夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  留萌本線 増毛駅

おいらは別にテッチャンという訳でもないけど、道すがらの駅はよく写真に撮ります 
駅 という場所はたくさんの人が行き交い、またその人それぞれに人生や想いがあるもんですよね 
だからか知らん、駅を見ると何気なく写真に収めたくなり、、 

今回の記事は そんな中から留萌本線 増毛(ましけ)駅の写真を ( ^ー゜)b 
1-LS5159.jpg

実は このJR増毛駅を訪れたのは初めてではありません 
30数年前に新婚旅行で北海道をレンタカー旅をしたとき、カミさんと訪れたことがあるんです 
今回訪れてみると、なんとあと数ヶ月で廃線・廃駅になるんだとか!  知らなかった~・・・・・


感慨にふけってると、ちょうど留萌からの下りが入ってきました 
2-LS5137.jpg


廃線間近ということで、乗降客はとても多い、 しかし・・・・・ 
3-LS5138.jpg
それまでの平常は 一日の乗降客数20~30人くらいだったそうですよ 


ほとんどの人たちは、名残を惜しんでの観光客、そしてカメラマン 
4-LS5139.jpg
終着駅の象徴、車輪止めが際立ってるっしょ、 その昔は、貨物線や転車台まである重要駅だったとか、、
なんと、増毛には戦前は樺太航路まであったそうです! 
当時 稚内まで鉄道が施設されてなく、なんとか鉄道があった増毛からの樺太航路が物資輸送を担ってたんだって!


駅を出てすぐのところにある 「風待食堂」 、高倉健さんの映画「駅 STASION」 でよく登場してた 
5-LS5149.jpg
映画そのままの佇まいでとても趣きがありますね、 
映画のロケセットの建物をそのまま残してるんかなと思ってたら、それは違った、 

なんでも 映画が撮影される前は本当のお店として 乾物屋さんかなにかをやってた建物らしい、 
映画撮影に際し、看板やらなんやらつくってロケセットに造り変えたそうな! 

去年のこのときは観光案内所として機能してたけど、今年になって内部を改造、 
これまた映画に登場する居酒屋「桐子」のロケセットを造り付けたんだって! 

まぁ・・・・ 映画を観たことない人には 何のことやらチンプンカンプンですね (笑) 


JR留萌本線 増毛駅は去年2016年12月で廃駅になったそうです 
6-LS5152.jpg
廃線 廃駅後、この駅舎は増毛町に無償譲渡されたとかいうはなしも、、 
町の観光協会、役場が譲り受けて それなりの活用をしていくんでしょうね、 
なんせ、高倉健さんの映画「駅 STASION」 の存在で全国的に知られた駅だから、、 


増毛駅の表札看板、 わっかるかなぁ? 窓ガラスに 「風待食堂」 の看板が・・・・・ 
7-LS5160.jpg

30数年前に訪れたときはもちろん映画も撮影されてなく、全国的にはまったく無名の駅、 
地図でたまたま 「増毛」 という珍しい地名を発見して寄り道したんです、 

若い頃から髪の毛に悩みがあり、 ゲン担ぎにでもならんかなと、、(笑) 
地図を見ると留萌の北に、ウスヤ(たしか臼谷と書いたかな?)という無人駅も発見! 
「臼谷 → 増毛」 なんていう切符も記念に手に入らないかな なんてバカなことも考えました (爆)

とうぜん そんなことは実現しなかったけど、そのあとずいぶん経って映画に登場したときは驚きました!
驚きもあり、懐かしくもあり と言ったところでしたね~ ( ^ ^ ) 
                   
                      

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/19(火) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  自作壁紙写真から (5)

去年の北海道旅では過去最長の旅日数となりました、 なんと、約80日間! 
七月下旬に北海道に入り、十月上旬に離れたんです、 
まるまる三ヶ月、十月下旬まで居たかったけど、去年は冬の訪れが早くて 逃げるように離れました、

道内をのんびりと巡り、だいたい2周くらいはした感じです、
台風を避けて稚内で長期滞在したり、台風が去ると十勝や富良野盆地に移動、こらの天気がぐずつくと 
晴れ間を求めて北に移動、稚内を再度訪れたりして ( ^ ^ ) 

旅の期間が長いということもあり、まだ一度も足を踏み入れてない地域へも行ってみたんです、
それは道南 渡島半島の西側、日本海側のルートです、 「追分ソーランライン」 と言われてます 
北は積丹半島から 南は函館まで、 海岸沿いの気持ちの良いルートでした♪ 

これは その追分ソーランラインの真ん中あたり、乙部町あたりの絶景 ( ^ー゜)b 
1-LS707.jpg
だいぶ高いところに道の駅があり、その道の駅の裏側に出てみると こういう絶景が広がってました♪ 


追分ソーランラインの別の場所、 海岸沿いの道が多いルートです 
2-L5704.jpg
この日は快晴で、とても気持ちの良いドライブが出来ました ( ^ ^ ) 


追分ソーランライン南部、江差町にある 「かもめ島」 、江差港入り口に浮かぶ島 
3-L5741.jpg
今は陸続きになってて、風光明媚な観光ゾーンになってます 


かもめ島の南端、海は日本海で 水平線あたりの煌めきがとても美しい♪ 
4-L5742.jpg


二つ上の写真と同じ撮影場所、夕方日没の頃の風景、 おいらはこちらの方が好みですねぇ♪ 
5-L5752.jpg
灯台に灯りが入ってます 


十勝平野のど真ん中、中札内村の道の駅 第二駐車場、 
6-L5949.jpg
この向こう 100mほどのところに道の駅建物とアスファルト舗装の駐車場があるんだけども、こちらが静か、
その静かさと引き換えに、夜になると灯りがなくて真っ暗! 怖いと言えば怖い、 
向こうに停まってる車は道の駅スタッフの車らしく、夕方には一斉に居なくなるんですよ! 
十勝平野では天気がよくない日が続き、この駐車場には何泊もして過ごしました、 


十勝の廃屋、 人が住まなくなってどのくらいなのか? おそらく数十年は経ってると思われ、、 
7-G1292.jpg
廃屋、と言っても、夜逃げ・離散などの哀しいイメージはおいらは持ってません、 
近くに 新しい家を建てて移り住んでる場合もあるのかな、と、、 


これは 北海道ではありません、 帰途の途中、兵庫県の竹田城跡遠景です、 早朝 5時45分 
8-G1359.jpg
麓の朝来(あさご)市街の街路灯がまだ点いてますね、 朝霧はイマイチ、つうか 全然無くて、


えと、これは観光地でもなんでもないんだけど、朝来の近く、夜久野というあたり、 
9-L6606.jpg
なんとなく爽やかな印象の写真で、PC壁紙にして楽しんでます (笑) 

去年の 10月に長期旅から帰ってきてからというもの、写真を撮る気にまったくなりません。 
ヒマだけは有り余るほどあるのに、困ったことです、、 
                               
                   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/08(金) 06:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  自作壁紙写真から (4)

自分のPC壁紙(自分で撮った写真)からの選抜です、 
始めの4枚は 2013年のときのもの、5枚目から後は去年 2016年の北海道旅のものであります♪ 

道南 京極町にある 「京極ふきだし公園」 の紅葉であります 
1-GA268.jpg
京極町というのは蝦夷富士 羊蹄山をとりまく町村の中のひとつで、羊蹄山からの豊かな湧水で有名♪ 
町内の上水道の水源も ふきだし公園の湧水だそうで、この池も取水の残りを一時溜めておくものと思われる 
水深もせいぜい数十センチくらいなもので、人工池なんでしょうね♪
 

十月末の北海道、ここらでは初雪の話題がちらほらと、、 じっさい、寒かった~! 
2-K2316.jpg
北海道の紅葉は、黄色、だいだい色系が多いようです、 
九州なんかだと赤色系が多いんだけど、やはり土地柄でしょうね (´・ω・`) 


車中泊した 道の駅 「むかわ四季の館」 駐車場での夜明け、 午前6時頃 
3-GA222.jpg
ふだんのおいらは夜型人間のため熟睡してる時間だけど、車中泊旅に入ると早寝早起きになるんです (笑) 


道南の日本海側、寿都町の弁慶岬、 義経伝説のあるところで 弁慶像が設置されてます 
4-GA238.jpg
車中泊したところだけど、道の駅でもないし、季節外れのこの時期 広い駐車場にたった一台! 
トイレには 「クマ出没注意!」 の貼り紙はあるし、一晩とても怖い思いで過ごしました (> <) 
 

ここからは3年後の去年 2016年の撮影分です、 道北オホーツク海側の さるふつ公園の夕景 
5-L5299.jpg
風車は 「風雪の塔」 と名前が付いててモニュメントでしょうね、 中に入れるけど 空っぽです (笑) 
左の建物は民族資料館なのかな? それらしきものが陳列されてました 


さるふつ公園の建物の裏側には広大なスペースがあり、パークゴルフ場が整備されてます♪ 
6-L5280.jpg
パークゴルフというのは北海道が発祥地だそうです♪ 十勝の幕別町らしい、 
だからか知らん、北海道を旅してるとあちこちでコースをよく見かけます、 
道具一式貸し出しもあるし、基本無料のコースも多い♪ 
おいらは ゴルフ系 の競技にはまったく興味がないんでやらないけど、ご老人を主に流行ってるようです 


これは ヒマワリの町で有名になった 北竜町のヒマワリ畑 
7-L5115.jpg
整備された立派な観光ヒマワリ園があるんだけど、そこに行ってみると何故か咲き終わりの様子で パッとしない、


あんまり写欲がわかないまま戻り道を走ってると、国道沿いが広大な黄色い畑になってる♪ 
8-L5116.jpg
道路沿いに車を停めて せこせこ撮ったもんです ( ^ ^ ) 


出来れば 夏らしい青空バックに撮りたかったが、お天気ばかりはどうしようもないですね、 
9-L5117.jpg
観光ヒマワリ畑は大輪の花が付いてたけど、ここらへんのヒマワリは小振りの花ばかりでした、 
観光用ではなく、完全に緑肥(肥料)として栽培されてるのではないかと思われます 

北竜町のヒマワリ畑には、天気の良い日に再度訪れて写真を撮りたいものです ( ^ー゜)b 
              
                   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/28(月) 17:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  自作壁紙写真から (3)

いま、おいらのPC壁紙に登録している写真からです 
この記事は、風景・・・・と言うよりも、ちょっとおもしろい変わった写真を集めてみました♪

まず1枚目は美瑛 青い池、 雪だるま? 雪うさぎ?
1-K5S_2012.jpg
この年の初雪が降り始めた頃で、観光客がつくったものらしい 
うさぎ か ねずみ のつもりらしいが、耳が3つもあって面白い (笑) 


映画 「ハナミズキ」 の舞台となったヒロイン 「紗枝の家」 、 
2-K5S_1600.jpg
映画の中では日当たりの良い爽やかな高台にあるように撮影されてたが、現実は違ってた、 
また、ロケセットの家とも思ってたが それも違ってて、 
たまたま住む人が居なくなった現実の民家を見つけて、撮影したらしいね、 
映画を観て感激した人が今でも訪れており、空き家になってる玄関に 訪問ノート が置いてあった 


道東の遠軽町近く、道の駅 しらたき の案内板 
3-LS2_4709.jpg
なんでこの写真を撮ったのかというと、現在の気温表示、23度と表示してます 
八月上旬の快晴の昼下がりで 23度! 地元九州では有り得ない気温であり、記念に撮ったもの (笑) 


美瑛 四季彩の丘、 絵になる素敵なカップルさんの後姿をポイントにして♪ 
4-LS2_6073.jpg
韓国か中国の観光客さんみたいだったすよ ( ^ ^ ) 


足寄の道の駅店内で見た面白いもの♪ さて、どこがおもしろいのか、分かりますか? 
5-LS2_4863.jpg
画面中央、奥に伸びる線路は 実は 大きな写真パネルなんです! つまり カベ! 
決まったポイントから見ると 線路が続いてるように見えるという ( ^ ^ ) 


横にまわってみると、これ、このようにいびつに見えてしまうという、、 
6-LS2_4864.jpg
むかし 足寄はJR線があって、その後 三セク 「ふるさと銀河線」 に移管となり、 
その ふるさと銀河線 も廃線になってしまった 
道の駅 「あしょろ銀河ホール21」 は、その足寄駅を改築したもの、 


壁の反対側には このようにディーゼル列車が・・・・・ って、これも巨大写真パネル! 
7-LS2_4865.jpg
「だまし絵」 みたいな写真パネルが面白かった ( ^ ^ )


深い山の中を走ってて、ふと見つけたこれは? トトロ!? 
8-GA1269.jpg
場所はアイヌ民族関連施設が点在してて有名な 平取(びらとり)地区、 
地元の人があるとき この木をながめてて、ふと トトロに似てるのに気付いたらしい 
で、高所作業車を持ち込んだりして剪定、かたちを整えたり 目・口を取り付けたり、 
どうです? 見事にトトロになってますよねぇ~♪ 

年に一度、剪定してかたちを整えたり 目・口を取り替えたりしてるらしいですよ、 
山の中の単調な道を走ってて、見つけたときの驚きは新鮮なもの! 
今はだいぶ有名になってるらしいが、おいらが見つけたのはあまり人に知られてない頃のこと、 
とても嬉しかったことを覚えてます♪ 
   
   

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/21(月) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  自作壁紙写真から (2)

自作壁紙から選んで記事を書かせてもらってます f( ^ ^ ) 
壁紙写真は、過去の撮り旅で気に入ったものを選んで作ってます 

この記事では 風景写真と言うよりも、車をからめた写真を選んでみました♪ 
まず一枚目は道東 能取岬 で撮ったもの、 2013年、このときの車はスバルドミンゴでした、
1-K5S_1423.jpg
車体サイズは軽ワゴンと同サイズながら エンジンは 1200ccで 3列シート7人乗りの普通車でした、  
エアコンもツイン装備されてるほどで、パワーは十分にある乗りやすいクルマでした♪  

いいクルマでとても気に入ってたんだけどなぁ・・・・・ この旅の途中から不具合が発生しはじめて、
修理は可能だったけども なんせ古い車なんで、泣く泣く廃車にして現在の サンバー ディアス に、、 


同じ能取岬で、夕景の中のドミンゴ、 オホーツクの空、夕焼けのグラデーションがとても美しい♪ 
2-K5S_1391.jpg


これは去年の旅、ディアスです、  旅立ちの日、関門海峡のサービスエリアで、
3-MS1_4190.jpg
このあと九州から離れ、山口県内の道の駅で車中泊一日目、3ヶ月の長期旅の始まりでしたな♪ 


一気に北海道に飛びますが (笑) 道南渡島半島の日本海側、せたな町近くの海岸線をバックに♪ 
4-LS2_5714.jpg


これは道東 (になるのかな?) 本別町の道の駅での夕景、 ここで車中泊しました ( ^ ^ ) 
5-LS2_4889.jpg


オホーツク海側の街、紋別近くを走行中に見つけた大草原に立つ一本木 とディアス、
6-G8271212.jpg


夕焼けを期待して日没まで待ってみたけど、思うようには焼けてくれなかった 
7-LS2_5475.jpg


道南 長万部の街を抜けると気持ち良く続く直線の道路♪ なんと! 10kmくらい直線路が続くんですよ!
8-LS2_5827.jpg
自動速度取締器(オービス?)があるけど、こんな場所でひっかかるのはよほどの ドジ ? (笑) 


上富良野の食品スーパー駐車場で 夕景が美しかったんで パチリ♪ 
9-LS2_6092.jpg
上富良野では 千望峠で長期車中泊をしたんで、このスーパーには何度も買い物に行きました 
夕方6時半を過ぎると 惣菜とか寿司など生ものがバーゲン価格になるんで、それを狙って ( ^ー゜)b  
数十円の値引きでも、積もり積もればバカにならん差になるんです、、 (笑) 


スバル ドミンゴ は自分には合った、とても気に入ったクルマでした、 
一人で動き回るには程よい大きさで、1200cc というエンジンでパワーも不満なく♪ 
見た目は軽ワゴンと変わらない大きさだけど、普通車ということで(?) 念入りに造り込んでいるらしく 
走行中の騒音は小さく、サスペンションも上質♪ 今思い出すと とても良いクルマでしたねぇ、、 

ドミンゴはもう10数年前に製造中止になっており、現在は入手困難! 
見つかったとしてもとても古い中古車であり、痛みの程度は大いにクエスチョン 
おいらが乗ってたこのドミンゴも 見た目はこんなに美しい車体外観なのに、内部のエンジンが・・・・・ 

長期旅の途中で故障して動けなくなったら大変なんで、泣く泣く車を替えることにした次第、 
普段使いの使い方なら、だましだまし あと数年は使えたところでした 

で、車体的には同じ大きさの現車<サンバーディアスに替えた訳だけども、んん~~・・・・・・ 
どちらかと言えば 失敗だったかな、と、、 
合格点は車内スペースだけで、エンジンパワー、サスペンション、乗り心地、燃費、すべて (> <) 

まぁ、満足できそうな条件のあったクルマはあるにはあるんだけど、お金がなくて買えない! 
スバルドミンゴが今も販売されてたら 間違いなく買うことだろうけど、それは夢物語だしねぇ、、 
現車 ディアスでなんとか我慢して、再度の北海道車中泊旅を模索しているところです、 
                      
                      

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/13(日) 17:00:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (46)
地元佐世保の写真 (79)
佐世保近辺の写真 (4)
未分類 (12)
旅の写真 (158)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR