夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  千望峠の夜明け、初冬

この日の早朝、上富良野 千望峠での日の出風景を撮るべく、車中泊したスパ温泉ホテルの駐車場を出発しました、 
一日目は台風避難のため こちらのホテルに宿泊、二日目と三日目は駐車場に車中泊ということです、
宿泊は 天国のように温かくて快適♪ できれば連泊したいところだけど 旅費倹約のため仕方がない、
まだ暗い 午前5時頃に出発・・・・・ 

                          【 この記事の写真は 2013年10月19日 の撮影です 】

中富良野の駐車場から千望峠までは、普通 20分くらいの距離だけど、この朝は これこの通り、もの凄い濃霧!
1-GWE9.jpg
ヘッドライトも効かないほどで危険なため、ゆっくりと走らざるをえず、到着したのは 5時半頃、 


道端には びっしりと "霜" 、 いかに寒いかがわかりますね、 おそらく 気温は 0度前後、
2-GJU81.jpg


千望峠の公園駐車場です、 おいらと同じように日の出見物の車が 5~6台、
3-GQA92.jpg
写真を撮るでもなく、ただ見物に来た人も居たようだった、


しかし、本格的に写真撮影のために来てる人も居るもんで、凄い! 車の屋根に上ってる!
4-GCZ194.jpg


ごっつい三脚にセットされたカメラは とても大きい本格派で、ペンタックスの 645D だった、 
5-KE94.jpg

日の出時はかろうじて霧が下がり、このようになんとか日の出シーンを撮影することができたけど、
その後はまた霧が上がって(増えて)きて、駐車場のあたりも見通しがきかないくらいになった、

美瑛・富良野地域は山脈に囲まれた盆地状の地形になっており、年間を通して朝霧が発生する、
晩秋から冬は気温の低下と気温差で 特に濃霧となる、 しかし ここまでの濃霧は想定外の濃さだった、
下界の上富良野市街地からの高低差は、100数十メートルくらいか、 
この峠まで覆い尽すほどに霧が多いとは、正直 驚いた、 

駐車場からの展望がまったくきかないんで、すこし下の方にあるおいらの定番ポイントに降りてみる、 
6-G1IA9G7.jpg
とうぜんのことながら 更に霧は濃くなる訳で (笑) なんじゃら幻想的な風景、、


駐車場と おいらの定番ポイントの中間にある公園部分、 
7-GQ9D11.jpg


ここだと なんとか写真は撮れそうなんで、霧明け待ちの時間つぶしに撮ってみた、
8-GP9F9.jpg


公園のベンチテーブルに掛けてあるブルーシートにも、霜がびっしり、、
9-GU1K8.jpg


しかし 日の出から一時間くらい経っても霧が晴れない、 車の上のカメラマンは まだ頑張ってる、
A-K9C4R.jpg

こちらから話しかけて すこし話をすることができました、
70代くらいの老夫婦で、倉敷から毎年 北海道にやってきてるとのこと、 
道東のサロマ湖の近くに月単位で借家して過ごし、時々 このように北海道内を遠征してるらしい、 

「すごいカメラですね♪」 と聞くと、
昔使ってたフィルムカメラのレンズがあり、それが使えるカメラがこれだったから、という答えだった、
安全に屋根上に上って写真が撮れるように、ルーフキャリアも補強したそうだ、 すごいね! 


そうこうしてるうちに、『あんたぁ~、できたよ~』 の声、 奥さんが朝食を作ってた ( ^ ^ )
B-KF1O3.jpg
この奥さんも、キヤノンのキスデジを手にして写真を撮ってた、 
頼んでも一緒に旅についてきてくれない我が家のカミさんとは違うなぁ・・・・


なかなか霧が晴れることもなく、くだんの老夫婦もいつしか駐車場を出ていって・・・・・ 
おいらもあきらめて美瑛の他の場所をぶらぶらとまわり、3時間ほどして千望峠に戻ってみると♪
C-G9S1UY.jpg
霧はすっかり晴れて、この展望であります~ d(^○^)b 


早朝の霧の風景でここを後にした人は、こんな清々しい風景も見られるとは想像できないだろね、
D-GV1T7.jpg

また、日中のこの風景だけを見た人は、早朝の霧の幻想的な風景も分からないということに。。。。 

まさに 写真は一期一会だということを実感するわけで、そのときの景観だけがすべてではないと、、 
その場所の真の風景をとらえたいと思うなら、急ぎ足で撮り回ったら不十分ですよね、 
じっくりと腰をすえて 自然と向き合わないと ( ^ ^ )  

この日は想定以上の濃霧でうまく写真をモノにすることが出来なかった、 
そこで もう一日、この場所で粘ってみることにしました、 少なくとも 今朝よりは霧も少ないはず、

頑張って千望峠の駐車場で車中泊して狙ってみることにしました、 
結果・・・・ まぁ、成功だった、、かな f( ^ ^ ) 

その写真は、また後日にしましょう、 美瑛・富良野の写真が続いてるし (笑) 
他の地域の写真を探してみますね~  


  ☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜・。_。・゜☆゜

ところで 最近はずっと、次回長期旅に備えて現車ディアスの改造をぼちぼちとやってるところですが、
改造案の参考になるかなと、「ディアス 車中泊」 をキーワードとしてネットで検索してみました、 

その検索結果の項目の中に 写真画像一覧の項目があり、何気にクリックして見ていました、 
数十枚連続してクリックしていくうちに、突然指が止まって固まりました! 

『あれっ? この写真見たことあるような・・・・  あっ! これ 俺の写真じゃん!!』
E-GQA73.jpg
その画像が これ ↑  
しかも ディアスではなく、前車ドミンゴの写真なんですわ! 

北海道の長期車中泊旅から帰ってきて 次の車 ディアスに代替え、旅の経験をもとにして 
さて どのように改造していこうかと、ブログで考えていた記事で使ったもの、
ずいぶん前の記事で いきなり自分の目の前に現れて、とても驚いてしまった、 

まぁ・・・ なんと言うか、チンタラチンタラとのんびり(過ぎるほど)やってるという証か (笑) 
けどね、旅そのものももちろん楽しいんだけど、計画してるときも また楽しいんですわ ( ^ ^ ) 

今現在、そのディアスは入手してからちょうど2年、車検でドックに入ってます、 
今 取り組んでるのが、リヤスピーカーボックスの製作と取り付け、 まだ 道半ばです、 

前回の北海道旅では 何故かカーステレオが故障、ラジオすら聞けなくて淋しいおもいをした、 
次に行くときは、4スピーカーシステムで がんがん鳴らして行くぞ! という願望有り d(-_^)

しかし スピーカー製作・設置なんてのは、やったこともなく 門外漢なんで分からず、
ユニットそのものを置けば音が出るのかな、と 安易に考えていたものです、 
ところが、実際に仮置きして鳴らしてみたところ、その音は酷いもので (笑)  

いちおう 音は出るけど低音がまるで出ない、 
シャリシャリとした中高音のみで、しばらく聞いてると頭が痛くなってくるような・・・・・  
それで、やはりそれなりのスピーカーボックスに納めないとダメなんだなと思い至った、 

設置場所は 車内後部左右に吊り下げ式と決めて、いま試行錯誤してます、 
普通の四角形の箱ではデザイン的に違和感があるので、スペースに合わせた超変形ボックス、 
すでに造り付けてる車内天井棚の下に吊り下げます、 

エンクロージャー形式は、これまた変形のバスレフ方式を考えてます、 
おいらの好みは、腹にズンとくるよえな低音ストリングスの豊かな響き、 
そのためには密閉式よりバスレフ式がいいみたいですな♪ 
開口部は常識的な前面ではなく、後面にしてみます、 後部ガラスの反射も利用できないかと、、 

はてさて、いかなることになりますか♪ 
ボックスの容量とか、バスレフ部の長さとか、複雑な計算式があるみたいだけど、そんなのは無視! 
我流で 行きあたりばったりで作っていきます、 楽しみながら ( ^ ^ )  

そのうち、そんな製作記事もブログに上げていきますね~♪ いつになるか分からないけど、、 

今回は、超長文のブログになってしまいましたね、 お付き合い ありがとうございました m(_ _)m
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/17(水) 16:26:21|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<  美幌峠、屈斜路湖、摩周湖 ( ^ー゜)b | ホーム |   冬の晴れ間、美瑛・上富良野>>

コメント

645Dは相当に高いんでしょうね。売れる台数が知れているでしょうから、どうしても高い価格設定にせざるを得ないことでしょう。
セミ判は私も何本かレンズを所有していますが、いまさらデジタルのせずに、そのままアナログで楽しみたいものです。
  1. 2016/02/18(木) 08:15:11 |
  2. URL |
  3. AzTak #ba33.0Zs
  4. [ 編集 ]

AzTak さん、 機材のことは 人それぞれの価値観と経済事情があるんでなんとも言えませんが、 
自分はこの老夫婦さんの生活スタイルに憧れをもってしまいます、 
撮影拠点として借家するくらいだから、毎年 数ヶ月の予定だと思われ・・・・・ うらやましいです、、 
  1. 2016/02/19(金) 21:34:56 |
  2. URL |
  3. DominGo★ #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teturo221.blog.fc2.com/tb.php/2591-2a36c214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (44)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR