夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  旅直前の準備でブログ記事書いてる余裕は・・・・

ほんとうは無いんだけど・・・・ この記事も使いまわしの写真で 3年前の北海道旅の写真から (笑)

北海道の風景写真は 水平線を入れ込むととても壮大な感じを受けて、おいらは大好きなんです♪
1-GA104.jpg
これは道東 浜中町の霧多布(きりたっぷ)岬、 これで朝の8時半くらいなんですよ~ 

ここら辺は東に開けた海岸なんで 日の出風景が荘厳で劇的なものが撮れます、
この8時頃の風景を見て、そだ♪ 日の出風景を収めてみようと翌日の朝、再度訪れてみました 


その翌朝の風景が これ ↓ 
2-GA115.jpg
実は・・・・ 本当の現場の色は ここまで劇的なものではなかったんです 
劇的に見えるよう 現像やレタッチで手を加えました! ごめんなさい ○┓ペコリ 

しかし 脳内の印象は、まさにこんな感じだったことは確かです、 時間は 6時過ぎ頃です 

これは更につよく 色を弄りました、
3-GA117.jpg

車中泊旅が撮影旅行に向いてる最大の理由は、早朝 夕方の風景がふんだんに撮れる♪ 
これに尽きると自分では思ってます 
ビジネス・旅館泊では、こんな早朝の時間は寝心地の良い布団の中で爆睡してる時間です 
そんな早朝から旅館を出て日の出風景を撮りにいくなんて とても考えられないこと、、 
それが車中泊だと、目覚ましで起きると 即 カメラを手にして撮影開始♪ 

早朝・夕景の劇的な風景を目にして意識にこびりつくと、同じ場所でも 普通の日中の風景が
なんだか気の抜けたサイダーみたいに思えてくるから不思議 (笑) 

これは 南十勝の道の駅の朝、 日の出の頃に目が覚めて カメラを手にして散歩に出ると・・・・・
4-GA139.jpg
いきなり象が目の前に現れて びっくり! 
ナウマン公園というところで、実物大のナウマン象のモニュメントなんでありました~♪ 

まだ薄暗い中 この象(像?)が目の前に現れたときは、一瞬本物の象かと驚いた次第 
朝焼けの日の出をバックにシルエット風に撮れて、おいらにとって印象的な一枚となってます♪ 


上富良野の千望峠の夜明け風景です (^^♪
5-GA202.jpg
遠くに見える山並みは十勝岳連山、 その手前にびっしりと富良野名物の朝霧 
上富良野の市街がすっぽりと埋まり、雲海のようですね ( ^ー゜)b 

山脈から出た太陽のまわりに半円形の輪っかが見てとれますよね 
これは ハロー(日暈、ひがさ) という自然現象のひとつです 
もう少しはっきりと見えれば言うことないんだけど、まぁ ここまで撮れれば満足です ( ^ ^ ) 


千望峠の日の出は隠れたメジャースポットで、写真好きの間では割と有名な場所 
6-GA195.jpg
この方は 大型キャンピングカーの屋根の荷台に登り、三脚に据えて日の出撮りです 
あとでお話を聞いたら、岡山県倉敷から毎年北海道にやってきてる老夫婦さんでした 

道東サロマ湖近くにベース基地として数ヶ月単位で家を借り生活、
そこをベースとしてキャンピングカーで道内各地を撮りまわってるそうです、 凄い! 


これは 道東浜中町の霧多布湿原の日の出風景です♪ 
7-K1564.jpg
暗くて分からないけど、手前の広いパーキングエリアで車中泊しました、 道の駅ではありません 
日の出の頃起きて周りを見ると、高台に数十メートルの展望所が見えて登ってみました 
そしたらちょうど日の出にばっちり遭遇♪ 

湿原から朝霧が立ち昇ってるんだけど、分かりますかねぇ? 
展望台からは周り360度こんな眺めで、とても幻想的な風景でした ( ^ ^ ) 


さて、車中泊の旅と言っても、人それぞれいろんなスタイルがあります、 
車で ただただ旅をするのが好きな人、道の駅めぐりをして 完全制覇を目標としてる人、
各地から集まる顔なじみの 同じ車中泊キャンパー仲間との交流が楽しくて旅をする人、 
なにか他の目的があって その旅の手段として車中泊での旅を選択する人・・・・・ 

おいらは最後のタイプであります♪ 自分なりに満足できる風景写真を撮りたい、 
そのために 出来るだけお金をかけずに、しかも時間やルートに縛られずにまわりたい 

旅の経費というものは交通費と宿泊代が大きなウェイトを占めますよね
車中泊旅は車の旅だから 当然ガソリン代はかかるわけです、 一日数千円はかかります、 
しかし 自分のクルマに宿泊するわけだから、ホテル・旅館代はいらない、 宿泊費 ゼロ! 
公共交通機関の運賃と宿泊代の合計と比べると、はるかに安くてすむんです♪ 

おいらは車を車中泊用に改造するにあたり ノーマルなキャンパー仕様というよりかは、
「動くカプセルホテル」 という感覚で造ってきました 
男性だったら思い当たることがあるとおもいますが、子供の時 「秘密基地」 って作りませんでしたか?
裏山の藪の中に簡単な屋根をしつらえて、その下にマンガ本とかおもちゃを持ち込んで隠す、
親や大人の人たちには内緒でスリル満点で とても楽しかったですね~♪ 
そんな秘密基地感覚で自分のクルマを改造してきました (笑)
その改造で考え通りにうまくいけば成功♪ うまくいかなかったら失敗、、 
誰にも文句はいえません、 すべて自分の責任であります 

おいらの車中泊旅で必要な経費は ガソリン代とフェリーなどの運賃、そして食事代ですね、、 
食事は数日おきに栄養たっぷりなものを外食でとるようにして、普段はパンやコンビニ弁当でいきます
今回の旅では強力なインバーター電源を入手したんで、小型の炊飯器も持っていくことにしました♪
おかずが無くとも 塩やふりかけをまぶして牛乳で流し込めば、半日以上は過ごせちゃいます~ (笑) 

もちろん 至る所にコンビニやマーケットはあるし、その気になれば惣菜の入手も至極簡単♪ 
すき家とか吉野家の牛丼もあちこちにあるし、食事のことは心配なしです ( ^ー゜)b 


道の駅で車中泊すると、いろんな車中泊族が見られて面白い♪ 
本格的なキャンピングカー仕様の大型車も居れば、改造もしてない軽乗用車での一人旅も居ます 
お金持ち風の夫婦旅もあれば、体が不自由な伴侶をいろんなところに連れていきたいという人も居た 
道の駅にクルマを停めて、そんないろんな人たちとお話をするのも楽しいもんです ( ^ ^ ) 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/05(火) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<  来週 出発の予定です♪ | ホーム |   いよいよ 旅立ち近し ( ^ー゜)b>>

コメント

まあ、楽しんできてくださいね。食事のことが気がかりでなければ、相当頑張れるはずですね。ガソリン代は、1日数千円にもなりますか。これは累積すると結構な額になりますが、ケチるわけに未来ませんよね。
  1. 2016/07/05(火) 06:44:25 |
  2. URL |
  3. AzTak #ba33.0Zs
  4. [ 編集 ]

AzTak さん、 なんせ数日の旅ではないですからね、それなりに費用はかかるわけでして f ( ^ ^ ) 
しかし 普通の公共交通機関と旅館利用の場合と比べると、はるかに安くなる計算になるんです 
まぁ・・・・ 世の男性が散財してるようなことを自分は何もしてませんので、唯一の散財ということで家人にも理解してもらってます 
  1. 2016/07/05(火) 23:32:29 |
  2. URL |
  3. DominGo★ #yxBLcR7c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teturo221.blog.fc2.com/tb.php/2615-36fbddbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (44)
地元佐世保の写真 (78)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR