夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  美幌峠、屈斜路湖、摩周湖 ( ^ー゜)b

え~と、自分は北海道にはこれまで 何度も写真を撮りに渡ってます、10回まではいってないけど (笑)
初めの頃は今考えると "お約束" のミーハー的観光の比率が高かったように思います、 
近年は、メジャーな観光地はできるだけ避けて、自分好みの風景を探し出すように心がけてるけど、、 

この記事の写真は、その初期の頃の北海道旅のものであります、

                          【 この記事の写真は 2009年 6月25日 の撮影です 】

なんと、なんと、7年も前の旅になるのかぁ・・・・ 感慨深いものがありますねぇ、
1-AL6R3.jpg
北海道観光旅行の定番、道東美幌峠からの屈斜路湖の眺めです♪ 


さすが北海道、 観光客の人たちも 感嘆の声しきりであります ( ^ ^ ) 
2-A6UW6.jpg


35mm判換算で 18mmとなる超広角レンズで撮ってます、このくらいの超広角でないと 画角に収まらない、
3-P2E53.jpg


この日は初夏の とても良い天気でした、、 次に 摩周湖に向かってみました♪ 摩周湖第一展望台、
4-P2B66.jpg


ここでも 観光客は、眼を見張るほどの絶景に大歓声 ( ^ ^ )  
5-A6S27.jpg


湖のほぼ中央に浮かぶ カムイシュ島(中島) 、 
6-A5X68.jpg
思うに 摩周湖の絶景は、この 中島 があるおかげで、より際立った絶景になってると感じますな、
厳冬期に湖面が結氷すると、この島まで歩いて渡れるそうです、 
もちろん 観光客が行ける訳もなく、学術調査などの許可された場合だけどね、、 


第一展望台からは少し離れた場所にある 「摩周湖第三展望台」 からの眺めです、
7-P5F43.jpg

摩周湖には、第一、第三、そして 裏摩周展望台があります、 
第一、第三があるってことは、第二展望台も過去あったはずだけど、今は無い、、 

第一展望台は 駐車場有料になってます、 500円だったか、 第三、裏摩周は無料、 
しゃくにさわるので、その後 摩周湖第一展望台には登ってません、 近くを通っても素通り (笑)

しかし それにしても、摩周湖の景観は凄いですね♪ 
8-A6N29.jpg


晴天で、風もなくて湖面に波がたたなかったんで、雲が見事に湖面に映ってます ( ^ー゜)b 
9-A6T22.jpg


第三展望台へ向かう通路部分、 ここらへんからの摩周湖の眺めも素晴らしかった♪ 
A-P6H47.jpg

しかし、7年前の撮影ともなると、さすがに画像がイマイチ、、 自分で見てそう感じます、 
画がなんとなく平板的・・・・ 立体感をあまり感じない? 
カメラが古いってこともあるけど、なによりもおいらのウデが無いのが原因でしょうかね (笑) 

今現在持ってるカメラで 今撮影できれば、もう少しは雰囲気豊かな写真が撮れそうな気もするけど、、


  *・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.

さて、先日 テレビで、有名な女性風景写真家、米美知子さんの撮影スタイルを見ることが出来ました、
参考になることも多々あり、さすが プロだな! と感じ入るところもありました、 

なかでも 一番共鳴できたところは、その撮影スタイルです、 
女性でありながら、なんと! その撮影行は車中泊がメインだというんです、 
クルマは 箱型ワンボックスの三菱デリカ ワゴン、 その車に撮影機材一式、車中泊用品を積み込んで、
日本全国を撮りまわってらっしゃいます、 
おいらと同じ考え方、撮影スタイルで、とても嬉しくなっちまったなあ ( ^ ^ ) 

しかし その車内の様子は・・・・・ おいらから見ても あれま! と思うほど一考の余地あり d(-_^)  
デリカ と言えば普通車ワゴン、おいらのドミンゴやディアスとは それこそ 格の違う広さがあるはず、 
その余裕をぜんぜん生かしきれてなかったですな、、 

サイドとか天井に収納部を多く造り付けて、すっきりと収納を考えないと整理はつかない、、 
おいらとは比べものになにないくらい資金はあるはずで、自分ではできなくても 業者に頼めるはず、 
もし自分にデリカを与えられたら、すごい "住みやすい" 車中泊仕様の車に仕上げるのにな♪ と思った、

おいらには資金が無いから、クルマも軽ペース、広さ・容積は必要最低限クラスでしかない、 
キャンピングカーと言うと、ミニキッチンや簡易トイレ装備を連想するが、そんなものも一切無い、
自分では 『移動するカプセルホテル』 という考えで、割り切って改造をやってます (´・ω・`) 
夜 寝るだけ、プラス 旅行用品の収納がすっきりと出来ればよいという考え、 

食事は調理不要のものを買ってきて車内で食べたり、たまには外食、 トイレは道の駅、
それで数ヶ月単位の車中泊は十分に可能♪  
旅の当初 数日は何となく不便に感じることもあるけど、一週間もすると快適に思えてくるから不思議 (笑)

米美知子さんも番組中でコメントしてたけど、ネイチャーフォト撮りには車中泊は最適、かつ合理的なんですわ♪
時間に縛られず、場所も思うがまま、 防犯上 若干の心配はあるけど、それさえ目をつぶれば、、 


ひとくちに 車中泊 とは言っても、そのスタイルにはいろいろあります、 
おいらや 米さんみたいに、写真撮影のために車中泊というのは 少数派だと考えてる、
車で旅をする、そのことを最大限楽しむための車中泊というのが、主流なんでしょうねぇ、、 

そういう人たちは 車上生活環境の向上のために、より大きめの車種を選択したり、
キッチンや簡易トイレなどの装備を積み込んだりしてますな、 
そして 車中泊場所も道の駅よりか、キャンプ場を主として選び、そこに居合わせた人たちと交流♪
それも とても楽しいものです♪ 

おいらは 自分で満足できるネイチャーフォトをゲットするために旅をします、 
そのための最適の方法として車中泊がある訳で、自分なりの改造をすすめてます p( ^ ^ )q
自分が使いやすく、便利な環境に改造することも、今の自分の生きがいのひとつになってます、、 
     
     

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/21(日) 23:00:22|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<  積丹半島の奇岩 | ホーム |   千望峠の夜明け、初冬>>

コメント

摩周湖はなかなか晴れを望むのが難しい行き先ですが、心がけが良かったんでしょうか。やっぱり晴れるとすごい景観があるんですね。
  1. 2016/02/22(月) 07:27:26 |
  2. URL |
  3. AzTak #ba33.0Zs
  4. [ 編集 ]

AzTak さん、摩周湖だけの絶景として、早朝の「霧の滝」というものがあります、 
釧路湿原からやってきた大量の霧が、外輪山を乗り越えて湖に下るんです、 
自分もテレビのネイチャー番組で見ただけですが、できれば実際に見て、写真に納めたいものです ( ^ ^ ) 
  1. 2016/02/23(火) 15:02:02 |
  2. URL |
  3. DominGo★ #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teturo221.blog.fc2.com/tb.php/2592-eb968fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (44)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR