夢♪ 北海道 v(^ ^)

風景写真や、お花のスナップ  自由気ままにアップしてます ( ^ ^ )

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (11)

2016年、この年の北海道は台風に襲われ続けた夏でした、 8月14日、この日も大型台風が近付いていました、 
天気予報によると、道東方面に上陸する様子なんで、北海道の西側方面に避難することにしました、 
とりあえず、いま居る道東地域から旭川方面に向かいます、 道の駅 「おんねゆ」 を出て、大雪国道を西へ、 

石北峠を越えて下ってくると 大雪湖が現れます、 この写真左側にある湖です、 
01-L5088.jpg
この湖は人造湖のようですね、 発電用なのか? 
遠景に見える山は名称は分からないけど 大雪山系のひとつのお山なんでしょう、 
真夏まっ盛りというのに 残雪が見えますね! さすが北の大地 北海道! 


この日は旭川市郊外に位置する東川町、その東川の道の駅で車中泊することにしました、 
02-L5092.jpg
以前は ハイエースクラスの改造キャンピングカーが主流だったけど、情勢は変わってきてますね、 
最近は このような大型キャンピングカーが目立って増えてきました、 
声をかけて話してみると、新車で一千万くらいからだとか! いろいろ装備を充実すると2千万超え! 
ビンボー人のおいらには まったく! 縁の無いはなしではあります (>_<)  


翌日 8月15日の車中泊地は、さらに西に避難して、秩父別(ちっぷべつ)の道の駅で車中泊  
03-L5103.jpg
駐車場の真ん中にそそり立つ高い塔、何なんだろうなと思ってたら、夕方になって びっくり! 
時計塔になってるらしく、その音が凄い大音量!!  
朝6時だったかな、早朝にも鳴るんで驚いた、 車を揺らすような大音量で たたき起こされました (笑) 


翌16日は、日本海側まで出るつもりで走り出し、途中 ひまわり畑で有名な 北竜町に寄りました、 
04-L5104.jpg
これは北竜町の道の駅 「サンフラワー北竜」 の駐車場入り口 北竜門、 
奥の宮殿みたいな建物が道の駅で、ホテルや温泉もあって 豪華でしたね♪ 


8月中旬で 夏まっ盛りの季節なのに、観光ひまわり園は盛りを過ぎたお花ばかりで写真にならず、 
緑肥として栽培されてたヒマワリ畑の方が綺麗でしたね、 
05-L5115.jpg
この頃から台風の影響で雲が多くなってきました、 


海沿いの 留萌(るもい)まで出て、ここまで来たんだからと 増毛(ましけ)まで寄り道してみました、 
06-L5135.jpg
廃線になるのは知らないで寄ったんだけど、なんでも この年の10月だかにこの路線が廃線になるんだとか! 
もうすぐ廃線になるということで、名残を惜しむ観光客が多かったですね、 


増毛駅のすぐそばにある 「風待食堂」
実は食堂ではなく、高倉健さん主演で 1981年公開の映画『駅 STATION』 で使用されたロケ地なんです、 
07-L5149.jpg
もともとは雑貨屋さんか何かのお店だったらしいけど、映画撮影のために改装されたんだとか、 
今でも映画撮影の記念にそのまま残されてました、 

増毛線廃線後、この建物は内部だけさらに改装されてるそうです、 
『駅 STATION』 で高倉健さんと倍賞千恵子さんの印象的なシーンで居酒屋のシーンがあったけど、
その居酒屋そっくりに改装されてるらしいですよ! 興味があったら寄ってみるのもいいかも♪ 

自分は 30年以上昔、新婚旅行でレンタカー旅したとき、実は立ち寄ってます、 
もちろん 映画撮影前のことで有名でもなかったけど、「ましけ」 という名前に引き寄せられて、  
たしか記念に駅入場券も買ったと思うけど、ご利益はまったく無かったようで (爆) 

さて このあと、北海道の西側海岸沿い、オロロンライン と言うけど北上のコース、 
しかし さすがに台風の影響で雨風が強くなり 写真どころではなく、、 
苫前町までたどり着き、道の駅 「風W とままえ」 で車中泊、 

この道の駅では、数年前からブログ上でのお友達さん、鉄五郎さんと初めてお会いすることが実現しました♪ 
鉄五郎さんは和歌山在住の方で、毎年のように夏の北海道を車中泊旅してらっしゃる超ベテランさんです! 
車は軽キャンカーで キャンプ場車中泊メイン旅だけど、都合をつけて道の駅で一晩合流してもらいました、

翌日、雨は上がったみたいだけど どんよりとした曇り空、 
鉄五郎さんは南方面へ、おいらはオロロンラインをそのまま北上ということでお別れして出発、 
この日の車中泊場所は 羽幌町の道の駅 「ほっと?はぼろ」 、  
ホテルが道の駅と温泉を併設してるような大きな建物で、すごく綺麗な道の駅でした、 

翌 8月18日の朝は、台風一過の良い天気♪ 道の駅の駐車場ものんびりとしてます、 
08-L5187.jpg
向こうの方で車をきれいにしてるおじさんは この数日 行く先々で連続して会ってるんですよ、 
車中泊旅をしてると、連続して会って、『あぁ~~!』 ということがよくありますね、 

この方の車は 「ラクーン」 という車中泊仕様にメーカーで改造された市販車、 
見た感じ、軽自動車かと思いきや! なんと税法上は普通車扱い! 
軽トラベースに居室部を架装してるんだけど、ほんの数センチだけ軽自動車枠からはみ出るらしい、 

エンジンは軽自動車と同じだから 走りは軽と同じ、つうか 車体が重くなってる分 走らない、 
毎年の自動車税は普通車と同じじゃ 納得できないよね! 
おいらは自己で改造した軽箱形ワゴンで十分満足してます♪ 
自分好みに "秘密基地" 的に改造するという、今やってるみたいな別のお愉しみもあるし (笑) 

オロロンラインの途中、初山別村の広大な公園、 道の駅、キャンプ場、天文台まであるんですよ♪ 
09-L5191.jpg
ここは様子見で寄っただけでした、 空の雲を見てると、気持ちの良い秋晴れのような感じ? 
8月のお盆過ぎなのに、そんなに暑くもなく、さすか! 北海道というところです♪ 


さらにオロロンラインを北上、 サロベツ原野に入ります、 
10-L5209.jpg
とにかく、数十キロも このような原野、直線路が続くんです! 凄いです! 


オトンルイ風力発電所、 道北 天塩町を過ぎたあたりに見えてきます、  
11-L5206.jpg
20数基の巨大な風力発電プロペラが一列に並んでる様は 壮観です♪ 


さてさて、台風による悪天を避ける意味もあって、道北 稚内に戻ってきました、 稚内森林公園キャンプ場です、
12-L5233.jpg
7月末から8月初めにかけて、3連泊した場所です、 
このあと 道北以外 全道的に荒れ模様となり、何連泊もすることになるとは このときは想定してませんでした、

2016年の夏の北海道は とにかく天気に恵まれませんでしたね、 
なんせ、8月一ヶ月の間に 3つもの大型台風が襲来するという状況! 
北海道に上陸する台風は、本州で上陸して勢力が衰えたものが再上陸するというパターンなんだそうです、 
それが この年は海上を進んできて、勢力が強いまま北海道に初上陸するという異例の大型台風! 

道内各地で大きな被害が発生しました、 
7月に車中泊した南富良野の道の駅が濁流に水没してる様をテレビ映像で見たときは 愕然としましたね、 
十勝平野の道路も各地で寸断されて通行止め、う回路を余儀なくされたり・・・・・  

2つ目の台風までは 被害の少ない地域に避難できたけど、3つ目の台風では捕まってしまいました! 
十勝平野の道の駅駐車場で、一晩中もの凄い風雨に車を揺さぶられ、しょうじき、死ぬか! と思ったほど! 

8月半ばの稚内での連泊は、2つ目の台風から逃げての連泊でした、、 
                              
                              

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/25(金) 15:30:00|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  ルーフキャリアを取り付けました♪

ずいぶん前から装備したいと願ってたルーフキャリアの取り付けに挑戦しました、 
もちろん 自分で取り付けるのは初めてのことです! 

取り付けられてる車両を見させてもらうことはあっても、微に入り細に入り見て研究する訳にもいかず、 
一番疑問に思い、不安だったのが、脚を取り付ける場所も無いのにどうやって固定するのか? でした、 

実はルーフキャリアは一年も前に通販で購入してたんですよね~!
購入はしたものの、自分にとって初めてのことで難易度が高そうで、先延ばしを繰り返し今に至ってたんです、
しかし旅立ち予定の時期も迫り、ダメ元で取り掛かる決心をしました、 
どうしても無理だったら、その時は近くのカー用品ショップに持ち込み、有料で取り付けてもらうことに?

ルーフキャリアは汎用タイプではなく、スバルサンバーディアス専用のものを去年 ネット通販で入手しました、 
イラスト図解付きで詳しい組み立て説明書が付いてたけど、それでも初めての者には難しかった~ (>_<) 
説明書の一行一句の通り、間違わないように数日かけてじっくりと確実に組み立てました、

01-L7122.jpg
苦労してやっとこさ組み上げたルーフキャリアです、 


ルーフキャリアの車体取り付けベースは雨どいレールが一般的だと思います、
02-L7128.jpg
しかし ディアスの雨どいレールは後部の半分、最後部しかありません、 どこを脚のベースにするの??


なんと防水用のウェザーストリップをめくり、幅1センチもない "リブ" を利用するんです! 
03-L7130.jpg
ドライバーを挿してる部分をこじって、少し浮かせてキャリアの脚をかませます、 


ということで、目出度くルーフキャリアの設置が完成♪ バンザァ~~イ d(^○^)b 
04-L7140.jpg
途中、いろいろと記録の意味でも写真を撮るポイントはあったけど、なんせ作業に没頭してたため、
写真を撮ることすら忘れてました! 


車体に取り付けてみると、思ってた以上に車体の天井とのスペースが大きいのに驚きました、 
05-L7144.jpg
この半分くらいのクリアランスが好みだったけど、まぁ・・・・ 仕方がない、 


片側3本、両方で6本の脚で固定してます、 中央と前方の2本がリブ固定、後方は頑丈な雨どい固定、 
06-L7145.jpg


右側のリブ固定部分は どうも失敗したみたい? 膨らみが大きいような? 
07-L7157.jpg
でも サイドドアはなんとか閉まるし、このままでいくことにします、 


左側は 我ながらうまくいったんではないかと ( ^ー゜)b 
08-L7159.jpg


サイドドアも 浮き上がりもなくピッタリと閉まります、 
09-L7160.jpg


ルーフキャリアの取り付けは自分的には初めてのことで、だいぶ苦労したけど よくやり遂げたと嬉しいです♪ 
10-L7141.jpg


リヤゲートを上げても キャリアには接触もせず 問題無し♪ 
11-L7149.jpg
実は キャリアの説明書では、取り付け位置はもう少し前方に載せるように記載されてました、 
前方の脚は前席ドアの上に載せる感じです、 
自分的にはそれが何となく違和感を感じ、塾考の上 広報に 30㎝ほどずらして設置しました、 

実はルーフキャリア設置の一番の理由は、ソーラーパネルの設置をするためです、 
前回の旅では 走行時充電のサブバッテリーシステムのみでいきましたが、さすがに電力事情に泣かされました、

夜の灯り用に 10W程度のLED照明も用意していったけど、電力事情が心もとないんで 結局使えずじまい、 
乾電池式のランタンで過ごすことになりました、 

前回使った走行充電システムと、今回新たに設置するソーラーシステム、それぞれを別のサブバッテリーに充電、
2系統のシステムとして、インバーターも2つ使用を考えてます、 

ソーラーシステム用のバッテリーは数日前通販購入して届きました、 ディープサイクルタイプです、 
大いに悩んでるのが そのソーラーシステム用のインバーターをどうするか? 
1500Wの正弦波タイプにするか、2000Wの疑似正弦波タイプにするか? 

前回の旅では、1000Wの疑似正弦波タイプを使ったけど、警告ブザーが時々鳴って閉口しましたよ、 
600Wだったか、その程度の電気釜を使ってるときに鳴って、時々 ごっちん飯が炊きあがりました (笑) 

あとで知ったことだけど、電気機器には起動時電流というものがあるらしい、 
起動時には瞬間的に定格電流の数倍の電力を必要とするものもあるらしいんですよ、 
つまり、定格電流500~600W程度の機器を使おうとすると、1000Wのインバーターでは怪しくなるということ、 
ということで、次の旅では2系統の電源システム、2つのインバーターをよく考えて使い分けていきます、 

しかし ねぇ~・・・・・ ソーラーシステムは晴天の日でないと発電してくれないし、
走行充電にしても 雨の日は気分的に動きたくないんで充電できないし、
長期車中泊旅は電力事情の心配から解放されることはないですね (笑) 
                             
                             

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/20(日) 22:50:27|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (10)

旅へ備えての車改造記事と 2年前の北海道旅の記事を交互に上げてますが、双方とも遅々として進みません、
困ってます、 さて さて その旅記事をいきましょう ( ^ー゜)b 

傍迷惑な騒音車両に悩まされた 道の駅 「おだいとう」 を出発し、内陸部へ向かいました、 
別に目的地があるわけではありません、 気の向くまま進み、写真になりそうな風景があれば写真を撮る、 
写真になりそうな風景に出会わないと、気分転換に車を停めて、とにかくシャッターを押します (笑) 
01-LS5051.jpg
これは綺麗な風景でも 雄大な風景でもありませんね、 一直線の道と 広大な農地(?)があるだけ、 


道東 弟子屈(てしかが)の近くに、雄大な景観で有名な 多和平(たわだいら) という場所があります、 
02-LS5059.jpg
360度、地平線が見えるということで、観光パンフレットでも紹介されてる牧場? 
走行中 案内看板が目に留まり、行ったことがなかったんで寄ってみることにしました、 


本来は牧場ではあるけど 観光地化してたりして、こんな展望台もあります、 
03-LS5060.jpg


このように綺麗に整備されたキャンプ場もありました、 
04-LS5063.jpg
なかなか居心地の良さそうなキャンプ場ですね ( ^ー゜)b 


牧場だから もちろん牛さんも居るけど、羊も放牧されてました、 北海道ならではの風景ですね♪ 
05-G8121149.jpg


作品風・・・・・ に撮ってはみたけど、牛さんが小さ過ぎて 失敗でしょうか (笑) 
06-G8121152.jpg


この日の車中泊場所に決めたのは 道の駅 「摩周温泉」  お盆休みの週末ということで車が多かった! 
07-G1154.jpg
この道の駅に決めたのは 摩周湖に近いから、 早朝夜明け直後の 霧の摩周湖の写真を狙いました d(-_^) 


が、しかし・・・・・・  翌朝 日の出の頃に摩周湖にいってみると、このような状況! 
08-LS069.jpg
第一展望台 駐車場 


第三展望台 駐車場、 視界40~50mも無いので車の運転は細心の注意が必要です  
09-LS5070.jpg


霧が晴れるのをしばらく待ってはみたけど 一向に晴れるきざしはみえず、 
10-LS5072.jpg
証拠写真として 展望台の銘板だけ撮って 摩周湖を離れました、 


麓の弟子屈まで降りてくると、霧はだいぶ晴れてて、、 
こちら方面に来たときは必ず寄る 弟子屈ラーメン本店へ ( ^ー゜)b  
11-LS5073.jpg


味噌ラーメンをいただきました♪ ここの味噌ラーメンは絶品であります d(^○^)b  
12-LS2_5074.jpg
塩 や しょうゆラーメンなど、他のラーメンもあるんだけど、どうしても味噌を注文してしまう、 


さて この日、8月13日は 他に写真を撮るような場所、出来事もなく、夕方になる前に早々に車中泊場所へ、、 
13-LS5076.jpg
数日前に車中泊したばかりの 道の駅 「おんねゆ」 で車中泊することとしました、 
旅に出てからこの頃はそろそろ一ヶ月になろうとしてましたねぇ、 疲れもだいぶ溜まってたような・・・・・ 


さて 今年の6月か7月には旅に出る予定ではありますが、この調子だと2年前の旅記事は尻切れとんぼ?! 
当初は数日分をまとめて パッパッと先に進むつもりだったんだけど、だんだんと詳しく書くようになって、 

次回からは心を鬼にして、大幅にカットしていくようにします! 
                        
                        

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/18(金) 06:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  車中泊仕様への改造、ささやかなアイデア集♪

車中泊仕様への車の改造、カタツムリのごとく のんびりと 進んでおります (笑) 
まあ、ね、旅そのものの楽しさもあるけど、工夫して自分好みに改造していくのも楽しみのひとつであるんですが、 
バリバリの新車だと 車体に手を加えるのはちょっと抵抗があったりするけど、なんせ 超ポンコツ車 (笑) 
先日取った車検で 15年目に突入したところです、 走行距離は 10万キロを少し越えたあたり、 

さて 今回も自分なりの工夫・工作をご紹介します ( ^ ^ ) 
以前もちょっと触れたことがあるけど、車の "玄関" であります (笑) 
車体後部の居室部分に出入りするときの、片足分の切り欠きスペースです、 
01-L7094.jpg

2年前の旅のときも、上がりかまちとして同様のスペースを作ったけど、使わなかった (>_<) 
両足が入るスペースを考慮して、30cm四方くらいで作ったけど それがいけなかった、 
就寝スペースにするときの煩雑さのため、結局使うことなく帰ってきたんです、 

で、今回は 片足だけを入れられるスペースに変更しました、 
02-L7093.jpg


ずれたり 不用意に傾いたりしないように知恵を絞りました♪ 
03-L7097.jpg
すべり込ませるようにすると、片手で簡単に脱着できます、 


就寝時にはこの形で、 日中は取り外すことで 出入りがしやすくなります、 
04-L7098.jpg
実運用では、この上にカーペットなどを敷きますが、この部分はちょこっとめくっておけばよい、 
出入りするのは造った自分だけだから それでいいんです ( ^ ^ ) 


次に考えたのが、最後部の このスペース d(-_^) 
05-L7107.jpg
実は 前回の長期旅では、ほとんど自炊はしないつもりでした、 
車で使える小さな炊飯器だけを持って行き、おかずは各所のスーパーで惣菜を買い込めば事足りる、と、、 

しかし お天気がよくなくて移動しない日など、ヒマで 何かつくって食べようかという気になるもので、 
そういうときに必要なのは もちろん、調理器具と料理の材料・食材、 
調理器具は旅先でも調達できます、 食材も調達できます、 
しかし そのとき困ってくるのが、生もの食材の保存なんです d(-_^) 

旅先でクーラーボックスを購入し、大型スーパーでもらえる保冷用氷と一緒に入れて数日間は保存できたけど、
一日ももたないので氷を調達するのも面倒、溶けた氷が水になるので その処理も気にしないといけない、 
クーラーボックス使用での生もの保存は苦痛でしたねぇ ( ̄~ ̄;)  

で、次に旅に出るときは 車載用としても使える ミニ冷蔵庫を使うことにしました、 
冷蔵庫、と言っても 正式には 保冷庫 というもので、外気温マイナス5度 くらいしか冷えないものです、 
でも 車中泊旅ではその程度でも十分に助かるもんです♪ 
ペルチェ素子仕様ということで 消費電力も小さい、 

実は、旅をしなかった去年、購入しました、 価格は1万円もしないもの、 
その保冷庫を車内最後部に積むことにしました、 

普通に積んで走ったら 転倒してしまうのは自明の理、 そこで 専用設置箱を作成、 
06-L7111.jpg
前方は保冷庫の扉を開け閉めするために開けてます、 


冷蔵庫ではなく保冷庫、と言っても冷やすことには変わりがないので水が溜まります、 
07-L7114.jpg
これが そのトレーということです、 


保冷庫の下にセットして水分を溜める仕組みになってます、 
08-L7117.jpg


さて、その自作した設置箱を最後部スペースに据え付けて・・・・・  
09-L7108.jpg


保冷庫本体を置くと こんな感じです、 
10-L7109.jpg
実際に旅に出るときは、扉の前に紐かなにかで たすき掛けにして転倒を防止します、 


保冷庫の容量は たいしたことはありません、 牛乳とマーガリン、お肉などを入れれば それで満杯という感じ、 
11-L7110.jpg


心配だった 保冷庫上部のヘッドクリアランスも なんとかクリヤ ( ^ー゜)b 
12-L7120.jpg
造り付けておいた棚に接触しそうだけど、すき間に銀マットなどを挟めば問題ないと思われます♪ 


ところで、先日設置した車室内の大きな収納箱、 これにもちょっとした工夫をしてるんです、 
13-L7102.jpg
前方の箱は平らな天板なのに、後ろの箱はちょっとした段差がついてるでしょ、 
この段差は、箱の上に物を置いて走行したときに 転げ落ちるのを防止するために考えました、 


しかし ふたの下に スペーサー としての板材を挟むと・・・・・ 
14-L7105.jpg


これ、この通り♪ 平らな天板になるように考えました ( ^ー゜)b 
15-L7106.jpg

2年前の旅では この平らな天板をテーブルとしても使うように考えてました、  しかし実際は・・・・・ 
この箱の上に雑多な荷物が積み上がることになり、テーブルとしては使えず仕舞い (>_<)  

次の旅ではその反省に立ち、荷物の収納関係を塾考したんで、テーブルとして使えそうです♪ 
前回 2016年の旅でも、その前の車中泊長期旅 2013年の経験の上にずいぶん考えてたつもりだけど、
実際に旅に出ると、想定外のことがいろいろと出てきます、 
次回も何か問題が出て、想定のようには旅ができないことになるかも知れません、  

でもね♪ なにか問題が起きても、それを旅先で何とか対処して旅を続けるのも 車中泊旅の面白さのひとつ♪ 
旅館泊の旅とは違い、車中泊旅は極論すれば 路上生活 の旅 (笑) 
とことん考え抜いて準備しても 想定外のことは必ず、と言っていいほど起こるもんなんです ( ^ ^ ) 

さて、次の旅では念願のソーラーパネルで電力事情を改善しての旅を考えてます、 
ソーラーパネルを屋根に載せるには ルーフキャリアは必須、 
数日前に やっと自力でルーフキャリアを設置することに成功しました~ d(^○^)b 
次の次の記事、車改造関連の記事ではルーフキャリアを取り上げる予定です、 
                             
                             

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/06(日) 23:12:33|
  2. 地元佐世保の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

  2016年の北海道旅、ダイジェスト (9)

2016年の北海道撮り旅のときの写真と、次の長期旅に備えての車内改造記事を交互に上げてます、 
今回は撮り旅写真の記事です、 

8月10日、道東浜中町 霧多布岬のキャンプ場駐車場で車中泊しました、 
目的は翌朝の日の出シーンを撮ることです、 
2013年 秋 の旅で訪れたときは、ほどほどに焼けてくれた朝焼けで ナイスな写真をゲットできました、 
さて 今回はどうなのか・・・・・ 

道東霧多布岬は日本列島の最東端地域ということで、日の出時刻は早いんです、 しかも 8月11日で 夏、
01-LS983.jpg
午前4時頃に目覚ましで起きて、4時半頃にそろそろ日の出が始まり・・・・・ 


しかし この日はあまり焼けてくれなかったです、 しかも 夏ということで想定してない場所からの日の出、
02-LS984.jpg
前回の素晴らしい日の出シーンは晩秋の頃で、灯台の右側から日が昇ったんだけども、、 


朝焼けもうまく焼けてくれず、日の出の場所も想定外、 しかし こればっかりは自然が相手だから仕方がない、
03-LS991.jpg
出来るかぎりの工夫をして撮影をするのみです、 頑張りました、 


けど、この日の日の出は、水平線から昇りきった頃から 霧 が出始めて、またたく間に濃霧に! 
この写真は 4時50分頃、 日の出から 20分そこそこで濃霧に襲われました! 
04-LS996.jpg
さすが! 霧多布岬ですね! 霧が多い岬・・・・ って、本当は違うんですよ、 
もともとアイヌの人たちが言ってた地名に うまく感じをあてはめた訳で (笑) 

しかし こうなるとすぐに霧が晴れることは考えにくく、 写真撮影は諦めざるを得ないことに・・・・・ 

駐車場に戻ってのんびりしてると、あれっ? なにやら駐車場で事件が起こったみたい? 
霧多布岬キャンプ場でテント泊した本州からの若いライダー、なんと バイクのバッテリー上がり! 
前日夕方までは何の異状もなかったのに、朝になるとセルスターターも回らない状態になってたらしい! 
05-LS997.jpg
駐車場に居た車、バイクの人たちが集まってきて にわか協議が始まったわけです、 
結局 駐車場に停めてた車の人がジャンピングスターター(始動補助用のバッテリー) を持っており、
とりあえず それでエンジン始動は成功♪ 
しかしそのままでは 一度エンジンを切ると、再始動は危ない、 また始動しない危険性 大? 

で、その若いライダーはスマホで浜中町や釧路あたりの整備工場やパーツショップを調べて電話作戦、 
やっとバッテリーを入手できるということで、皆に礼を言って走っていきました、 
『エンジンを切るなよぉ~! 一度切ったらそのバッテリーでは再始動せんぞぉ~!』 の声を背に受けながら、

まぁ、そのライダーにとっては困った事件ではあったけど、駐車場に居た面々にとっては微笑ましい事件でした、
しかし・・・・・ 中には イラッとくる人物も居るもので、皆で善後策を協議してるときには大きな声で取り仕切る、
『押し掛けしようぜ、 それしか無いだろう』 と言うくせに、実際は自分では何もしようとはしない、 
よく見かける、口だけ達者なやからですよね、 あーゆーのは (笑) 


さて そんな珍しい事件のあった霧多布岬を後にして、道東内部の草原地帯に向かいました、 
06-LS010.jpg
かろうじて舗装はされてるけど、まわりには何も無い一本道、 


草原地帯とは言っても ただの草っぱらではありません、 牧草畑の草原なんですね、 
07-LS006.jpg
あちこちで このような 「牧草ロールのある風景」 をよく目にします、  のどかな風景ですよね♪ 


のんびりと車を走らせてると、印象色な風景を発見! 
08-LS025.jpg
まわりの状況はこんな様子です、 広大な牧草畑に一本の木、 


構図を試行錯誤しながら何枚も写真を撮りました、 
09-LS037.jpg
どんだけ広いのか、よく分かるでしょう、 遠方の防風林が はるか彼方に見えます、 


この日、青空でお天気が良かったのは午後の早い時間までで、夕方になると一転、どんよりとした曇り空、
10-LS043.jpg
この日の車中泊場所に決めた、別海町の道の駅 「おだいとう」 です、 
オホーツク海に面し、この左手には野付半島、野付湾があるんだけど、モヤッてて見えず、 
北方領土の国後島とは 16kmほどしか離れてないそうです、 
道の駅の二階は北方領土展望室になってて国後島も見えるみたい、 


駐車場の一角にはこのようなモニュメント像が、  「叫びの像」 というらしい、 
11-LS045.jpg
老母と子たちが 『島を返せぇ~!』 と叫んでる姿だそうな、、 

けど、おい! よく見ると この像、頭の部分に何やら白いものが? 
ありゃりゃ! これは鳥のフンですな、 水で洗い流してやらんと 可哀そう (;´・ω・) 


この道の駅での車中泊に決めたのは、近くに人気観光地があるでもなく あまり人気の高い道の駅でもないから、
夜は静かに車中泊できるだろうと考えたから、 しかし この日は 8月11日、お盆の直前だった、 
暗くなってくると 駐車場はにわかに満杯状態になった!  ナンバーはほとんど地元ナンバー、 
早めのお盆休みに入った地元北海道の人たちが、お金をかけないレクリエーションということで 
とりあえず近くの道の駅で車中泊でもしてみようと集まってきてたみたい、 

ただ車中泊を愉しむだけだったら満杯でも もちろん構わないことだけど、中には困ったヤツも居るもので、 
ワンセグだか フルセグだか知らんが、テレビ放送を大音量で鳴らしてる! 
まだ夜も早いうちなら我慢もできるが、夜も更けてきて皆が寝入る時間帯になっても鳴らしてる! 
聞こえないように心がけても、耳に入ってくるんで気になって眠れたもんじゃない (>_<) 

そんなにテレビが見たけりゃ、車中泊なんぞせずに自宅のテレビでゆっくり見ればええじゃないか! 
などと ブツブツ言ってるうちにいつしか眠りに落ちていたのでありました、 
                           
                            

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/02(水) 17:00:00|
  2. 北海道の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

teturo221

Author:teturo221
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

北海道の写真 (57)
地元佐世保の写真 (93)
佐世保近辺の写真 (5)
未分類 (12)
旅の写真 (164)

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

マウスで見る方向変えられます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR