夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  車中泊のためにオレ流の車改造♪

当ブログも完全にマンネリ化しております (> <) 
気分転換に今年行った 北海道車中泊旅での車改造状況をご紹介してみましょう 

車中泊旅をする目的は 人それぞれであります、 あちこちの山に登山したい人、魚を釣りまわりたい人、 
はっきりとした目的もなく 車旅そのものをのんびりと楽しみたい人、などなど、、 
おいらの場合は、気に入った風景を写真に収めつつ 気ままに車旅を続けたいということですな♪ 

自分の家で過ごすような何不自由ない快適な生活は 初めから望んでいません  
足を伸ばして眠ることが出来るのが最大の希望! その他のことは後でどうとでもなるもんです、 

炊事は初めからするつもりはありませんでした、 せいぜいお湯を沸かしてカップ麺とかコーヒー程度、
今回は炊飯器を用意してたんで 気が向けば チャーハン程度は出来るかなと考えてました、  

写ってるのはカセットガスコンロ と ピーピーケトル
1-L5248.jpg


夜は長いんで、世間さまに繋がる窓、インターネット用のPCとワンセグテレビは欠かせません
2-L5239.jpg
右端の赤い機器は、それらに使用するために 100V電源を取り出すインバーターです、 1000W仕様 

天井下には旅の目的であるカメラ機材の収納棚を造り付け ( ^ー゜)b 
大きめの棚に一眼カメラ3台、その左 後部側に一台収納、 計4台を持ち出しました 
この棚は、車の振動や衝撃でカメラが傷まないように 内面は緩衝材として銀マットを貼り付けて安全収納♪
これは 自信作であります ( ^ ^ )  旅の間、見学する人たちに何度も自慢しました~ (笑) 


車の後部スペース 左側3分の1を収納スペース、残りを就寝スペース兼居間に、  80 X 180cm です 
3-L5247.jpg
ちょうどブルートレインの寝台スペースくらいになるのかな、 あっ、フェリー寝台もこのくらい 


なんせ、軽の箱型ワンボックスであります、 前席助手席も収納スペースに有効活用しました♪ 
4-L5245.jpg


車中泊場所に停めると、運転席も当然 収納スペースに、、 毎日がこの繰り返しでした  
5-L5244.jpg


天井収納も自作で造り付けましてね、後部は夜間の目隠し用パネルの収納場所としました 
6-L5250.jpg
天井収納前部は冬物の衣料とか毛布、予備の寝袋とか、さしあたって緊急性のないものの収納に、、  


最前部の天井収納は、わりと頻繁に使う小物の収納場所として造り付けました 
7-L5251.jpg
中央部は旅立ちまでに完成出来ず、 神棚・・・・ ではありませ~ん (笑)  


この車中泊場所風景は、稚内の 「森林公園キャンプ場」  ここでは何泊もさせてもらいましたねぇ♪  
8-L5233.jpg
右端に写ってる軽のワンボックス車は 70代の方で、なんと! 沖縄石垣島からの旅だそうです!  
おいらよりもだいぶ年上の方なのに、山登りもされるような元気な方でした、  

おいらと違って まともに 炊事もされてて、車後部で調理してる最中です♪ 
調理器具や調味料も整頓して並んでました、 旅慣れてる d(-_^)


とにかく おいらとしては足を伸ばして眠るスペースが確保できれば十分というかんがえ、 
車の改造は 「移動できるカプセルホテル」 というコンセプトでした  
その意味では大成功の車改造ではありましたね♪  3ヶ月という長期間、この車で生活できたんだから、

しかしねぇ・・・・ この写真にも何台か写ってるけど、本格仕様のキャンピングカー、 
おいらから見ると、まさに 「動く部屋」 という感じでしたねぇ! 羨ましく思う気持ちは抑えられない 

でも購入価格、一千万円前後? それに燃費をはじめとしてかかるであろう高額な維持費用、 
そんなことを考えると とても手が出ない! 分不相応と諦めるしかないですね・・・・・  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/31(土) 11:58:31|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  日中の撮影は青空をメインに ( ^ー゜)b

40年ほど昔のことになるのか、その頃は銀塩フィルムカメラを少しやってました、 
フィルムカメラは色出しは思いのままになりませんでしたね、
フィルムで べルピア とか コダクローム とかを選ぶくらい、 しかもそれでも細かい微調整までは出来ず、

近年 デジカメを始めると おいらは 「あっさり」 色出しより 「こってり」 色出しを好みとしてきました 
撮影の際に こってり系の設定にして撮り、帰宅後 RAW現像やレタッチソフトで 更に濃厚色出しへ・・・・・ 
色飽和ぎりぎりまで濃厚にするもんだから 現実には有り得ない色合いになったりして (笑) 
とくに 夕景や日の出の劇的シーンではその傾向は顕著となってました  
前記事の夕景シーンなどがそんな感じで、んん~~、やり過ぎでしょうか?  

写真・・・・ 真実を写す、、 写真 という言葉は そういう意味でつくられた言葉だとは思うが、
真実 ありのままを表現しても、印象に残る写真になることは少ない 
個人的に思うのは、現場の雰囲気・色出しを重視して 撮って出しに拘る写真の撮り方、 
現場で撮った画像を元にして 自分なりの印象に調整した写真、両方 間違いではないと思ってます♪ 

今回の写真は前回とは違って日中の時間帯、快晴の写真♪ 
青空が際立ってますね、 撮影時の現場ではここまで青くはなかったんです、正直なところ・・・・・ 
しかし 自分の印象ではこのような青空だったんで、そのように色を弄ったものです ( ^ ^ ) 

2013年の北海道旅のもの、 道東浜中町 霧多布岬からの眺めです 
1-K51582.jpg
岬先端から浜中町市街方面への眺望♪ 


岬先端から海方向の風景♪ まだ朝の時間帯で 太陽の位置が低い  
2-G0576.jpg


これから後は今年の北海道旅のもので、使ったカメラは K-S2 に替わってます  
3-LS5405.jpg
道東オホーツク沿いの興部町、未舗装の山道に入り込み、高台の牧場、牧草地でしょうか 


道南 せたな町、江差町あたりの海岸風景♪ 海は日本海ということになります 
4-LS697.jpg
夏は海水浴で賑わう場所みたい、 見事に綺麗なビーチだった ( ^ ^ )  


美瑛の風景♪  こんもりとまとまった防風林が印象的 
5-LS207.jpg
ゴーストを意識して撮ってみたけど、色付きのゴースト・光芒は個人的にはちょっと不満であります (;´・ω・) 


ご存知、有名な ケンメリの木、  ポプラだけど もう相当な老齢の木みたいですな! 
6-LSY232.jpg

風景写真の中の空は、青空でないとサマにならないとおいらは考えてます 
曇り空の風景写真でも いい写真はたくさん有るんで、独断的な偏った考え方だともおもいますが 
はやい話、おいらはウデもセンスも無い、ということです~ (笑)  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/26(月) 21:18:44|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  日の出、日没時は劇的な風景が撮れて大好き♪

風景写真で 印象深い劇的な写真を撮ろうと思ったら、日の出、日没の時間帯が一番です d(-_^) 
今回の記事写真は、日没夕景特集としました~♪ 

道北 猿払村にある、道の駅 「さるふつ公園」 の夕暮れ風景 
img0001.jpg
風車は 「風雪の塔」 というモニュメント、左の建物は郷土資料館になってます 


道の駅 「ステラ☆ほんべつ」  本別町は足寄町の南に位置します 
img0002.jpg
雪深い地域なんで、今頃はすごい雪景色になってるんでしょうねぇ・・・・・  


オホーツク海沿いの町、興部町の 道の駅 「おこっぺ」
img0003.jpg
道の駅での夕景写真は、もちろん狙ってのものではありません、 たまたまの偶然の光景です 
画になる景勝地でこのような夕焼けに出会ったら、写真としていいものになるんだろうけど、
不思議とそのような景勝地ではいい夕焼けに出会えないもんです 


そんな中、ラッキーにも雰囲気のある写真が撮れたのが、浜頓別町のクッチャロ湖畔でした♪ 
img0004.jpg
実は 夕方までは雲が厚く、全然夕焼けは期待してなかったんだけども、日没直前にこのように焼けてくれて♪


日没の様子だけを撮っても インパクトの弱い写真しか撮れないんで、前景になるものを探しました 
img0005.jpg
仲が良さそうな中年夫婦がベンチに座ってました、 シルエット風にお姿拝借 ( ^ー゜)b 


チャリで来てた少年の後ろ姿を拝借♪ 
img0006.jpg
「光の道」 もとても美しく、お気に入りの写真の一枚になってます~ ( ^ ^ )  


江差町の かもめ島、 西側に開けた絶壁海岸で日没風景を狙ってみました♪ 
img0007.jpg

しかし 水平線に落ちる夕日そのものはまったく写真に出来なかったんで、灯台の方を撮りました  

夕焼け、朝焼けというものは適度に雲がないと画になりませんね、  
雲が厚すぎると太陽そのものが見えず、また 快晴だと空が焼けず、むずかしいもんです  
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/18(日) 01:51:24|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お気に入りの写真から ・・・

気持ち良いお天気の日の 美瑛近辺の風景です ( ^ ^ ) 
7月と9月 合わせて数週間、美瑛・富良野地域に滞在したけど、このような気持ちの良い快晴の日は 
数えるほどしかなかったです、 
せめて3日に1日くらい晴れてくれてたら、もっともっとたくさんの写真が撮れたろうにと残念であります


美瑛 北西の丘地区の風景です、 この斜面は牧草地なのか、畑地なのか? 
1-G9301302.jpg


上富良野町 千望峠付近の風景を3枚選びました♪
2-LS2_6150.jpg


これらの写真を撮ったのは9月の末、 数週間早ければ 畑に作物があり、違った風景になってましたね
3-LS2_6168.jpg


秋の風物詩、麦稈ロールのある風景です 
4-LS2_4339.jpg
このロールを作る作業、そして作ったロールを集めたりする作業をのんびりと眺めてると 気分が癒されます♪


旭川市の 「就実の丘」 と言われる地域の風景、 近年 人気が出始めてる地域です  
5-LS2_4371.jpg
旭川市と言っても 美瑛町との境界の近くであり、美瑛的な丘の風景ですよね♪  


美瑛ほどは観光客も少なく、のんびりと写真を撮ることができます、 あっ、旭川空港の近くに位置します 
6-LS2_4375.jpg


眼の状態が芳しくないんで、説明コメントを詳しく書く気になれません、  
書くネタはたくさん持ってるんだけどねぇ・・・・・ スミマセン ((○┐ ペコリ 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/11(日) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  数年前に撮った紅葉写真♪

最近、眼の状態が芳しくないため、パソコンから意識して遠ざかってます 
画面の小さい文字や画像の細かい部分を無理して見ようとすること、そして ディスプレイ画面から出てるらしい
眼にはよくない光線がある、ともどこかで見たことありました 

旅から帰ってきてからというもの、パソコンに向き合う時間が それまでと比べて極端に増えてました 
眼の状態が著しく悪くなったのも、時期的に符号してます  

で、なるべくパソコンから遠ざかるよう努力することにしてみたんです、 
ブログ更新も疎遠となり 申し訳ございません ((○┐ ペコリ 

この対策が功を奏したのか、最近はすこし状態が好転してきてるように感じてます♪  
久しぶりにブログを更新する気分になりました ( ^ ^ )   

眼の状況が酷い状況ということで、写真を撮りに出かけるということもしていません 
この記事の写真は 過去、4~5年前に撮りまわってた頃の紅葉写真です 


佐世保市の北部に 吉井町という地域があり、御橋(おはし)観音寺というお寺さんがあります 
春のサクラ、秋の紅葉は ここら辺では割と名の知れた名所になってます♪ 
1-G9p293.jpg


紅葉シーズンになると いろんな紅葉写真を目にするけど、おいらは人と同じような写真を撮るのは極力避けたい、
自分なりに撮り方を工夫したりしてました♪ 
2-Gy8290.jpg


いかがなもんでしょうか? ちょっと見、抽象画風? (笑) 
3-Gg2198.jpg


これは よくある構図の写真ですね、  
4-Gv4290.jpg


この凄いモミジの大木は、我が家から歩いて 10分くらいのところにあります 
5-Gs6968.jpg
以前は 毎年のようにお散歩がてらに写真を撮ってたけど、最近数年は全然やってないなぁ・・・・・ 

モノが " 普通に " 見えないと、いろんな意欲が減退してきて、何もやる気が起きなくなってきます 
困ったことです ψ(Θ_Θ)  
   
   

テーマ:紅葉写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/04(日) 06:00:00|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (38)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (155)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR