ 


入口そばのコンクリート面に お花が♪
14-L529.jpg


土もない場所に しぶといもんだね! 
15-L530.jpg


途中から 今夜の車中泊場所は、稚内森林公園キャンプ場に決めたので、ナビ子ちゃんに従って進む
道路さばに すき家 を発見! そだ、このすき家は3年前に入った店だ♪
16-L533.jpg
牛丼セットを食べたが、別にブースをつくって販売してた うな丼 も買ってしまった! 
誘惑に弱いへたれおやじであります、 この日の食事代・食料品代は2千円超、、 
いかん、いかん、もっと倹約観念を強くせねば!


というわけで 稚内森林公園キャンプ場にご到着♪ 霧でモヤってるのが分かりますか?
17-L538.jpg

ここは トイレはすこしいただけない面もあるが、静かだし安心して過ごせそうな場所♪ 
今回の旅は行程的に進み "過ぎてる" 感もあり、ここで数泊するかもしれない 
連泊すると言っても、この駐車場から出ないということでは もちろんありません 
食料の買い出しもあるし、気晴らし程度に街を流すこともあるのかな ( ^ ^ ) 
   
  以上、きのう 30日の分、しゅーりょー、、 はぁ~、長かった ( ^^) _旦~~ 
   
   
  1. 2016/07/31(日) 12:12:52|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  14日目、稚内まで来てしまった

今現在 稚内にいます、 稚内森林公園キャンプ場 
旅程はたっぷりと3ヶ月ちかくもみてるのに、動き方がすこし早いように感じます、 
ペースを落とさなければ・・・・・ 早く動き回る旅ではないはずなんで

疲れも自分では感じないまま、だいぶ溜まってるような気がしないでもなく、、 
夕方到着して、車中泊場所近辺の探索から車に戻ったら、急に眠気がおそってきて 
ちょっと横になったら数時間寝入ってしまいました、 起きたのは夜中、
今日の行程の記録は途中まで、残りは明日書くことにします 


道の駅 「ピンネシリ」 の朝、 雨が降るのをなんとか持ちこたえてるといった天気です
1-L4479.jpg


この道の駅にはランドリーがあって、安く使えるのにびっくり! 
2-Lu4481.jpg
洗濯機 200円、乾燥機 40分 100円、60分 200円とか 実にリーズナブル 

ここでまた、失敗をやらかしました! 
トイレで用を足して出てくると、向かいの女性用の洗面場で 小ぶりのおじさんらしき人が
シャカシャカ歯をみがいてる、 男女用の場所が分からなかったのかと思い声をかけました、
 『あの、ここは女性用ですよ♪』  振り返ったその顔は中年の女性だった (> <) 


隣りで車中泊してたこの女性だったんです・・・・・
3-Lq4483.jpg
男と間違われてショックだったろうな、 悪いことしたな、、


さて、とにかく動き出そうということで30分ほど走って音威子府駅へ
4-Lx4489.jpg
きのう素通りしたところだけど、ここの名物 真っ黒のそば を食べたかった


駅の待合室内にあります
5-Lz4488.jpg
立ち食いソバ屋さんではあるけど、座る場所もささやかに有ります


3年前の旅の時、TVで見て知って食べてみたんだけど、とても美味しかった♪
6-Ly486.jpg
月見そばを食べたが、これまた失敗! ブログで紹介用の写真を撮るのを忘れた 
思い出したときは半分ほど食べたあと・・・・ あの黒いそば麺をご紹介したかったなあ、
 
ここで朝、男性と間違えた女性のご夫婦と偶然に再会♪ おぉ~~♪ とお互い声をかけあい (笑)
音威子府駅をバックに記念写真のシャッターを押してあげました 


  と、ここまで書いて限界です! 残りは明日書かせてもらいます ((○┐ ペコリ  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/31(日) 02:03:59|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  13日目、雨の中 美深から 道の駅 「ピンネシリ」 へ

今日は昨日にまして よくない天気だった 
こんな天気だから もう今日は移動をせず、美深のキャンプ場で連泊を考えました 
だから7時前に起きたあと、手内職みたいな(笑) 細々した工作をちまちまとやってました 

けど お昼を過ぎ、食べるものもないので外に食べに出ようかと考えたとき、
ついでに 泊場所も変えちゃえ! という考えになり・・・・・ 

何といっても 湿度がたまらんのですわ! おそらく90パーセントト以上 
このキャンプ場は芝生ではない雑草の草地に車を停めさせてるんだけど 
その植物から立ち昇る水蒸気が湿気の原因だと思われる 
同じ湿度でも、アスファルト・コンクリート地面だと その湿気の感じ方が違うようだ、

なにわともあれ、50キロほど北の中頓別町、道の駅 「ピンネシリ」 に向かいました
「ピンネシリ」 は漢字で書くと 「敏音知」   ここにしたのは 380円で入れる温泉があったから、
美深にも美深温泉というものがすぐ隣りにあるけど、美深温泉には以前入ったことがある、 
とにもかくにも 湿気感から逃げたかった (> <)


半分ほど進んだところの音威子府(おといねっぷ) ここで食事をとることに、、
1-Lp471.jpg
きのうからカツ丼系を食べたくて 士別でも探し回ったけど 結局 食べれず、
きょうは立ち寄ったコンビニさんで食堂を尋ねました、 そしたらすぐ近く 見える所にあって、


この のぼり は裏から見る形になっており、言わば鏡文字、 なんと書いてるかわかりますか?
2-La472.jpg
おいらは食堂を出るまで眺めて考えてたけど、結局分からず! 
大きい文字はすぐわかったけど、小さい文字が・・・・・ 
正解はこの記事の最後で発表します~♪


道の駅 「ピンネシリ」 には午後4時頃到着♪ さっそく道向かいの ピンネシリ温泉へ
3-Ln477.jpg
この道の駅は幹線道路ではないせいか、立ち寄る車も少ない 
ここで今夜車中泊するのは おいら一台だけかも知れない 
本来だったら、おいらとしては敬遠したい車中泊場所なんだが、今回の場合は仕方がない
あえて、強行車中泊を決心しちょります く (⌒^⌒)  

その点 前夜のキャンプ場は安心だった、 安心感が全然ちがう 
しかし何度も書くけど あの強烈な湿度感ね! 逃げ出したくなる湿度感・・・・・


さて 明日はどうしようかねぇ・・・・?
道なりに進めばオホーツク海側に出る、 しかし オホーツク海沿いは南下のルートで走りたい
理由は別にないんだけど、何故かおいらはオホーツクと言うと南下のイメージが強くて、、

ただね、天気があさってくらいまでこんな感じらしい、 写真は撮れそうもない天気 
写真を撮らず ただ車で走るだけっつうのは出来るだけ避けたいところ、、 
またどこか、近くで別の道の駅を探してそちらに移動するだけかも知れない 
思い出のタネとして、できるだけ多くの道の駅で泊したいという思いもあります f( ^ ^ )


さて 鏡文字の正解写真、 反対側から撮ったもの
4-Lw473.jpg
「いらっしゃいませ」 はすぐに分かったんだけど、「ようこそ!」 がまったく分からず、、
みなさんは分かったでしょうか (笑) 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/29(金) 19:51:04|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  12日目、21世紀の森から美深のキャンプ場へ

ゆうぺは一晩中雨に降られました、 今日も いつ降りだしてもおかしくない曇り空 
起きたときから今日の写真撮りはあきらめました 

おいらが停めてたスペースのひとつ空けて向こう、黒い軽自動車が停まってました 
このブログによくコメントをいただく方が バモスに乗ってて、改造を考えられてる様子、
参考になるかも知れないので写真を撮らせてもらおうと近付くと・・・・ あれっ! 
バモス ではなく、タントでした (^_^;) 
1-LU456.jpg
この方、京都のSさんにブログに写真アップするかも、と伺うと
『どんどん出してくれ! 一向にかまわん♪』 ということなので顔出しさせてもらいます


バモスではなかったけども、同じ軽ワゴンでこれだけのソーラー重装備!
2-LI457.jpg
ルーフキャリアとソーラーパネルの間の木箱は物入れだそうで、自作です


車内はと言うと、こちらはおいらのディアスの方が広いようですね
3-LP459.jpg
しかし 燃費を伺ったところ、なんと! 25k まで伸びるそうで、ぶったまげた! 
おいらが乗ってるディアスの倍なんて、まさに有り得ないほどのネンピ! 


話好きのおもろいおっちゃんで、これは使用料月額1600円のスマホを自慢してるところ (笑)
4-LY461.jpg
おいらは百均の強磁力磁石の便利な使い方を説明したり、目隠し銀マットのワンランク上の
作り方をご教示して差し上げたり、時間はどんどん過ぎていきました 

あっ、持参してたブルックスの10gコーヒーをいれて差し上げたら、ずいぶんと喜んでくれた♪
今思うと、コーヒーのパックをいくつか置いてくればよかったな・・・・ なんて、、 

楽しい時間は早く過ぎるもので、気が付けばお昼に近くなってる! 
あわてて支度して 21世紀の森キャンプ場を後にしました、、

今夜の車中泊場所に考えてたのが 旭川を北に行ったところにある、美深キャンプ場 
時々小雨が降る中、走っていきました
途中 どこだかよくわからないけど、ポプラの並木を発見♪
5-LR462.jpg
ちょうど雨も上がってたし、降りてパチリです 


比布(ぴっぷ)町の比布神社、 30数年前、TVCMで盛んに流れてましたネ♪ 
6-LD465.jpg
当時の社長だか会長だかのお年寄りと樹木希林さんの軽妙なやりとりが面白かった (^^♪ 
そのころ新婚旅行でまわったとき、この比布神社に立ち寄り写真を撮ったものです 
ふとそんなことを思い出し、懐かしさで車を停めて パチリ♪


士別でダイソーに寄って また爆買いしたり、ラーメン店に入ったりしたんで美深着は午後5時
7-LB467.jpg
写真では しっとりとした森のキャンプ場といった風情だけども、この時湿度が凄かった! 
車を停め カメラを出した瞬間、レンズが真っ白に! 
普通は外気温・湿度にしばらく馴れさせると、自然に消えていくもんだが 違った、 
いっこうに曇りがとれない、、
仕方ないんで最後の手段、 着てるもので曇りをふき取って撮ったのがこの写真です


左側に緑色の小さなテントがあるでしょ、 このテントの方と話して驚いた! 
8-LS470.jpg
車で来てたけど、この地で故障! いま修理してもらってるが 完了するのは8月初めだって!
仕方ないんで車が直るまでこのキャンプ場でテント暮らししてるんだとか、、 

いやはや、他人事ではないんですわ、 おいらの車も 10年以上も前のポンコツだからねぇ・・・・ 
   
   
  1. 2016/07/28(木) 22:27:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  11日目、千望峠駐車場 から 21世紀の森キャンプ場へ

夕べの千望峠は風が台風並みに強く、車が揺さぶられて気になった、 そして寒かった!

さて、美瑛・富良野地域で写欲がわかず、とりあえずこの地域を離れることを決めたところだけど
くだんのリッチなトレーラー車中泊の方も、急きょつくばの自宅に帰ることを決めたそうで、、
1-G1047.jpg
車とトレーラーハウスの連結も完了、 しばしの時間 名残りを惜しみました


朝食もとらず 千望峠駐車場から脱出 (笑) 
途中 旭川郊外の 「21世紀の森キャンプ場」 で朝食兼昼食にしようと思い、寄ってみました
2-G055.jpg
「21世紀の森キャンプ場」 は初めてです、 旭川市内の割と都会地にあると 漠然と思ってた
しかし カーナビの指示通り走っていくと、ずんずんと山の中へ! 
周り数十キロ 民家もコンビニなどのストアも無い山の中に到着 


この建物は キャンプ場の総合案内所
3-L429.jpg
中に入ってとりあえず聞いてみると、キャンプも車中泊も無料! 届け書だけ書いてください
水道の流し場もトイレもあり、洗濯機も置いてある、 洗濯機使用は 自己責任での 100円箱 
よくある 無人販売所 と同じ、 機械でのタイマー式ではない 

駐車場から車で1分、歩いて15分離れたところに温泉もある、 これが入浴料無料! 
旭川の北、美深の道の駅あたりまできょうは走るつもりで千望峠をでたけど、予定変更! 
ここで一泊することに決定♪ 今日の走行距離はなんと! 60キロ、
写真のモチベーションつうか、旅自体のモチベーションも下がってきてるんかしらん ( ̄~ ̄;)?


すこし歩けば運動にもなるかと、無料温泉に歩いていってみました、 これがその温泉
4-L437.jpg
無料というのはほんとに有り難いな♪ と入ってみると、 えっ! 石鹸・シャンプー使用不可!
排水の浄化設備がなく、川にそのまま放水、 その川の水は農業用水に利用されるということらしい
無料は嬉しいが、石鹸・シャンプーが使えないのはちょと困る 
世の中 そんなに甘くないということか、、 


駐車場の横に 公園らしきものを発見! 時間はたっぷりあるんでカメラを手に降りてみました
5-L432.jpg


池にいろんな花が咲いてて、この黄色い花はナニ?
6-L441.jpg


このピンクのお花は 一瞬、睡蓮? 蓮(ハス)? と迷ったけど 睡蓮のようですね
7-L445.jpg
睡蓮独特の あのレンコン状の花の中心が無いし、葉も睡蓮のもののようです


綺麗なもんですね~♪ この写真には写ってないけど、突然変異なのか 黄色いお花もありました
8-L452.jpg

この 「21世紀の森キャンプ場」 はほとんどが無料で貧乏旅行者には有り難い施設ではあるけど
ただ 問題が無い訳ではない、 
食材の買い出しは 10数キロも離れた場所だし、温泉で石鹸・シャンプーが使えない
駐車場のトイレは和式便器で しかもひとつだけ、すぐ近くの公園トイレには洋式便器があった

それと 深い森の中の立地だけに、虫が多いね!
クマンバチクラスのでかい蜂が数匹 車の中に入ってきて、困った! 
驚かせて刺されでもしたらイヤだし、丁重に誘導して車外にお引き取り願った、 

初めて見る虫なんだけど、刺す? 噛みつく? 虫がいて困った 
なんか チクッとしたんで見ると、蜂くらいの大きさの虫が肌にとまってる 
あわてて払うと逃げるが、すぐに同じ場所にとまろうとする、 あの虫はなんなの? 

まあ いろいろあるけど、今夜一晩はこの 「21世紀の森キャンプ場」 に車中泊です 
食料を買い出しに行かないとなあ・・・・ と思ったけど、食パンの残りや買い置きのカップ麺
乾パンなどでなんとか過ごせそう、 動かないですみました♪ 

あっ、持ってきてたカセットガスコンロとケトルで、今日初めて湯を沸かして、コーヒーを飲みました♪
めちゃくちゃ! 美味しかったなあ♪ 
バッテリーとインバーターで湯を沸かして飲んだことは何回かありはするけど、
バッテリーの状態が気になって、味わって飲むという感じにはなかなかならなかった (笑)

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/27(水) 21:06:09|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  10日目、なかなか思うような写真が撮れない

今日も美瑛・富良野地域に居ました、 居ることは居たけど あんまりいい写真は撮れず 

きのう、映画のロケーションのとばっちりで まともに写真が撮れなかった 就実の丘 
しゃくに障るんで 再度行ってみました、 今日もやってるかもしれないと思いもしたけど、
1-LS298.jpg
やはりこちらからの方が きのうのよりもだいぶいい♪ 
わかりにくいけど、アップダウンは二つあるんですよ、下って 上って 下って 上って


就実の丘 とは とても広い地域で、こんな風景もありました♪
2-LS285.jpg


こんな風景も♪ トウモロコシの花が咲いてた、 夏の終わりには収穫するんだね♪
3-G7265.jpg


就実の丘 は旭川市の外縁部にあり、すぐ近くは美瑛町になる 
その美瑛町の外縁部に 赤羽のポプラ があります
4-G7236.jpg
なんだか・・・・ うまく撮れなかった、 モチベーションが上がってないからかな 
えと、就実の丘 も 赤羽のポプラ もメジャーな撮影スポットとは言えず、案内看板などは無し!
知らないと探すのには相当苦労する場所にあります 


モチベーションが上がらないまま夕方近くになり、千望峠へ帰ることにしました 
晩飯代わりに ラーメン山頭火で 味噌ラーメンを食べました
5-G7246.jpg
親子丼用くらいの小さい器に入ってて 810円! たけぇ~~! 
味もあんまりパッとしたものではなく、これで 810円は無いだろお~! 
もうおいらは山頭火に入ることはないでしょう


今夜の千望峠駐車場、 ちょっと少なめですな、
6-LS225.jpg


この写真の方は、なんと! この駐車場で滞在一ヶ月になるそうな! 本格的なトレーラーカー
7-LS226.jpg
日中はトレーラーを駐車場に残したまま、車でどこか行かれてます 
その車がこれまた なんと! ポルシェのエンブレム! しかもターボ! 
誰かが言ってたけど、この車だけで2千万円もするんだとか、すげぇ~ 

フェリーに車を乗せるときは 車長 で料金が決まってきます 
こちらの乗用車とトレーラーで 11m だとか、 料金は2台分になります 
それだけ裕福そうな感じなのに、どうしてこんな車中泊してんだろか? 

車のみでやってきてホテル泊したり、月単位で部屋をレンタルしたり、その方が安くつく?
そして 仕事でもないのに同じ場所に超長とう留・・・・ 分からない?? 
おいらみたいな貧乏人と裕福な方の思考パターンは違うんでしょうね・・・・・ 


おいらはこんなミニマムな車で ささやかな旅を続けてます、 それでも楽しいもんです♪
8-LS227.jpg


あっ、きょう セイコーマートの会員カードをつくりました、
9-LS217.jpg
北海道内では大メジャーなコンビニ、セイコーマートだけど、何故か他のコンビニと比べると
めちゃくちゃ安いような気がする、 普通 120~160円のコーラが 100円とか! 

きょうレジで聞いてみたら、表示してるのは会員価格みたい・・・・ 
ちなみにきょう買ったコーラは、表示価格 100円なのにレシートを見ると 税込み118円? 

ちょっと理解に苦しむ数字ではあるけど、会員カードを提示して買えばもっと安くなるそうな!
3ヶ月滞在予定のおいらとしては、会員カードを持った方が得と考えた♪ 

セイコーマートは北海道内では 他社コンビニを抜きん出て店舗数が多い 
また 店舗外のゴミ箱を店内に入れてるコンビニが多い中、セイコーマートはまだ店外設置♪ 
車中泊族にはとても有りがたいコンビニなんです~♪ 


ゴミ問題は車中泊旅をするときは問題のひとつ d(-_^) 
道の駅でも 街角でも、とにかくゴミを捨てるところが無くなってしまった 
観光地でも観光施設でも、「ゴミはお持ち帰りください」 の表示 
『んなこと言って、旅人はどうすればいいのさ!』 
ゴミをかかえたまま旅を続けて、家に持って帰れと言うのかあ!! 

生活をすれば 間違いなくゴミは出るもんです、 これは必ず出るもんで仕方がない 
おいらはゴミをハサミで細かくして容積を減らし、コンビニ袋に詰めてコンビニで捨ててます
もちろんその代償としてそのコンビニさんで何がしかの買い物はするんだけど・・・・・ 

そんなとき、ゴミ箱店外設置のセイコーマートさんはとても嬉しい存在♪ 
店内設置のコンビニでも捨てられないことはないが、店員さんの目がひかってるようで、、
セイコーマートさん ありがとう♪ みなさん、セイコーマートで買ってくださ~い d(^○^)b


さて、今回は美瑛・富良野地域ではどうにも写真撮影のモチベーションが沸かない、、 
明日はこの地域から離れようかと考えてます、 旭川経由で少し北上するか? 
あるいは旭川市内の 「20世紀の森公園」 で車中泊するか? 考慮中です  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/26(火) 23:13:24|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  9日目、就実の丘(しゅうじつのおか) って どこだ?

明日の朝も連チャンで千望峠の日の出を狙ってるんだけど、前日の早起きでだいぶ疲れてます 
少しでも早く寝ないといけません、 今日の記事は簡単にいかせてもらいます 

これがその日の出のシーン・・・・ 全然 冴えません、 時間は午前4時半ころ
1-LS2_53.jpg
太陽が出る場所が 様になってないし、朝焼けもほとんど無し、朝霧もほとんど無し


午前6時に近いころです
2-G72596.jpg
この程度なら、自分的には全然気に入らず・・・・・


午前11時頃から千望峠駐車場から動きはじめました
3-G72500.jpg
動き出しが遅くなったのは、車中泊の使い勝手がよくないところを手直ししてたため 

電動ドリルなども荷物の奥から引っ張り出して ある程度本格的にやってました、 
だいぶ本来の車中泊モードになったように思います 


午後になって、旭川空港近くの 「就実の丘」 に写真を撮りにまわったんだけど 
これがなかなか分からず、えらい苦労をしました 
4-LS2_75.jpg
カーナビでは検索にひっかからないし、地元のコンビニ店員さんも誰も知らない! 
何時間も走り回って やっとここだろう、というところがこの写真です 


「就実の丘」 には 「新ジェットコースターの道」 というところがあって
それを見つけたんだけど、うまく撮れなかった
5-LS2_84.jpg
この場所で 映画のロケ撮影がされてたんです! 
毎年夏に 東川町で 「写真甲子園」 というコンクールが実施されてます 
それを題材にした映画なんだとか 

やぐらを組んで映画撮影用のカメラが設置されてたり、撮影スタッフ、出演者、エキストラ 
数十人が 「新ジェットコースターの道」 のところに居たんです 
交通止めではなく、撮影の合間になんとか通ることはできたけど、写真撮影はダメ! 

この写真は通り過ぎて反対側から証拠写真的に撮ったもの 
やはり 向こう側からの写真が本来の構図みたい。。。。 

今日は寝不足もあって、かなり疲れました、 ここらへんで休ませてもらいます、、 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/25(月) 22:55:39|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  8日目、南富良野から上富良野 千望峠へ

今日は写真枚数が多いので 画像サイズを若干小さくしてます 

南富良野の道の駅を出て、きのう写真を撮った 金山湖へ、 時間は10時頃
1-LS2_94.jpg
きのうは午後の撮影だったんで、午前中の光の状況はどんなかなあと思って・・・・・


しかし きのうとあんまり変わらなかったっすねえ、アハハ♪
2-G72432.jpg


交換レンズも持ち出し、これは 50mmマクロ F2.0 で (^^)/
3-G72446.jpg
前ボケ、後ボケを狙ってみたけど・・・・・ ヘタっぴっすね (笑)


金山湖をあとにして、上富良野の日の出公園に向かいました 
日の出公園のラベンダー畑も満開かなあと思ったから、 
メジャーなラベンダー園、ファーム富田には初めから行く気は無し! 
花園を撮るよりも人の波を撮ることになるのが あきらかに分かるから

上富良野への途中、布部札幌軒に寄りました
4-LS2_11.jpg
「北の国から」 のドラマの中にも登場するラーメン店で、「北の国から」フリークには有名♪
しかし、9月いっぱいで閉店します、の張り紙! 残念!


店のおばちゃんと、「北の国から」がらみの話をしながら 味噌ラーメンをいただきました
5-LS2_14.jpg
この店で食べるのも これが最後かなあと思うと、なんだか感慨深い


日の出公園のラベンダー園に到着、 しかしここも 予想通り車と人で沸きかえってる!
6-G72468.jpg


どこを撮っても 人が多く入り込むんで あんまり撮影意欲もわかず、早々に退散 (> <)
7-LS2_21.jpg


今夜の車中泊場所に決めた、上富良野の千望峠に到着、 まだ午後2時半くらいです
8-LS2_27.jpg


ふと気付いたら駐車場横の麦畑の上に、UFOみたいな面白い雲があったんで パチリ♪
9-LS2_32.jpg


まだ時間が早いんで、この近辺を車で流してみることにしました 
今まで入ったことのない脇道へ入ってみたら、また違った新鮮な風景があるかも♪ 
その考えは正解だった、 麦稈ロールを作ってる作業に偶然遭遇♪
A-G72480.jpg
麦稈ロール とは、牛さんのエサになる牧草を大きなロール状に固めたもの 
固いロールになるんで、普通の倉庫にも積み上げられるんです♪ 


この作業を見てると飽きない、 おもしろい ( ^ー゜)b 
刈り取られた牧草の上をトラクターで走ると、後に引いてる機械が牧草をすくい取り、
機械の中で丸いロール状にまとめる、 そして所定の大きさまでロールが大きくなると
丈夫なひもで外側を固定し はきだす!  
そのはきだし方が ニワトリが卵を産むように パコッと出てくるんで面白い♪ 
B-G72481.jpg
これがその 産まれた瞬間 (笑)


このあたりは 初めて足を踏み入れた場所だけど、美瑛・富良野らしい風景が広がってました♪
C-LS2_35.jpg


畑の色が まだらになってるでしょ、 これは畑の色ではなく、雲の影
D-LS2_36.jpg
刻々とこの影が動いていくんです、 自然というものを感じる瞬間 ( ^ ^ )


まだまだ車中泊モードに入るには時間が早かったんで、上富良野市街の温泉に入浴
E-G72483.jpg
フラヌイ温泉という大衆温泉場で 入浴料 \600  しかし この温泉に入って驚いた!
地下深くから汲みだした源泉の温度が 31度だそうで、それを加熱することなく出してる 
洗い場の蛇口も温度調節もできない、 源泉をそのまま出してるようだった 

おそらく 20度台まで温度は落ちてるはずで、ちょっと温かい水・・・といった感じだった 
もちろん加熱して40度くらいの湯船もありはしたけど、蛇口から出てくるのはほとんど 水!
600円の入浴料を取るんだったら、もう少しなんとかしてほしいと 正直おもった "(-""-)" 


ところで 午前中の金山湖ラベンダー園でのことだけど、
おいらが写真をほぼ撮り終えて引き上げようかとしてるころ、結婚衣装を着た男女とカメラマン
そしてスタイリストかアシスタントか分からんけど 4~5人の男女がやってきた、

見るともなしに見てると、その若い男女がラベンダー畑の中に ずんずんと! 
カメラマンは少し離れた高いところから その男女にポーズをとらせて写真撮影! 
結婚披露宴での余興に使うスライドショー用の撮影と思われるのは明らか、

しかし思うのは、なんで何の躊躇もなく綺麗なラベンダー畑の中に入っていけるのか?
おいらには その神経が到底理解できない! 

お花畑や農作物の農場は とてもデリケートなものであります! 
数十キロの人間の体重で植物の根元の土は踏み固められ、水の通りがわるくなる 
履物に付いてた植物に有害な菌が畑にまん延するかも知れない 
「畑に入るな」 という立て札が無くとも、そこら辺のところは普通の大人なら常識、

無性に腹が立ってしまった "(-""-)" 
ブログでこのように書きなぐるだけでは犬の遠吠えと同じ、
その場でそのカメラマンに言ってやった、
『ラベンダー畑の中に入るのは いかがなものか?』 ・・・・返答無し 
『プロか!』 と言ってやった (; ・`д・´) 

これを読んでもらってる皆さんはどう思われるでしょう・・・・・ 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/24(日) 23:23:55|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  7日目、金山湖でラベンダーに遭遇♪

前日の3時間睡眠が原因か、今朝の目覚めは滅茶苦茶遅かった! お寝坊さん 
なんと目が覚めたのは9時! 約8時間も寝ていた 
ちなみに目覚ましはかけてません、 自然目覚めの毎日です (笑) 

鵡川の道の駅を出たあと、富良野方面へ向かうことにしました 
富川で左折して、占冠経由で富良野盆地入り、 このルートは3年前のときと逆のコースです
このルートをとりたかったのは、ある目的があったため 

それは 前回の旅で偶然見つけた平取(びらとり)のトトロがどうなってるのか確かめたかった
でっ、その場所に行ってみると・・・・・ あった! ありましたよ~♪ 
画面右端のどんぐり目のトトロちゃん、分かりますかぁ~♪
1-LS2_14.jpg


近くに 「さくらぎ小学校」 とでもいうのがあるんでしょうか?
2-LS2_15.jpg


3年前と比べると こころなしか少し太ったみたい! 運動不足か中年太りか (笑)
3-G72388.jpg

前回は小一時間撮ってる間に 誰も来なかったけど、今回は なんと3組も来た! 
いくらか有名になったのかしらんと そのうちの一人に ここを知ったいきさつを聞いたところ
「じゃらん」の情報なんだそうです、
面白いと思って、通りかかったら寄ってみようということらしい 

前回の旅で おいらは偶然に見つけて写真に撮り、ブログにも何度か上げた 
その写真を じゃらん の担当者が見たのかも知れないね d(-_^)
そう考えると楽しい ( ^ ^ )
発見者の権利として名前を付けましょう (笑)  びらとり の トトロ ということで、「ビラトトロ」


平取を過ぎ、占冠の道の駅を横目に見て素通り! 
占冠の道の駅は前回いやなことがあったんで、絶対寄らない (⌒^⌒)b 

金山峠を越えて富良野地域に入ると まず南富良野町、そしてその手前に金山湖があります
ダム造成による人造湖で、周辺は公園として整備されてます 
今日は土曜日ということで、家族連れやカップルさんのテントが数十も張られてました
4-G72300.jpg


そんな写真などを撮ってると、あれっ? 紫色の一角が!
5-LS2_42.jpg

そうです! 富良野名物のラベンダー畑が満開だったんです♪ ラベンダーと言えば、
ファーム富田がダントツで有名だけど、美瑛・富良野地域には他にもあちこちにあるんです、

金山湖にもラベンダーゾーンがあることは知ってたけど、時期的に終わってると思ってた 
アップでマクロ風に♪
6-LS2_70.jpg


今年は春先から例年より寒い日が続き、いつもより開花時期がずれこんでるんでしょうね
7-LS2_76.jpg

思ってもいなかった素敵なラベンダーに出会い、ラッキーな一日でした (∩.∩) 
あした午前中に また寄ってみようかと考えてます 
太陽の角度で また違った感じになることがあり、ひょっとしてもっといい写真が撮れるかも♪


金山湖から南富良野の道の駅までは近い、 時間もまだ早いんで いつもの幾寅駅に寄ってみる
8-LS2_81.jpg
映画 「鉄道員(ぽっぽや)」 の舞台になった 幌舞駅 なんです 
今も映画撮影当時のまま残してあります、 
残すと言っても もともと 幾寅駅というJR駅だった訳で、幌舞駅の表示板から離れた場所に
小さく 幾寅駅 という表示板もあったりします 


現役の無人駅だけど、この待合室の綺麗さは まぁ! なんということでしょう♪
9-LS2_87.jpg
いくとら婦人会のお姉さん方の手作り座布団が 椅子にかけてあります♪ 
こんな綺麗な無人駅の待合室は見たことない! 


今夜は南富良野の道の駅で車中泊です 
明日は金山湖のラベンダー畑にまず寄って、それから上富良野の日の出公園に行ってみようかと
日の出公園のラベンダー畑も、ロマンチックな感じがして素敵なんですよ~♪ 

ファーム富田は今年は凄い美しさだそうです! 
しかし 駐車場は午前中で満杯になるほどの人出で、人が多い場所が嫌いなおいらは パス! 
いいんです! メジャーな観光地を訪ねまわる旅では無いんだから (笑) 
   
   
  1. 2016/07/23(土) 22:16:54|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  6日目、京極町から鵡川町へ

道の駅 「名水の里きょうごく」 では、何故か眠りにつくことが出来ず、2時過ぎまで
もんもんとしてやっと、2時過ぎに意識が遠のいて眠ったんだとおもう 
なのに、朝目覚めたのは何と! 5時半! いったい おいらの体はどうなっちまってんのか?

人の少ない湧水汲み場の駐車場の方に移動して、じっくりと車内整理に臨みました 
積み込んでる荷物をある程度外に出して、そのあと考えながら積み込み直し 
やっと整理の目安が見えてきました、 これからも機会を見て何度もやらねばいけません 


さて 肝心の旅のことに戻りますが、今日は雨こそ降りそうな天気ではないが 
青空はなく なんかモヤッとした冴えない天気、 写真撮りはあきらめました、
けど じっとしてる訳にもいかず、とりあえず動き出しました 
道央、道東に向かう足がかりの日にしようと決めて、、 

苫小牧の先まで移動しようと考え、途中に支笏湖のそばにある 「オコタンぺ湖」に向かう 
別に有名な湖でもないし、いい風景かどうかも知らない、 とにかく寄ってみようと、

したら! オコタンぺ湖まであと数キロというところまで来て、全面通行止めのゲート! 
なんでも 道が崩れてて危険なため、全面通行止めになってるらしい 
そりゃないよなぁ~、2時間くらいかけて走ってきたのに・・・・・ 

仕方ないので引き返す、 支笏湖畔に 「ポロピナイ公園」 という案内板を見かけ寄ってみる
1-G7220871.jpg
前方はもちろん支笏湖なんだけど、低い雲というか霧というかそんなものが立ち込めて視界悪し


レストハウスみたいな、そんなものがありました、 多くはないけどお客さんもそこそこ居て
2-G7220861.jpg


建物のそばにお花を見つけてパチリ、 名前は知りません、
3-G7220867.jpg


これは? タンポポなのかなあ? 草丈30センチくらいあり、タンポポにしては背が高い
4-G7220868.jpg


途中まで来た道を戻り、支笏湖を過ぎてから苫小牧方面へ、、 
苫小牧と言えば、前回の旅でイオンモールで買い物をしたことを思い出し、寄ることにしました
5-G7220875.jpg
買い物は・・・・・ イオンモール内のテナントで入ってるダイソーです (笑) 
品ぞろえがけっこう多くて、前回は多くのものを買い込みましたが、今回も3千5百円ほど、、

いちばん買いたかったのは、夜間の車内作業が不便なんで電池式のミニライト 
他に買ったのは、ドロップとかせんべい、荷物固定用の細紐ロープ、手帳 etc... 



苫小牧に近い鵡川町の道の駅 「むかわ四季の館」 に着いたのは午後4時頃
6-G7220878.jpg
ここは前回 3年前の旅で車中泊した道の駅です 
街中なのに駐車場は広くて静か♪ すぐ隣は鵡川町役場ということで安心感もありますね♪


しかしまた今回は、これこの通り! 車を停める場所も見つけ辛いほどの混雑ぶり!
7-G7220882.jpg

道の駅の営業時間が終わった今はだいぶ少なくはなったけど、それでも駐車の車は多い 

あっ、今夜初めて車のバッテリーで炊飯器を使いましたよ♪ 
正確には 車載バッテリーではなく、サブの12Vバッテリー 
結果は半分成功 (笑)  水加減を間違えて水っぽくなってしまった、 でも食べられました♪
同じバッテリーを使ってお湯も沸かしてカップ麺で食事、 これで生きていけます (笑) 

あしたは、平取、占冠経由で富良野入りしようかと考えてます、 
前回3年前の旅では まったく逆のコースで走りました、
あのときは 雪が降り始めた富良野からの脱出ルートとして必死で走りましたが、、 
   
   
  1. 2016/07/22(金) 22:23:53|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  5日目、積丹半島一周

夜が明けていよいよ実質的な北海道旅、第一日目です♪ 
天気は快晴ではないけど 晴れ、 積丹半島に居ることだから 積丹半島一周をしてみようかと、

反時計回りで 余市から北上すると ローソク岩が見えてきます
1G7210840.jpg
けど、沖合数百メートルのところにあるから、なかなか大きく撮れないんです


岬ひとつ挟んだ反対側には、これまた奇岩中の奇岩、夫婦岩があります
2G7210836.jpg
これは海岸防波堤から10mくらいの場所にあるから大きく撮れます♪

積丹半島は道路改良が進み、危険な海岸線の道路から、ちょっと山手の安全な道に替わってます
この夫婦岩の海岸線道路も 昔は積丹の幹線道路だったけど、今は行きどまりの道路に、
だから知らない人はほぼ間違いなく見過ごして通り過ぎるでしょうね、、 

おいらは最初、北海道の写真お友達さんに案内して連れてこられました、 
そうでなかったら けっして分からなかったとおもいます 
その北海道の写真お友達さんには 感謝、感謝です♪ 


次に向かったのが、神威岬に近い 「島武意海岸」 という景勝地
3G7210845.jpg
しかし、えっっ? 前回来たときと 海の色が全然違う! 
シャコタンブルーという言葉があるほどに、独特の深い青色のはず・・・・ 意気消沈 (> <)
 

けど 気を取り直して 海岸まで降りてみることにしました、 前回は嵐で道が壊れてたので、
4LS2_4199.jpg
降りてみると 二組の男女が波打ち際で戯れていました、 けど・・・・ それだけ!
景色は展望台から眺めるのがベストでしたねえ、、 

降りたはいいけど、戻るには来た道を上らなきゃなんない、 これがめっちゃ きつかった!
もう二度とおりないぞと思ったのでしたあ (笑)

今日は海の色が積丹らしくない日なんだと考え、神威岬は寄らないことにしました 
どうせいい写真は撮れそうもないし、神威岬入口の表示を横目に素通り 


岩内まで下って それから倶知安方面へ、、 その道すがら見つけたのがこれ ↓ 
5LS2_4211.jpg
瞬間 『あれっ? ケンメリじゃん!』 と急ブレーキ! 
ふたまわりくらいは小さいけど 美瑛のケンメリの木にそっくりなポプラの木♪
こういうものを見つけて、自分だけの撮影ポイントとするのが楽しいんですよ、、


羊蹄山と広大な農場風景♪ 畑の作物は たぶん甜菜かな? よく分からないけど、、
6LS2_4212.jpg
羊蹄山はいつ見ても山頂が雲で隠れてる、 おいらは羊蹄山の頂上を見たことがない 


ということで今日は早めに切り上げ、羊蹄山麓の京極町道の駅 「名水の郷きょうごく」に居ます
整理がつかない車内をなんとか少しは居心地よく片付けたく、明るいうちに到着
7G7210858.jpg
で、隣りに停まってる車を見て びっくり! 見た感じ、赤帽さんの軽トラックのようだけど、
実はこれ、車中泊仕様に本格改造されてるんです!

ソーラーパネル2枚設置、荷台の幌の中も見せてもらったらいろいろと作り付けてあった!
旅をしてるといろんなクルマや人に出会います、 それもまた車中泊旅の楽しみのひとつ♪ 
   
   
  1. 2016/07/21(木) 23:17:22|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  4日目、北海道上陸♪

3年ぶりにやっと北海道上陸を果たし、今 余市の道の駅に居ます♪ 

まず これは昨日の写真なんだけど、車中泊した松江の道の駅 「新庄」 の近くに
車のCMで有名になった橋があるというので ちょっと回り道して通ってみました♪
1MS1_4231.jpg
真ん中の角のように盛り上がってる道路がその橋で 江島大橋というらしい 
俗に今は 「べた踏み坂」 と言われてるみたい (笑)


これもゆうべ深夜、フェリー乗船待ちをしている図、後ろの大きな船が乗り込む船
2MS1_4242.jpg

船に乗り込んだら運転から解放され、のんびりできるぞ♪ と思ったせいか なんと! 
船中ではずっと眠りっ放しでしたあ!

乗り込んだのが夜中の0時、自分のケージにとにかく落ち着くと買ってきたコンビニ弁当 
そしてすぐ船内の風呂に入りました 
風呂から上がり パソコンを開いてみると、船が外洋に出てるんで電波は圏外、ネットは出来ず

時間つぶしにPCゲームをしてるうちに、いつしかそのまま眠り込んでて! 
目が覚めたのが6時半、あらためて寝床を整理して眠り直し・・・・・ 

その後何回か目を覚ましたけど、別にすることもないしなあと また眠り直し (爆)
何度目かに目を覚ました時、船内放送でもうすぐ入港ですのアナウンス、 
船内では丸一日眠り込んでて印象はまるで無し! 
普通は長く感じるはずの船内滞在時間も 今回の自分は あっという間でした (笑)


船内の中央エントランス、 この感じ? 前にも見たような?
33MS1_4250.jpg
3年前の旅のとき、小樽から舞鶴での便に乗ったフェリーとどうやら同じ船みたい、、
その時は新造船に近く、きれいな船だなあと思ったもんだけど、今回は・・・・・ 
3年という時間のせいか それ相応にあちこち汚れが目立った (笑) 


入港し、下船をはじめる人たち
4MS1_4252.jpg
せっかく 長距離フェリーに乗るなんていう珍しいことなのに、なんと 眠りっ放し! 
こういう感想記事しか書けなくて 情けない (> <) 


いま、北海道の地に居るわけだけど、いやぁ~! やっぱり違いますな! 
当然といえば当然だけど、涼しい! 蒸し暑さが無い♪ かえって少し寒く感じるくらい 

しかし 車内の居住空間は最悪! 
明日以降、だいぶ時間をかけて住みやすく整理せんといけません 
なんせ3ヶ月という長期間、この車内で暮らすことになるわけだから・・・・・ 
   
   
  1. 2016/07/20(水) 23:41:49|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  3日目、舞鶴からフェリーに乗船♪

もうすぐ舞鶴から出港です、 入港は小樽、20日の夜 9時頃上陸 
今日の分として付ける写真もあるけど、疲れて 作業する元気もありません、 
とりあえずは今夜のところは 船室の広いベッドに寝られます、 とても嬉しい♪ 

今日もほんとにめっちゃ疲れた 
前回の旅もそうだったが、自分の体と頭が車中泊モードになるには時間がかかる 
そーだね、まあ 4~5日から一週間というところか 
慣れてしまうと逆に快適そのものになり、疲れもぜんぜんしなくなるから不思議 

さあ今夜は船内の風呂で3日分の汗を流し、気持ちの良い眠りにつこうとおもいます 
おやすみなさ~い♪ 
  1. 2016/07/20(水) 00:30:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  二日目 島根県 道の駅 「新庄」で車中泊

車中泊にて 電力事情がとても苦しいので、簡単に ちゃちゃっと行かせてもらいます 

一枚目は旅立ち直前の記念写真、 7月17日の午後4時頃
1MS1_4188.jpg
顔がのっぺらぼうなのはご容赦 m(_ _)m  素でもあまり変わらないかんじなんだけど (笑)


加速度的に必要物資をどんどん積み込んだ結果が、これ この通り!
2MS1_4183.jpg
この状況でどこに寝られるってのよ!


後部スペースの3分の2は空ける計画だったんだけどな・・・・・ 
3MS1_4184.jpg


関門海峡を渡ったのは夜 暗くなってから
4MS1_4190.jpg
ISO を高感度にして 手持ちで撮ってます  以上、17日の写真


今日18日の写真をいちまいだけ! 山口県の道の駅 「ゆとりパークたまがわ」 
5MS1_4203.jpg
3年前にも帰途で立ち寄ったことがあり、今回も立ち寄って休憩をとりました! 


初日の昨日は夕方出たこともあり、九州を脱出するのが精いっぱい! 
山口県の山間部の道の駅で車中泊 

二日目の今日18日は、車中泊した道の駅 「蛍街道西ノ市」 を出ると、山道を日本海側へ、
小京都と言われる萩市を 通過! 益田市も浜田市も 通過! 
観光もせず、写真も撮らず、途中の道の駅で休憩をとるのみ  

宍道湖の南側を通り、松江市も通過して、今は松江近くの道の駅 「新庄」 に居ます 
この道の駅は3年前の帰途でも車中泊したことのある道の駅であります 


明日の計画は、舞鶴か敦賀から とにかくフェリーに乗船することを目指します! 
出港時間の兼ね合いでどちらになるか まだ未定 

おいらの車中泊旅本番は、北海道に渡ってからと考えてます (^_^)  
   
   
  1. 2016/07/18(月) 21:02:39|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  初日の道の駅は山口県・・・・・

「蛍街道西ノ市」 という道の駅です 
佐世保の我が家を家内に見送られて出発したのが午後4時頃、 
嬉野まで下道を走り、嬉野ICから高速に乗る 

途中何回かサービスエリアで休憩をとりながら、関門海峡を渡ったのが8時半頃だったか? 
とにかく初日はなんとしても九州からは出たかった 

九州を離れたことで満足したのか、久しぶりの長時間ドライブで疲れがどっと出た (> <) 
カーナビで とにかく近くの道の駅をさがして転がり込んだという感じです、午後10時ころ 

山口県の山間部といった感じで、とにかく静かなところです、
駐車場も広い! キャンピングカー仕様の大型車が10数台停まってる 
その中に混じって小さなディアスで今夜は寝ます  


寝る・・・と言っても、ほんとは寝場所が無いんですよ~ (≧▽≦) 
昨日から今日にかけて、最後はとにかく荷物は積み込むだけ積み込むと、、 
積んでさえいれば、旅を続けながら整理は出来ると、、 

そんな感じで積み込んだもんだから、後部は人が入る隙間さえ無い! 
これから片方に積み上げて30センチ幅くらいのスペースを作らんと寝られません 

まぁ おいらは細身のダンディおやじだから、30センチ幅でもあれば寝られるかな と (爆) 

  ・・・・写真を入れ込む余裕がまったくありません! 写真無しにてしつれい ((○┐ ペコリ 
   
   
  1. 2016/07/17(日) 23:12:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  明日、日曜日に出発します♪

考えてた改造には まだまだ完成はしてないけど、はっきり言って きりがない! 
とりあえず 出発することにします 

こんな写真がたくさん撮れたらいいな~♪
P6244204.jpg

出発は たぶん午後になるのかな、 九州を出るまでは いつもの通り高速で行きます
福岡都市圏を国道で抜けようとすると 3~4時間もかかってしまう・・・・・ 

関門海峡を渡ったら すぐに国道に降ります、  あとは山陰路をひたすら西へ、、
途中の道の駅で2泊くらいしたら舞鶴・敦賀あたりに到達、そこでフェリーに乗り込みます 
小樽航路にするか、苫小牧航路にするか、それはまだ決めてません 
苫小牧航路はまだ利用したことがないので そちらになる可能性が高い 
苫小牧行きなら 乗船は敦賀からになります  

予定してるのは、ぼんやりとその程度 (笑)  実は最近、家内から煙たがれてるんです (> <) 
3年前の車中泊旅から帰ってきた直後から、また行くぞ! と宣言、 去年からは実際に車の改造に没頭、
今年の6月か7月初めには旅に出ると言ってたのに、なかなか出発しない 
『行くなら行くで、予定通り出発してくれないかなぁ ( ̄~ ̄;) 』 というところみたいです 

骨折して手術を受けた老母も ぼちぼちリハビリを始めてるようで、体調的には元気、 
こういうことは気にしたらきりが無いし、思い切って出発します! 


さて・・・・ 出発初日のあしたはどこら辺まで行けるのか? 
運転に疲れたら、適当な道の駅で仮眠、車中泊します、 観光は無し、出来るだけ走ります! 
では、出発に備えて今夜は早く寝ることにします、、 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/17(日) 00:23:25|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  なんと! 旅立ち直前に 事件があ・・・・・

あと数日で北海道へ向けて旅立ち・・・・・ というところで、なんと! 事件が (> <) 

その 事件 は後で書くこととして、また3年前の旅写真から5枚ほどアップ 

自分の中ではトップテンに入るお気に入りの撮影地、道南大沼湖畔から望む蝦夷駒ケ岳です
1-K964.jpg
行程的に 朝 訪れることになり、偶然このようなショットを収めることができました♪ 
これがお昼以降だったとしたら、太陽の角度の関係からこのような写真は撮れなかったとおもいます


積丹半島の神威岬も 多分訪れることになるのかなあ♪ 過去 2回訪れました
2-K021.jpg
シャコタンブルーと言われる吸い込まれそうな海の色が素晴らしいです♪ 
西側に開けた岬なんで 夕景が撮りたい、 しかし・・・・・ 
岬駐車場を含む取り付け道路が夕方から朝まで閉鎖されるんです、 もちろん車中泊も不可、


美瑛 四季彩の丘のお花畑、 
3-G897.jpg
過去 訪れた回数も分からないほど何回も訪れてるけど、意外に好天のときの写真は少ない 
自分は美瑛・富良野には嫌われてるのかな? この地域では好天の確立が少なくて・・・・・ 


十勝平野を走行中、見かけた虹をパチリ♪ 
4-G841.jpg
然別湖方面から降りてきたんだけど、標高の高いお山の方面は雨でした 


富良野地域から苫小牧方面へ向かって南下中、平取のあたりで見つけた トトロ (笑)
5-G269.jpg
本物の立ち木を剪定して 目と口を付けたもの、 後ろは小学校のように見えました 
先生か父兄が手を加えたんでしょうかね♪ うまいこと作ってありました (笑) 

実はおいらは このような珍しいスナップショットを撮るのが大好き、、 
メジャーな観光地で綺麗な風景を撮るのももちろん楽しく、目的であることには違いないけど、
人が気付かないところに気付いて写真にするのもすごく楽しく、印象深い思い出になります ( ^ ^ )


さて、初めに書いた 事件 なんですが・・・・・ 
85歳になる老母が 24時間介護の施設に入所してるんだけど、その母が数日前に施設内で転倒、 
痛みがなかなか治まらないというので 別の大病院で検査したところ、腰部に骨折が発見されました 
月曜日にボルトで固定の手術を受け、手術はとりあえずうまくいったんだけど・・・・・ 

ほんとに旅立つ直前のことで参っちまいました (> <) 
病院は完全看護で付き添いは不要だし、老母自身も長い期間準備してきたことを知ってて
旅に出なさいと言ってくれてはいるけど、何も無かったように旅立つことも若干の抵抗が有り・・・・・ 

ということで、安心して旅に出られるよう、旅立ちの日を少しずらします、 
病院と家内、そして安心して任せられる介護施設の状況をみて、大丈夫と判断できたら出発します
たぶん数日のことと予想してますが、 さて どうなることやら、、 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/13(水) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  来週 出発の予定です♪

まだ 旅に出られていません・・・・・・・ 

こんな写真を撮りたいんだよ~ということで、三年前の旅写真から数枚アップさせてもらいます 

南十勝平野の広大な農場風景♪ 北海道ならではの スカッとする風景ですよね ( ^ ^ )
1-GA135.jpg

画像に目障りな文字を入れ込んでますが、これは盗用しにくくするための対策です 
実は先日のこと、自分の写真が知らない人物のブログに使われているのを偶然に発見! 
何の連絡も無く、無断で使われてました、 まったくの盗用です! 

で お気に入りの写真にはサイン的に文字を入れ込むことにしました 
レタッチで消せないこともないけど それは手間がかかる、 そこまでして盗用はしないかな と、
目障りでせっかくの風景が台無しになっちまうけど、ご容赦を m(_ _)m 
盗まれても 自分的にあまり気にならないスナップ写真とか説明写真には入れません (笑) 


これは北海道ではなく、会津盆地(平野?)の直線路
2-K0817.jpg
北海道ではなくとも、こんな広大な風景ってあるもんですね! 


有名な函館夜景♪ 午前2時過ぎ 青函フェリーから上陸して、そのまま函館山に登りました
3-K949.jpg
ブレが酷いです、 暗くて SS が稼げないってこともあるけど、滅茶苦茶寒かったことも原因!
この日は9月末なのに、九州の感覚だと真冬の感じだった、 ブルブル震えながら撮ってました 


上富良野 千望峠の清々しい朝の風景♪ このときも気温 ひと桁の寒さだったなぁ・・・・・
4-GA181.jpg


襟裳岬の断崖絶壁と波濤、 このときは寒さと言うよりか、もの凄い強風に驚いた!
5-GA121.jpg
30度くらいに体を傾けないと進めないほどの強風だった! おそらく風速20mは超えてたと思う、、


美瑛 白髭の滝の黄葉と 冠雪した十勝岳連山、 10月19日の撮影、 
6-GA191.jpg
今回の旅ではもう少し早めに帰路につく予定なんで、ここまでの晩秋の風景は撮れないとおもう


さて、いい加減、旅に出発せなあかんのやけど、まだもたもたしちょります (~_~;) 
当初 6月の下旬には出たいなあとぼんやりと考えてはいたんだけど、車の改造が進まなくて、、
あるところを造ってる最中に、ここをこうしたら便利かも~♪ と ふと 思い付き、予定変更  
で 結果として、些細なところに何日もかかってしまう 

おい おい、こんなことやってたら 出発できるようになるのは来年になっちまうぞぉ~! 
なんて 冗談じゃなく思えてきて、意を決して見切り発車で来週には出発することに決めました 

頭で考えてることでまだ出来てないところは、旅の途中でやります 
天気がよくない日など、あまり移動したくないときに、ちまちまとやっつけてみようかと、、
電動ドリルが使えれば ある程度のことまでは出来るんです! のこ や ねじまわし は人力です (笑) 
あと 残ってるのは、こまごまとした棚とか物入れの箱製作くらいだから なんとかなります 


このブログの扱いなんだけど・・・・・ 
電力事情が完璧ではなく とても不安、 車のバッテリー頼みなんですよ 
スペアバッテリーを数個持ち込んで、走行時充電していく予定ではあるけど やはり不安、 
撮った写真を吟味してレタッチを施して・・・・ という余裕はまったく無いと想定されます 

ということで、当ブログは個人的な日記ブログとして書いていこうかと考えてます 
その日の走行ルートの記録と、写真を付けるならほとんどレタッチ無しのベタ貼りで 

ブログ記事コメントも くどくどとした説明は避け、簡単明瞭に心がけます 
とにかく電力に不安があるんで、できるだけ時間をかけたくありません 

ネット環境は、モバイル接続できる機器をすでに6月からレンタルしてます 
慣れるため時々使ってますが、家庭内LANよりもスピードが速くてなかなか快適なものです♪ 

3年前の車中泊旅では、PCの不調でネットが全然出来ず、カーステレオ・ラジオも死んで 
まったく淋しい一ヶ月半のドライブ旅でした! もうあんな淋しい旅はしたくない 
この点は重点的に心を砕いて準備してきました ( ^ ^ ) 


さて これからあと数日、準備の追い込みです、
次のブログ記事は 「明日出発します♪」 か 「今日出発しました~♪」 になります p( ^ ^ )q
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/10(日) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  旅直前の準備でブログ記事書いてる余裕は・・・・

ほんとうは無いんだけど・・・・ この記事も使いまわしの写真で 3年前の北海道旅の写真から (笑)

北海道の風景写真は 水平線を入れ込むととても壮大な感じを受けて、おいらは大好きなんです♪
1-GA104.jpg
これは道東 浜中町の霧多布(きりたっぷ)岬、 これで朝の8時半くらいなんですよ~ 

ここら辺は東に開けた海岸なんで 日の出風景が荘厳で劇的なものが撮れます、
この8時頃の風景を見て、そだ♪ 日の出風景を収めてみようと翌日の朝、再度訪れてみました 


その翌朝の風景が これ ↓ 
2-GA115.jpg
実は・・・・ 本当の現場の色は ここまで劇的なものではなかったんです 
劇的に見えるよう 現像やレタッチで手を加えました! ごめんなさい ○┓ペコリ 

しかし 脳内の印象は、まさにこんな感じだったことは確かです、 時間は 6時過ぎ頃です 

これは更につよく 色を弄りました、
3-GA117.jpg

車中泊旅が撮影旅行に向いてる最大の理由は、早朝 夕方の風景がふんだんに撮れる♪ 
これに尽きると自分では思ってます 
ビジネス・旅館泊では、こんな早朝の時間は寝心地の良い布団の中で爆睡してる時間です 
そんな早朝から旅館を出て日の出風景を撮りにいくなんて とても考えられないこと、、 
それが車中泊だと、目覚ましで起きると 即 カメラを手にして撮影開始♪ 

早朝・夕景の劇的な風景を目にして意識にこびりつくと、同じ場所でも 普通の日中の風景が
なんだか気の抜けたサイダーみたいに思えてくるから不思議 (笑) 

これは 南十勝の道の駅の朝、 日の出の頃に目が覚めて カメラを手にして散歩に出ると・・・・・
4-GA139.jpg
いきなり象が目の前に現れて びっくり! 
ナウマン公園というところで、実物大のナウマン象のモニュメントなんでありました~♪ 

まだ薄暗い中 この象(像?)が目の前に現れたときは、一瞬本物の象かと驚いた次第 
朝焼けの日の出をバックにシルエット風に撮れて、おいらにとって印象的な一枚となってます♪ 


上富良野の千望峠の夜明け風景です (^^♪
5-GA202.jpg
遠くに見える山並みは十勝岳連山、 その手前にびっしりと富良野名物の朝霧 
上富良野の市街がすっぽりと埋まり、雲海のようですね ( ^ー゜)b 

山脈から出た太陽のまわりに半円形の輪っかが見てとれますよね 
これは ハロー(日暈、ひがさ) という自然現象のひとつです 
もう少しはっきりと見えれば言うことないんだけど、まぁ ここまで撮れれば満足です ( ^ ^ ) 


千望峠の日の出は隠れたメジャースポットで、写真好きの間では割と有名な場所 
6-GA195.jpg
この方は 大型キャンピングカーの屋根の荷台に登り、三脚に据えて日の出撮りです 
あとでお話を聞いたら、岡山県倉敷から毎年北海道にやってきてる老夫婦さんでした 

道東サロマ湖近くにベース基地として数ヶ月単位で家を借り生活、
そこをベースとしてキャンピングカーで道内各地を撮りまわってるそうです、 凄い! 


これは 道東浜中町の霧多布湿原の日の出風景です♪ 
7-K1564.jpg
暗くて分からないけど、手前の広いパーキングエリアで車中泊しました、 道の駅ではありません 
日の出の頃起きて周りを見ると、高台に数十メートルの展望所が見えて登ってみました 
そしたらちょうど日の出にばっちり遭遇♪ 

湿原から朝霧が立ち昇ってるんだけど、分かりますかねぇ? 
展望台からは周り360度こんな眺めで、とても幻想的な風景でした ( ^ ^ ) 


さて、車中泊の旅と言っても、人それぞれいろんなスタイルがあります、 
車で ただただ旅をするのが好きな人、道の駅めぐりをして 完全制覇を目標としてる人、
各地から集まる顔なじみの 同じ車中泊キャンパー仲間との交流が楽しくて旅をする人、 
なにか他の目的があって その旅の手段として車中泊での旅を選択する人・・・・・ 

おいらは最後のタイプであります♪ 自分なりに満足できる風景写真を撮りたい、 
そのために 出来るだけお金をかけずに、しかも時間やルートに縛られずにまわりたい 

旅の経費というものは交通費と宿泊代が大きなウェイトを占めますよね
車中泊旅は車の旅だから 当然ガソリン代はかかるわけです、 一日数千円はかかります、 
しかし 自分のクルマに宿泊するわけだから、ホテル・旅館代はいらない、 宿泊費 ゼロ! 
公共交通機関の運賃と宿泊代の合計と比べると、はるかに安くてすむんです♪ 

おいらは車を車中泊用に改造するにあたり ノーマルなキャンパー仕様というよりかは、
「動くカプセルホテル」 という感覚で造ってきました 
男性だったら思い当たることがあるとおもいますが、子供の時 「秘密基地」 って作りませんでしたか?
裏山の藪の中に簡単な屋根をしつらえて、その下にマンガ本とかおもちゃを持ち込んで隠す、
親や大人の人たちには内緒でスリル満点で とても楽しかったですね~♪ 
そんな秘密基地感覚で自分のクルマを改造してきました (笑)
その改造で考え通りにうまくいけば成功♪ うまくいかなかったら失敗、、 
誰にも文句はいえません、 すべて自分の責任であります 

おいらの車中泊旅で必要な経費は ガソリン代とフェリーなどの運賃、そして食事代ですね、、 
食事は数日おきに栄養たっぷりなものを外食でとるようにして、普段はパンやコンビニ弁当でいきます
今回の旅では強力なインバーター電源を入手したんで、小型の炊飯器も持っていくことにしました♪
おかずが無くとも 塩やふりかけをまぶして牛乳で流し込めば、半日以上は過ごせちゃいます~ (笑) 

もちろん 至る所にコンビニやマーケットはあるし、その気になれば惣菜の入手も至極簡単♪ 
すき家とか吉野家の牛丼もあちこちにあるし、食事のことは心配なしです ( ^ー゜)b 


道の駅で車中泊すると、いろんな車中泊族が見られて面白い♪ 
本格的なキャンピングカー仕様の大型車も居れば、改造もしてない軽乗用車での一人旅も居ます 
お金持ち風の夫婦旅もあれば、体が不自由な伴侶をいろんなところに連れていきたいという人も居た 
道の駅にクルマを停めて、そんないろんな人たちとお話をするのも楽しいもんです ( ^ ^ ) 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/05(火) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (42)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR